a-park

a-parkさんの1月の読書メーター
記録初日
2008年06月27日
経過日数
3164日
読んだ本
403冊(1日平均0.13冊)
読んだページ
128657ページ(1日平均40ページ)
感想/レビュー
256件(投稿率63.5%)
本棚
0棚
性別
年齢
33歳
血液型
O型
職業
技術系
現住所
北海道
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
SFとライトノベルと戦史書が大好物です。

新作旧作関係なく読んでます。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(256件)

とても良い映画の副読本だった
★17 - コメント(0) - 2016年11月2日

石川博品は本当に文章が上手いな…… 「アイドル」を巡る者たちの熱量をたたきつけてくるような物語だった。すばらしい
★4 - コメント(0) - 2016年9月21日

1冊まるまる序章といったところでどうなるのこれ、と思ったら最初から続刊確定の作りなのね。とりあえず2巻も読みます
★6 - コメント(0) - 2016年9月4日

一冊で綺麗にまとまっていた前作と比べると、今後のシリーズ化のための舞台づくりに終始してしまっていて外連身が足りない感があった。最終的には「スワロウテイル」シリーズと繋がって完結なのかなー
★2 - コメント(0) - 2016年5月30日

少しでも気を抜けば命の危機に瀕する地球外の環境の厳しさ、そしてそれを持ち前のタフネスと宇宙飛行士/学者としての知識で切り抜けていく主人公のたくましさが存分に描かれていてよかった。地球からの助けを期待できない中で手元にある物資だけで生き抜くさまはサバイバルものとして普遍的な面白さがあるし、地球に暮らす我々にはにわかに想像できない地球外環境境ならではのトラブルの連続はそれだけでSFだった。
★26 - コメント(0) - 2016年2月23日

素晴らしいピカレスク娯楽小説だった……!! 「拳銃を持った悪漢」というごく一般的な要素も幕末の江戸に投入することで化学反応が起きる。それを支えるしっかりとした骨太のストーリーも見事
★4 - コメント(0) - 2016年1月25日

テンポの良い展開とスムーズなキャラクターの立て方でまさに娯楽小説かくあるべしといったところの完成度の高さ。とても映像映えしそうなシーン構成でまるで映画を見ている気分だった。 また、ソマリアの自衛隊を舞台に選んだのは「孤立無援のプロフェッショナル集団」を我々に親しみやすい形で提供するためであって、本作を現実社会の問題(国際情勢、自衛隊)と接続して語るのはだいぶ焦点がずれているのではと思った。
★22 - コメント(1) - 2016年1月11日

非常に優れた啓蒙書であり自己啓発書だった。そして「選択」は我々の人生のありとあらゆるシーンに顔を出す行為であるが故に、本書から何か教訓めいたものを引き出そうとするとなんでも出来てしまうので逆に使いどころが難しい本でもある。とりあえず「選択の幅が多いように思えるのを我々は快く感じる」「だが選択肢が多すぎるのは不快を招く」という二律背反が大きなポイントか。
★7 - コメント(0) - 2015年12月19日

a-parkさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:大木毅 徳岡正肇 K.M.ワイランド 小川一水 神林長平 加納新太 手嶋泰伸 冲方丁 グレッグイーガン 石川博品
a-parkさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)