ちえこ

ちえこさんの1月の読書メーター
記録初日
2014年03月14日
経過日数
1076日
読んだ本
233冊(1日平均0.22冊)
読んだページ
76881ページ(1日平均71ページ)
感想/レビュー
233件(投稿率100%)
本棚
3棚
性別
血液型
O型
職業
専門職
現住所
広島県
自己紹介
今まで手書きで読んだ本をつけていたのですが、昨日たまたまこれを見つけて感激しました(^ー^)

読書グラフ

最近の感想・レビュー(233件)

精霊シリーズで、最初の守り人が一番好きだけどその次にこの巻がいいと思いました。 私の想像ではタンダは死ぬか生きるかどちらかだろうと想像していたのに、まさか腕がえし...しかも現在進行形で切るか切らないかをバルサが決めることになり、そんな辛いことを即決して直ぐに実行するなんて...久々に頭がいたくなるくらい泣いてしまいました。たぶん長編でバルサと共に過酷な経験をしたような気になっていたので(その上又...)と悲しかったのかもしれません。それとは対照的な平和な終わり方もとても気に入っています(^ー^)
★21 - コメント(0) - 2月20日

本文では益々大人になっていくチャグムの成長ぶりを楽しく読んだ。あとがきで3人の会話を読んでいて、私は家が仏教を信仰していて幼稚園も仏教系だったからか読む本も江戸川乱歩等どっぷり日本系で、『ナルニア...』とかキリスト系海外ものを読まなかったから今でもあまりにファンタジー過ぎるものが嫌いなのかなと思った(苦笑)
★33 - コメント(0) - 2月18日

いい意味でお節介と言うか...バルサはどうしても何かに関わってしまう。でもそれって現実の人間社会でも大事なことで、助けようと思ってなくこっちが助けてたら困っていたところを助けられた...みたいな(苦笑) 後、タンダはどうなってしまうのだろう(泣)
★37 - コメント(0) - 2月14日

小説を書く人は少なくとも一作品くらいは『神』をテーマに書いていて、作家個人それぞれの神に対する思想が強く出ていその思想が突っかかってストーリーが頭に入ってこない場合もあり、上巻では((-_-;))と思ったが下巻も通してみるといい落としどころに話が進んで良かったと思った。アスラがいつか目を覚ましてくれるといいな(^ー^)
★33 - コメント(0) - 2月11日

『精霊の守り人』のシリーズの中ではあまり好き...といった話ではないが、山好きの私は本を読んで散る間に山に行き道を見分ける時に葉っぱが多く裏返っているとかで見分けたりするので本でバルサたちを追いかける人達の行動などを見てるなどしておもしろかった。
★34 - コメント(0) - 2月9日

何巻かがわかりにくく『神の守り人』より先に読んでしまった。 チャグムの母方の祖父トーサとの関係や最後に孫を守って死んでいくところ。 海士やルィン、ジンその他海で出会った色んな人を引き付けるところ、国の事をとことん考えて色んな答えを出すところ...等これからもますます楽しみです(^ー^)
★25 - コメント(0) - 2月5日

バルサ目線でチャグムの成長をほほえましくみれた。大人の社会に適応しようとしているが、まだまだ子供...と言うかまっすぐな心も持っていてかわいいな!と思ったし。同世代の心の友のようなものができて良かったとも思った。
★26 - コメント(0) - 2月1日

タンダの体を使って花守りが暴れまくるところでなぜか痛みを感じなかったらそう来るんだ...等変なところで感心してしまった(苦笑)チャグムが一度平民の暮らしを知ってしまっただけに皇太子としての楽しみの無い生活から夢の世界に逃げ込む...今の世界にそういうシステムがあったらたくさんの人がそこに逃げ込みそうだな...とも思いました。
★27 - コメント(0) - 1月27日

ちえこさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

今日久々に又『ツナグ』のDVDを観た。何回観ても何回読んでも嵐が死んだみそのに会いに行った直後の伝言シーンは凄い...と思う。
★10 - コメント(1) - 2月18日 23時09分

正月にぎっくり腰になって初めてこの土日二日続けて山歩きをしました。たくさん歩いた自分へのごほうびに(^ー^)
★18 - コメント(0) - 1月29日 16時02分

読んでる本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:上橋菜穂子 恩田陸 内館牧子 石原慎太郎 柚月裕子 高田崇史 湊かなえ 冲方丁,花村萬月,宮本昌孝,富樫倫太郎,矢野隆,木下昌輝,砂原浩太朗 西加奈子 東野圭吾
ちえこさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)