みさんの1月の読書メーター
記録初日
2010年01月06日
経過日数
2609日
読んだ本
2027冊(1日平均0.78冊)
読んだページ
417628ページ(1日平均160ページ)
感想/レビュー
541件(投稿率26.7%)
本棚
11棚
血液型
O型
外部サイト
自己紹介
暇ができると図書館へ向かいます。


【好きな作家さん】
・京極夏彦
・伊坂幸太郎
・有川浩
・小野不由美
・はやみねかおる
・辻村深月
・有栖川有栖
・米澤穂信
・森見登美彦
・坂木司
・万城目学(敬称略)

漫画も結構読みます。

LINEのスタンプを作っています。
http://line.me/S/shop/sticker/author/15645
本が好きな方には。
http://line.me/S/sticker/1086814

読書グラフ

最近の感想・レビュー(541件)

ロマンあふれる深海生物が、魚から細菌まで網羅されていました。オールカラーなのも嬉しい。事典の文章で淡々と、時折専門用語もまじえながら説明されていて分かりやすい。たまに著者の感想が入るのも楽しい。深海独特の進化を遂げた生物たちは本当魅力的です。「未だ詳しいことは分かっていない」みたいな文言を見るとワクワクしてしまう。
★14 - コメント(0) - 2月21日

黒狼病の真相は複雑なものでした。病原も複雑だったけど、黒幕かと思われた人物すら駒の一つで、部族間の確執だけじゃなく、これからを見据えた思惑まで絡み合ってた。二週目読んで、前半のあれはこういうことだったのかとわかってくるのも楽しい。全体的にマコウカンの不憫さが際立っていました笑。最後はどうなったのかわからぬままでしたが、ユナたちが追ったのできっと大丈夫なのでしょう。その後のサエとヴァンとか、黒狼病から回復した緒利武くんのその後も気になるので外伝が出たらいいのに・・・読みたいです。
★33 - コメント(0) - 2月20日

面白い!医療系ファンタジーに分類したい。世界観は異世界風の様相だけど、ホッサルの医学の考え方とかがとても現実的。科学医療が発達する前の世界ってこんなんだったんだろうなぁと思わされる。それと逆に、神秘的な出来事が多く起こるヴァンの周り。二人はいつ出会うのか。黒狼病の謎はミステリとしても楽しい。ユナかわいい。 さて下巻へ。
★32 - コメント(0) - 2月16日

大規模侵攻は終了したけれど、レプリカ先生・・・ネイバーのことを熟知しているレプリカ先生を失うのは戦略的にも相当な痛手だと思うのですが・・・!記者会見のシーンはジャンプではなかなか見ない展開で面白かった。
★7 - コメント(0) - 2月14日

赤字運営の鉄道会社を立て直すお仕事小説。だけでなく、再建しようと奮闘するもりはら鉄道に、妨害するような事件が立て続けに起こるミステリーでもありました。県の狙いは?やり手経営者だった町長への恨み?得をするのは誰?地方の県庁での出世争い?いろんな要素が組み込まれていて面白かったです。一番ためになったのは、いかに沿線の人々の心を動かし協力関係に持っていけるか、そしてどうやって集客していくかっていうところでした。映画にしても面白そう。
★29 - コメント(0) - 2月8日

読み心地は「透明カメレオン」や「笑うハーレキン」とよく似た感じの一冊でした。いわゆる社会的弱者のカテゴリに入れられてしまう人々がたくさん出てきますが、いやしかし彼らは強い。精神的にも立場的にも強いのでスカッとします。文句は言うけど卑屈ではないのが素敵。道尾さんの描き方にも慣れてきたからか、大体のトリックや隠された諸々は読めたけども、主人公が特殊能力持ちだと信じて疑わなかったので、あれが普通に盗聴器だったのには、なんだよ!騙された!と思った。
★19 - コメント(0) - 2月6日

一日一日が濃い数日間の話。主人公の三上さんは警務部と刑事部の間で立ち位置に悩み、内部のゴタゴタに振り回されていますが小市民的には刑事部長が誰になろうがどうでもいいのでもっと住民を気にかけて・・・!と思ってたら、最終面でそのような展開になったのでカタルシス。そもそもロクヨンの事件を追っていくミステリーかと思いきや、それはクライマックスのみで、警察の内紛や隠蔽が中心。隠蔽工作が秘密の暴露に使えるってのは、なるほどと思った。二渡の人となりが掴めなかったのと、あゆみの消息をぼかして終わったので気になっています。
★39 - コメント(0) - 1月27日

このシリーズ本当に好きなので文庫化しないかなぁ・・・。今回も先生の行動力には驚きと笑いが。腹痛で苦しみながらも、コウモリ探して洞窟で水の中にっ、て!小林少年の話も書かれていて面白かったです。生涯に渡って自分の中に残り続けるものって、やっぱり幼少期の過ごし方に大きく影響されるんじゃないかと思う。イソギンチャクとグレの話が興味深かった。魚屋のいけすオチも好き。ヤギの話も感動。創作物には多くあるけど、実際のヤギにも絆とかそういうのってあるのかもしれないと思わされる。
★24 - コメント(0) - 1月23日

みさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで感動のサスペンス巨編「天上の葦 上下巻セット」の献本に応募しました!締切は3月2日!応募はこちら→ リンク
★7 - コメント(0) - 2月23日 15時55分

【献本プレゼント】読書メーターで感動のラブストーリー「君は月夜に光り輝く」の献本に応募しました!締切は2月27日!応募はこちら→ リンク
★8 - コメント(0) - 2月20日 14時38分

みさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:佐藤孝子 葦原大介 上橋菜穂子 真保裕一 道尾秀介 横山秀夫 小林朋道 倉狩聡 宮本福助 東村アキコ
みさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)