hikki

hikkiさんの2月の読書メーター
記録初日
2009年11月26日
経過日数
2678日
読んだ本
148冊(1日平均0.06冊)
読んだページ
56406ページ(1日平均21ページ)
感想/レビュー
94件(投稿率63.5%)
本棚
0棚
性別
年齢
28歳
職業
大学生・院生
現住所
東京都
URL / ブログ
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(94件)

恋文の技術向上を図る京都の大学院生が遠く離れた実験所から手紙を書きまくる。書簡体の小説は初めて読みましたが、なかなかクセになりそうです。「この本を読めばひょっとしたら恋文の技術、延いては乙女と仲良くなれる技術が得られるのではないか。」そんなことを期待して本書を手にする人がいるのであえれば、「教訓を求めるな」の一言に尽きるかと思います。面白かったです。
★9 - コメント(0) - 2011年5月27日

片道15分という阪急電車今津線を舞台にした物語。多分に惚気話が出てきて甘苦い気持ちにもさせられますが、結婚式に討ち入りする話などもあり面白かったです。『生』は『ナマ』と読みました。生ビールが飲みたくなりますねぇ。
★27 - コメント(0) - 2011年5月11日

「スロウハイツ」というアパートのオーナーであり脚本家の赤羽環とその友人達が一つ屋根の下で夢を語り、それぞれの創作活動に没頭する。 脚本家に作家、映画監督に漫画家、そして画家を志すものがいる現代版・トキワ荘を舞台にした物語。 何か大きな事件が起こるわけでもなく、住人一人一人の過去と現在のエピソードがいくつも散りばめられていてかなりボリュームがあるのですが、物語の最後は鳥肌が立ちました。見事な伏線回収…! とても温かい物語です。
★13 - コメント(0) - 2011年1月21日

自分が生まれていない世界に迷い込んだ少年のお話。自分とは正反対の性格を持つ姉が、自分の代わりとしてその世界では存在していて、その違いで生じる「間違い探し」というのはなかなか強烈でした…。姉の世界が光であるなら、少年の世界は完全に影。救いがねーな。新年一発目には向いていなかったなぁと思います。
★22 - コメント(0) - 2011年1月5日

10億円強奪を試みるクライム小説。非常に軽い感じでサクサク話は進みますが、「マーチ」というにはスピード感がありすぎる…!とはいえ、キャラも魅力的で楽しく読むことができました。
★6 - コメント(0) - 2010年12月29日

スキー場に届いた爆破予告と身代金の要求。久しぶりに東野圭吾さんの作品を読みましたが、今作はとてもあっさりとしていました。
★14 - コメント(0) - 2010年12月19日

「目を覚ますと、隣で姉の体がベッドからだいたい15センチくらい浮いている」 冒頭から相変わらずぶっ飛んだストーリー。今作では、本当に人が飛んでいるし。家族についてが主題なのかと思いきや、これは可能性のお話しでしょうか。ところどころ可愛らしい言い回しもあって楽しく読めました。
★7 - コメント(0) - 2010年12月4日

久しぶりに村上春樹の作品を読みました。「沈黙」と「トニー滝谷」が面白かったです。
★6 - コメント(0) - 2010年11月28日

hikkiさんの感想・レビュー

読みたい本(2冊)

きよしこ (新潮文庫)
5461登録

お気に入り(2人)


ログイン新規登録(無料)