真白優樹

真白優樹さんの2月の読書メーター
記録初日
2014年03月14日
経過日数
1107日
読んだ本
1850冊(1日平均1.67冊)
読んだページ
555333ページ(1日平均501ページ)
感想/レビュー
1850件(投稿率100%)
本棚
3棚
性別
年齢
24歳
血液型
O型
職業
専門職
現住所
愛知県
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
某魅力度ワーストな地に在住、現在介護士2年目見習い、少ないお小遣いをほぼラノベに注ぎ込み、読んだ本には必ず感想をつける。ここ、読書メーターでそろそろ中堅になれればいいなと思うこの頃、そんなまだまだ未熟な青二才。嫌いなジャンルはBLとNTR、好きなジャンルは特になく、自分の心と勘のままに読んでいく。

・割と癖の強い文章

・特に用事と読む本が無ければ割と毎日更新

そんな感じでも大丈夫であれば読んでくださいませ。

追記
ちなみに自分の感想の文面を使われても特に気にしない、そんな人間。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(1850件)

刀夜と氷華、姉弟対決が迫る中、学園長の思惑が炸裂する今巻。―――過去を越え、全てを越え打ち倒せ、全ての元凶を。最終巻となる今巻は全ての事実が明かされると共に、立ち上がった全ての元凶に対し刀夜や今まで戦った変態達が力を合わせて挑みかかる熱い展開となっている。どこまでも邪悪な元凶、挑むは変態、だが最高の好敵手達。そして、どこまでも奇策を貫き邪悪達を薙ぎ倒し、大切な人全てをその手で囲う事を選ぶ刀夜。声を上げ笑えるドタバタの先、二度の変革の先の平和な日々を、彼らはどこまでも生きていくのだろう。 変態よ、永遠に。
★1 - コメント(1) - 3月23日

旅を満喫したり、夏コミに行ったり自堕落な毎日を送る今巻。―――今日も今日とてヒモ日和、いつもいつまでも変わらない? 前代未聞以前に普通に今までないだろうし、巻を増す事にアウトな水域に突き進むこの物語、どこまで行くのか。そんな訳で今巻もアウトな方向に加速しながら少女の才能の面倒を見ようとするも、最後にいよいよ絶体絶命に。そりゃ傍目から見ればそう見えるだろうというある意味因果応報なこの状況、ハルは乗り越える事は出来るのか。ヒモな平和な日常をこれからも続けることはできるのだろうか。 次巻も楽しみである。
★3 - コメント(0) - 3月23日

救った異世界で悠々自適の生活を送る少年が、後続の勇者達を地球に送り返す為頑張る物語。―――この世界を、皆を守りたい。だからこそ、独り占めする為に。確かに魔王は倒していない、だけどこの世界は平和だから。自分の既得権益云々いいながらもこのシュウイチという少年、何だかんだで全て救ういい奴なのである。そんな彼がギャグとドタバタに塗れながら、どっかで見たような勇者達をあの手この手で追い返す。これが面白くなくて何が面白いのか、それ程に最高である。この賑やかな日常の中、今度はどんな勇者が来るのか。 次巻も楽しみである。
★4 - コメント(2) - 3月23日

滅びの未来を回避し街の祭りの準備をする中、迷子の少女に出会う今巻。―――家族の形、求める家族。そしてまた、救う為に手を伸ばす。家族についての葛藤、想いが描かれる今巻は、カノンが家族の過去を乗り越え、ユウトが救世主として再び手を伸ばす巻となっている。自分が犠牲になればいいと突っ込んでいくユウト、そんな彼に影響されて変わっていく少女達。また一つ事件を解決し、少しだけ距離の近づいたユウトとカノン。この先、この滅びに向かう世界でどんな事件が起き、ユウトは誰の救世主として立ち上がるのか。 次巻も楽しみである。
★6 - コメント(0) - 3月23日

ゲート攻略戦が始まる中、少女達の想いが交錯し、ミソラとユーリが刃を交える今巻。共に飛びたい空がある、守りたい人がいる。だからこそ、譲れない。忘却が先にあろうとも、共に戦う事を選んだユーリ。真実を知らぬも足掻き、成長を見せるミソラ。そして幾多の命がそれぞれの覚悟の元に戦い散る空で、幾多の犠牲の先に遂に激突するカナタとゼス。それぞれの想いと葛藤、願いと愛が交錯し最終決戦の幕が上がる今巻は、カナタの覚悟と少女達のそれぞれの想いが見える巻である。最終決戦の先、人類の勝利とカナタの未来とは。 次巻も楽しみである。
★8 - コメント(0) - 3月23日

リィエルの退学の危機を回避する為、女子校に乗り込み大暴れする今巻。―――新しい場所、そして飛躍の一歩。女子校だろうとグレンはグレン、いつものように大暴れ、最後は陰謀に巻き込まれ更に暴れる。そんな中でまだまだ精神的に未熟だったリィエルの成長が輝く今巻は、いつもの舞台を離れた事もありどこか新鮮な風が吹く、箸休め、一休み的な巻でありながら闇が垣間見える巻となっている。子供達の成長の裏、確かに蠢く闇は姿をさらす日を待ち。この先に闇との戦いが待つのなら、それは如何なる激しい戦いになるのか。 次巻も楽しみである。
★22 - コメント(0) - 3月21日

学内でも有数の美少女から教師を相手にした恋愛相談を持ち掛けられる今巻。―――暴れ回る兄、そんな兄の影、少しずつ成長する弟。相変わらずのヘタレで誠一に振り回されてるだけに見えて、だけどそれでも頑張り、最後にカッコいい所を見せて見せた良二。兄弟の価値観の対立が更に明確になり良二の成長の一歩が垣間見えた今巻は、強者で裏の世界的な考え方の兄、弱者で表の世界的な考え方の弟の価値観の違いが更に明確になっている。この先、兄に掻き回されず良二は自らの力だけで何かを解決できるのか。次の事件とは。 次巻も楽しみである。
★6 - コメント(0) - 3月21日

二軍の練習場に送られる中、戦争と競技の狭間で迷い見つめ、歩き出す今巻。―――戦争ではなく競技として。もう一度、歩き出す。転換期を迎える競技、そして変わりだす世界。そんな中で新たな仲間達と出会い、競技に向き合い雄星が答えを抱えて歩き出す今巻は、壮大な序章の後編という事もあり雄星がプロとして、黒を纏い歩き出すまでが静かに、だがとても凄まじい熱量を込めて描かれており、夢を問い、再び夢を抱えて歩き出す少年の姿がとても眩しいものとなっている。変わり始める世界の中、雄星は時代の魁になれるのか。 次巻も楽しみである。
★8 - コメント(0) - 3月20日

真白優樹さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、学園ファンタジー「英国幻視の少年たち ファンタズニック」の献本に応募しました!締切は3月27日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月23日 22時12分

【献本プレゼント】読書メーターで、占い×人情ミステリ「窓がない部屋のミス・マーシュ 占いユニットで謎解きを」の献本に応募しました!締切は3月30日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月23日 22時12分

真白優樹さんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:壱日千次 暁雪 伊藤ヒロ 河端ジュン一 諸星悠 羊太郎 赤月カケヤ 長谷敏司 岡本タクヤ 土橋真二郎
真白優樹さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)