リク

リクさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年01月01日
経過日数
1179日
読んだ本
1070冊(1日平均0.77冊)
読んだページ
303720ページ(1日平均221ページ)
感想/レビュー
956件(投稿率89.3%)
本棚
5棚
職業
大学生・院生
現住所
島根県
URL / ブログ
自己紹介
衝動買いが止まらない今日この頃
基本的にライトノベル、少しマンガを読んでます

キャラクター至上主義で
日常系ラブコメと主人公が熱い作品が好きです

お気に入りタイトルが本棚にあります
そのタイトルで個人的に一番気に入ってる巻を
飾ってるのでぜひ一読を

読書グラフ

最近の感想・レビュー(956件)

もし電車で「ロリSM…」って呟いてる人がいたら通報ものだよ。日本のおまわりさんは優秀だって信じてたのに…。ってネタを言おうと思ってたらまさかのラスト。 今回も全力でかっ飛ばしてきた。ロリたちとお風呂に下着選びにSM。確かにこれは唯一無二の武器ですわ…。 ハルはまごうことなきクズなのに、創作について語ってる時はそれなりにまともな人間に見える不思議。だからかあんまりハルのクズさが鼻につかない。まあロリたちからすれば、大好きな人が自分のためだけに絵を描いてくれるんだからたまらないだろうし。
★3 - コメント(0) - 3月23日

今回もすごい読みやすい。イラストレーターの実情というよりは、日常系ラブコメの色が強かった。 メインはイラスト担当作品の作者の気分転換のため長崎旅行。奔放なマリィに引っ張られてちょっと積極的になる乃々香の可愛さよ。旅行の後の学校での乃々香のとこも好き。あとユウトの「誰でも1000時間~」のとこがプロってこういう人がなれるんだろうなぁと思った。 ナスさんとハラミの方の話でも、ハラミがいきなり核心を突いてきた。ナスさんがどういうリアクションをとるのか楽しみ。
★3 - コメント(0) - 3月23日

狂三メインのスピンオフ。隣界で行われるは準精霊たちの殺し合い。一巻の一幕があったり、狂三がすでに恋してるところだったり、そもそもなぜ狂三が隣界にいるのかなど時間軸がよく掴めないけど、そもそも狂三が時間軸を破壊するしな…。その辺は追々語られることになるのかな。 バトルはヒーローたる士道がいないから、かなり容赦ない展開。空っぽの少女の正体にはやられた!って感じ。
★6 - コメント(0) - 3月20日

web発以外の作品で異世界ものって1,2割くらいなもんだから、編集経由で異世界行くってあんま需要が…。ホントに必要としてるのは、JKちゃんみたいなデビュー前のコネのない作家志望じゃね?と思ったり。 取材のためならどんなことだってやる。それがラノベ作家。今まで作家業を甘く見てたぜ。ラノベ作家って何者なんだ…。そしてKADOKAWAではあれが日常なの? 自分、これからはもっとラノベ作家に敬意を持って作品読むっす。
★3 - コメント(0) - 3月19日

テンポのいいギャグと、すぐにふえってる駄女神のコンボで勢いよく突き進んでいくタイプの作品。レベル上昇幅が狂ってるのでバトルはお遊びみたいなもん。 しかしこの駄女神、一人で放っておいたら小一時間で全てを失いそうだな。ケーマはまごうことなきクズだけど、なかなかのギャグセンスの持ち主だった。ニワトリ一匹で99レベル上がるってなんなんだ。
- コメント(0) - 3月19日

作家は変人、編集も変人。仕事中毒の編集者吹雪と変人作家たちが織り成すラブコメ。編集と作家のクラスメイト、幼なじみ、いとこと役振りは王道なんだけど、全員キャラ立ちすぎぃ! 特に主人公。脱衣場に自ら突っ込んでいくってすごいな。しかも仕事のことだと悪びれない。しかしこの鉄面皮、ヒロインみんなデレデレなのに、好意に気づかないとかそんな易しいレベルじゃねえな。 そして熱血系主人公を一月でターミネーターに変えたって獅子原さんマジ何者だよ…。
★4 - コメント(0) - 3月19日

アンコールでは数多くの出番があったけど、本編では13巻ぶりの狂三メイン。『最悪の精霊』のしっかり女の子してるところが見れてよかった。でもこの二人、微笑ましいはずのデレさせ合いがとてつもない緊迫感だ。こう思うと士道も女の子の扱いに慣れてきたな。十数人落としてきた経験値は伊達じゃない。 しかし平穏な日常の裏には人知れぬ戦いが。 そしてついに明かされる狂三の過去、精霊たちの秘密、〈ファントム〉の正体。復讐を果たすため、不器用な想いのため、終わりない戦いに挑む狂三を救う本物のナイトになるために。士道よ立ち上がれ!
★11 - コメント(0) - 3月18日

いやー、ホント「実に一般的な楽しい修学旅行」だった。分かりすぎてツラい…。ボッチにとっての地獄、修学旅行。班行動とか消え失せればいいのに。 千秋の告白から拗れるかと思いきや案外拗れなかった、と思ってたら亜玖璃の方で拗れた。上原・天道は面倒な性格だな。この二人は、独りよがりで動くところが拗らす原因だな。まあ雨野のイケメン行動や、千秋や亜玖璃との相性の良さを見たら分からんではないけど。 旅行には関わらないけど心葉もいい味出してたし、弟はもう手遅れだ。 デッドエンドからこの仲良しグループがどう変わるのか楽しみ。
★15 - コメント(0) - 3月18日

リクさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:暁雪 むらさきゆきや 東出祐一郎 田口仙年堂 kt60 あさのハジメ 橘公司 葵せきな 丸戸史明 羊太郎
リクさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)