そらち

そらちさんの1月の読書メーター
記録初日
2014年05月29日
経過日数
1006日
読んだ本
603冊(1日平均0.6冊)
読んだページ
150489ページ(1日平均149ページ)
感想/レビュー
603件(投稿率100%)
本棚
0棚
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(603件)

一巻ですでに予想外の展開が起こり、その後も胸熱展開が続いて、一気読みでした。おもしろかった……! ボリュームがあるので、読み終わったあとは達成感と爽快感がありました。FGOをプレイしているので、「この人、ここに出てた人なんだー」というのもあって、楽しかった。個人的には赤のセイバーとそのマスターが好き。ふたりのやりとりがよかった。
- コメント(0) - 2月27日

ミステリーランド。『七月に流れる花』と対になった作品。深く考えずに七月→八月の順で読んだけれど、この順番で読んで良かった。七月と八月、それぞれ独立したお話として楽しめるけれど、これはふたつでひとつの作品だなあ。八月は少年が主人公だからか、七月よりも冒険要素が強かったように思います。七月よりも、更に一歩踏み込んだ内容な分、明かされた事実は衝撃的でした。おもしろかった。
★15 - コメント(0) - 2月23日

ミステリーランド。おもしろかった。「夏の人」と呼ばれる「みどりおとこ」、少女たちが集められた城、流れてくる花、鐘の音、そして消えた少女。謎が目一杯散りばめられ、続きが気になって一気読みでした。どこかノスタルジックな雰囲気はいかにも恩田さんらしい。ホラーじみたファンタジーらしさがラストで一転し、明かされた事実はせつなかった。
★17 - コメント(0) - 2月23日

仙石さんが自覚したと思ったら!思ったら!!!!!すごく鬱陶しいライバルができて、思わずふいてしまった。そういえば、そんな設定でしたね……!おもしろいぐらいにすれ違うふたりにも、にやにや。特別編もよかったです。次巻も楽しみ。
★7 - コメント(0) - 2月22日

二巻目。今回もおもしろかった! 謎解きだけにとどまらず、「機関」と戦うことについて、一歩踏み込んだ巻でした。タイトルの「十字架」に込められた意味を色々と考えてしまった。次巻からはいよいよ戦いが本格化するのかな。楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2月15日

こう来たか! の三巻目でした。彼女の登場でようやく一巻目との関係性が見えてきたと思ったら……! せつなくも、とてもきれいなラストでした。おもしろかった。記憶にまつわるエピソードは、今回の「カース・ブレイカー」がとても好みだった。初読みの作家さんなので、他の作品も読んでみたい。
★8 - コメント(0) - 2月13日

一巻目できれいに終わっているので、ここからどう繋げていくのだろう……と思っていましたが、今回もおもしろかった。登場人物が入れ替わり、この時点では一巻との関係性はまだ見えてこないものの、記憶にまつわるエピソードは興味深く読めました。ホラーというより、ミステリ色の方が強めな印象。
★9 - コメント(0) - 2月13日

胸に突き刺さってくるようでした。佐都子のターンも、ひかりのターンも、他人ごとのようでいて、意外と自分の身近にあるような、いつ自分が彼女たちと同じ立場になってもおかしくないような、そんなリアリティを感じました。血の繋がりとは、家族とは、をずっと考えながら読んでいた。ラストのシーンはとても美しく、思わず泣きそうになりました。この先、ひかりがどうなるのかはわからないけれど、どうか「広島のお母ちゃん」として真っ直ぐ歩いていけますようにと、祈らずにはいられません。
★29 - コメント(0) - 2月10日

そらちさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:恩田陸,酒井駒子 池ジュン子 似鳥鶏 織守きょうや 辻村深月 伊坂幸太郎 宮部みゆき 瀬川ことび 宮坂香帆 TAa
そらちさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)