ヤギ郎

ヤギ郎さんの1月の読書メーター
記録初日
2014年06月08日
経過日数
990日
読んだ本
496冊(1日平均0.5冊)
読んだページ
152627ページ(1日平均154ページ)
感想/レビュー
491件(投稿率99%)
本棚
1棚
職業
大学生・院生
現住所
東京都
自己紹介
社会科学系所属文学大学生。

授業でたくさんの本やプリント、資料を読まされているので、自分の読書ができないことが最近の悩み事です。

つぶやきでは、身の回りで起こったつまらない出来事に対してコメントしたり、これまたどうでもいいことをつぶやいたりしています。
感想では、物語中のある部分についてのコメントであったり、あるキャラクターのかわいさについて述べたりしています。つまり、感想がいわゆる「感想文」でなかったりしますが、それは僕のきまぐれによるものだと思ってください。


年間読書記録
2014年6月8日~2014年12月31日 80冊
(2014年6月8日~2015年6月7日 161冊)
2015年1月1日~2015年12月31日 194冊
2016年1月1日~2016年12月31日 181冊

※プロフィール画像は、ペンギンのぬいぐるみを撮影したものです。
※つぶやき等に対するコメントに関して、「読みました」という意味でナイスを押させて頂きます。必ずしも返信はいたしませんので、この点ご了承ください。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(491件)

ちょっと待って、口絵と本文の内容合ってないよね。桜花ちゃんの話ほとんどなかったよね!前回で仲良くなった人たち(小学五年生)が潤たちの前に再度登場。主人公・貫井響の妹・くるみにはピアノを練習している設定になっている。その設定が今回で活かされた。終わり方から、次回は桜花ちゃん回になるか。楽しみだなー。
★10 - コメント(0) - 2月16日

はじめは言語に着目した暗号技術について。その後、コンピュータの普及からはじまるIT社会の中の暗号技術とその発展について述べている。最初は紙とペンで解けていた暗号も今では大型な機械が必要になってくる。そして、暗号技術者も言語学系から数学・物理学の人たちで固められる。巻末に本編で紹介された暗号が載せられている。解いてみてはいかがでしょう。
★13 - コメント(0) - 2月16日

書き出しが・・・うむ、なるほど、勉強になる。このシリーズを読み進めていて、最近思うのは、キャラ名が読みづらい。ヒロイン(高校生)の桜花ちゃん、「おうか」(あるライトノベルにて主人公の必殺技、など)と読んでしまう。そして新キャラの霧夢をなぜか「れいむ」(某弾幕シューティングゲームのキャラクター)と読み間違える。閑話休題。桜花さんの残念美人が泣けてきちゃう。最後に彼女の水着姿が見れて響も満足だろう。さあ、次巻読むぞ!
★11 - コメント(0) - 2月16日

うん「小学生は最高だぜ」。ことあるごとに主人公の妹・貫井くるみと主人公の同級生・鳥海桜花の口から「ロリコン」の言葉がでてくる。いろんな意味ですごい。特にくるみちゃん、作者そろそろ「妹」に目覚めたのではないだろうか。内容面では、2巻にしては早すぎる内容に思える。いい話なんだけど、シリーズがもう少し進んでから出していいと思う。でも、まあ、おもしろいから次巻も読もう。本文の間に挟まれている女の子のプロフィールページ、絵が変わるんだねー。
★10 - コメント(0) - 2月14日

暗号を無線でモース信号といった通信技術とともに紹介している。上巻は古代からエニグマの解読(第二次世界大戦終結後)まで。歴史小説のようにただただ事実をつづっているのではなく、実際に読者に暗号を解かせているところがおもしろく、また楽しい。
★9 - コメント(0) - 2月14日

甲田学人による怪奇小説。今回は木戸野亜紀の話。1巻のように、不思議を解き明かしていくドキドキ感はないものの、亜紀が抱えていたものをみることで、この物語がいっそう深くなる。また、あやめの役割もこの巻を通じて確立してくる。「機関」のでかたも注目だ。
★10 - コメント(0) - 2月13日

美少女が読みたいなーと思ってブックオフで買った一冊。同著者の『ロウきゅーぶ!』を何冊か読んでいたので、著者の小学生愛には驚かなかった・・・いや、ちょっと「いろいろ」すごいでしょ。『ロウきゅーぶ!』のようにしっかりとキャラクターの組み立てはされていなくて、残念だったけど、主人公の男子高校生、妹となにやっているの!秘密を共有しているクラスの女の子と今後どういった関係になるかも気になる。気分的の時に読む本ってことで続きを買おうと。
★9 - コメント(0) - 2月11日

シリーズ最終巻。シビュラシステムの誕生物語。この物語に登場する全てのキャラクターは正義というものを見つめ、己の信じるものに向かって進んでいくところがかっこいい。アクションシーンはあるものの、前巻と比べて臨場感が劣っているように感じた。本巻は、キャラクターのあとに付いて、ドキュメンタリー番組のように語るのではなく、ただただ歴史を書き残しているって感じがする(例えがわかりにくいかな・・・)。
★12 - コメント(0) - 2月10日

ヤギ郎さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

タバコ、一本くらい吸ってみたいけど、そういう機会がないし、習慣化しちゃうといやなんだよね。
★2 - コメント(0) - 2017年2月21日 13時48分

誰もいないことをいいことに、喫煙所で昼ご飯を食べていたら、人が来て「タバコもってますか?」って聞かれちゃった。
★1 - コメント(0) - 2017年2月21日 13時47分

ヤギ郎さんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:神林長平 平坂読 蒼山サグ 水木しげる 川原礫 蒼山サグ サイモンシン 甲田学人 吉上亮,サイコパス製作委員会 カント
ヤギ郎さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)