cdmabook

cdmabookさんの1月の読書メーター
記録初日
2013年05月23日
経過日数
1371日
読んだ本
478冊(1日平均0.35冊)
読んだページ
138462ページ(1日平均100ページ)
感想/レビュー
271件(投稿率56.7%)
本棚
0棚
性別
自己紹介
理系技術職。東野圭吾の作品完全制覇が当面の目標です(現在 84/89)。読友さんの感想を参考に他の作家さんのミステリー作品へと読書の幅を広げています。読書にコーヒー、リンゴが大好き。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(271件)

巷で話題のアクティブラーニング。知識偏重でなく、生きる力の醸成という意味では有効ですが、個人的には理系の科目にはなじまないような・・ ◆ 十分な知識と本質的な理解を基に問題を主体的に発見・定義し、 情報を統合し構造化しながら問題解決に向けて主体的に思考・判断し、 そのプロセスや結果を主体的に表現したり実行する。
★16 - コメント(0) - 2月19日

◆交渉のポイントは「利益、オプション、BATNA(ベストなオルタナティブ)」相手にとっての利益を示し、「こんなものもつけられます」とオプションを用意し、自分の心の中では「もし交渉決裂でも別の選択肢を用意しておく」 ◆深い思い、熱い思い、心の底からの思いが伝われば、いいスピーチとなる。思いをキーワードに込めて、一番大切なことを勇気をもって胸を開いて伝えることがスピーチの王道。 伝えたいと思う情熱、パッションが聞き手を上回っているからこそ人前に立つ資格がある。熱い心さえあれば人をひきつけるスピーチができる。
★18 - コメント(0) - 2月17日

話題作をようやく図書館本で読了。限られた時間のストーリー展開、主人公が悲しくも力強く成長していく様子が描かれています。「偶然や運命ではなく、いままでの選択があるから今がある」の言葉が印象に残りました。想像のラストとは異なりましたが、映画化されるということで再び話題となることでしょう。作者さんの素性を調べたらちょっと意外でした・・
★60 - コメント(3) - 2月16日

山手線探偵とその小学生助手らによる謎解きシリーズ。 一見ばらばらで無関係と思われた出来事がうまくつながってラストの解決へ・・東川氏の烏賊川氏シリーズのような軽妙なタッチの作品です。 シリーズ物のようで、次作につながるような伏線も・・
★21 - コメント(0) - 2月12日

久々の東野作品、スキー雑誌の連載物のようで、ゲレンデでの恋物語が面白おかしく描かれています。短編と思いきや、うまく登場人物が絡み合ってオチにつながるあたりや「白銀ジャック」の根津さん登場など、遊び心が随所に。ミステリーはありませんが、別の意味でハラハラするかも・・ほんわかとした「スキー一家」がお勧めです。
★46 - コメント(3) - 2月11日

滅多に読むことのない上質な大人の恋愛小説でしたが、繊細な文章と感情表現の多彩さに引き込まれました。ラストの余韻が素敵です。「人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでいる。だけど実際は、未来は常に過去を変えている。過去はそれくらい繊細で感じやすいもの」
★46 - コメント(0) - 2月9日

初の松岡氏作品。ディズニーランドの夢を売る仕事への誇りと様々なトラブルを通じての裏方の新人キャストの成長が描かれています。パレードの裏舞台や「着ぐるみ」という概念が存在しない、など実際とどこまで事実かわかりませんが、ラストの爽快感がよかったです。 ただ、熱烈なディズニーファンは夢を壊すような気になる描写があるかもしれませんね。
★27 - コメント(0) - 2月4日

今更ながら前回の直木賞受賞作品を。家族をテーマにした短編集、重い内容も題材を工夫して切なくも暖かく描いています。最後の「成人式」と表題作が印象に残りました。理髪店の描写が秀逸で実際にカットやマッサージをされているような感覚に陥りました。
★42 - コメント(0) - 2月4日

cdmabookさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:山内太地 齋藤孝 住野よる 七尾与史 東野圭吾 平野啓一郎 松岡圭祐 荻原浩 我孫子武丸 村山早紀
cdmabookさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)