オリーブ子

オリーブ子さんの2月の読書メーター
記録初日
2014年05月27日
経過日数
1035日
読んだ本
139冊(1日平均0.13冊)
読んだページ
38637ページ(1日平均37ページ)
感想/レビュー
139件(投稿率100%)
本棚
3棚
性別
年齢
46歳
現住所
沖縄県
外部サイト
自己紹介
夫婦ともに読書好き。
私は観光ガイドブック編集の仕事をしていた時期もあって…現在は、2016/9/1付で今の会社に。某メーカーでテクニカル系のコールセンターです。
でも、本当は落語「芝浜」のおかみさんみたいな、できた女房=専業主婦になって読書に耽りたい。

東京・多摩地区出身、沖縄に住み着いて20年。
最近は落語を聴くことと、神社巡りが趣味。

好きな作家は
江國香織…現在、再読キャンペーン中
宮部みゆき、伊坂幸太郎、海堂尊、萩原浩、花村萬月、赤江瀑

2016/10/31改

読書グラフ

最近の感想・レビュー(139件)

再読。多分、何度か読んでいる。ラストはすっかり忘れてしまっていて、途中で「これだったかな」って思ったのと違うラストで、でもすごくよかった。爪をきれいにしようと思ったのはこの本影響。きれいに整えられた爪を見て、果歩が自分は大人だと再確認するところが好き。実は水泳も、やりたいなって思っていた。高校の時の親友を思い出す。高校の頃と20代の私たちと。個人的な記憶に刺さる小説。作中に引用されていたり、あとがきに載っていた詩も好き。
★94 - コメント(0) - 3月5日

山崎豊子さんの遺作。作者89歳の作品。この第1部を書き上げた後、体調を崩されて入院、亡くなられたとか。残された資料、秘書や新潮社の山崎豊子プロジェクト編集室の方が示してくれたもの。第1部だけでこんなに面白いのに、最後まで読みたかった。もちろん作者のほうがずーっと、完結させたかったろうけど。あの緻密な長編はこんなに丁寧に作り上げられていたんだなぁと、「華麗なる一族」「沈まぬ太陽」を熱狂的に読み耽った私には感慨深い。近しい誰かの筆ではなく、この形にしてくれて感謝。今は「凄いなぁ」しか感想が出てこない。
★99 - コメント(0) - 2月25日

夫の推薦図書。家族をテーマに、短編が7つ。まぁまぁの、なんで作品にしたの?な話もあるけど、いい話もあるというのが推薦文で。短編なので旅先で読みやすいと貸してくれた物。 私は最初の「結婚しようよ」でやられた。なにせ59歳で亡くなった母の名前が、定年を前にした主人公の、16年前に亡くなった奥さんの名前と一緒なんだもの。父はずっとどう思ってきたのか、すっかり感情移入しちゃった。 どの作品も面白かった。特にラストの「家族写真」かな。家族って、秘密があったり、すべて語り合えなくても、いいもんだと思います。
★110 - コメント(0) - 1月24日

「上」より良かったと感じたのは、これだけ長文を読むことで、作風に慣れてキャラクターに感情移入できたからか。んー。やっぱり題材は面白いし、きっと良く取材できているんだろうけど、それだけっていうか。 出光佐三には興味と魅力を感じました。特に官僚・業界との戦いは面白かった。もっと緊迫感のある経済小説とかで読みたいなぁ。
★122 - コメント(0) - 1月21日

出光の創業者をモデルにした大河ドラマ。ん〜、面白いんだけど…、山崎豊子さんで読みたい。もしくは、連続ドラマでいいかな。小説としての技とか、筆力的なものが何もない。ストーリーは面白いのに、そそられない小説。まぁ、下も読むけどね。作者が「映画宣伝に私の名前がない」って断筆詐欺的な事を言っていたけど…なんだかなぁ。所詮、テレビ屋はテレビ屋だなと、軽く見えてしまう。池波正太郎先生の爪の垢でも飲みやがれってんだ。
★117 - コメント(0) - 2016年12月23日

夫からバトンのように渡された。ふたりでキャラメルボックスの舞台の方を先にDVDで観て、原作が読みたくなった作品。感想はイマイチ。 舞台は、ちゃんとキャラメルボックステイストに仕上がっていて。雨役の福田麻由子ちゃんもすごく良くて。いい作品だったんだけどな。 柳美里さんは初読。1作だけじゃわからないけど、好きな部分も感じたけど、やっぱり合わないかな。 キャラメルボックスの舞台にはない絶望感、孤独感。そういうもの、嫌いではないけどなんだか肌に合わないと感じた。
★73 - コメント(0) - 2016年12月19日

短編集『死神の精度』の続編で、今度は1本の長編。読み終わるのが惜しくて、ゆっくりゆっくり読んだ。大鎌を持たない死神・ボロい着物にあばらの浮いた身体じゃない死神の話。 帯の「死神vsサイコパス」は言い過ぎ。結果的にそういう部分もあったかもしれないけど、正確じゃない。サイコパスと山野辺の戦いだし、死神・千葉は誠実に仕事しただけだから。 死神の、八百万の日本の神様然としたあり様がやっぱりいい。人の倫理の外にいるからいいのだと。エピローグも良かったな。 今回の解説はイマイチ、読後感を壊す悪文だと思うけど。
★126 - コメント(0) - 2016年11月13日

勧められて読んだ本。 面白かった。面白すぎ。林輝太郎先生を読んだ時にも思ったけど、もっと早く読みたかったな。 実はこの本のおかげで、仕事選択の方向性が変わった。投資手法もあるけど、見方や考え方を変えてくれる本だなぁ。そして、人が何かを極める過程や姿は、清々しい。
★81 - コメント(0) - 2016年10月31日

オリーブ子さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:江國香織 山崎豊子 荻原浩 百田尚樹 柳美里 伊坂幸太郎 板垣浩 姫野カオルコ 伊坂幸太郎 戸部民夫
オリーブ子さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)