ままごん

ままごんさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年06月25日
経過日数
1003日
読んだ本
429冊(1日平均0.43冊)
読んだページ
119634ページ(1日平均119ページ)
感想/レビュー
382件(投稿率89%)
本棚
3棚
性別
血液型
A型

読書グラフ

最近の感想・レビュー(382件)

ホリエモンが医療について書いたということも不思議だと思ったけれど、それよりさらに衝撃的だったのは、彼が「予防医療普及協会」っていうのを立ち上げていたっていうコトです。ここに書かれている内容は、胃がんがピロリ菌が原因であるとか、歯周病が多くの病気を引き起こすとか、健康オタクなら誰でも知っていることばかりですが、それを胃腸や歯と分類せずに1冊にまとめ、さらにホリエモンという人が書くことで普及させようという意図は、すごく納得できます。妙に説得力もあります。
★4 - コメント(0) - 3月5日

前評判が良すぎたのか、読み終わってみれば、あぁこんなモノかと思った。確かに「脳科学」的に解明してきた部分については、へぇ、ふぅ~ん、と思うこともたくさんあったけど、さすがに脳科学者が私的な意見を書き綴るわけもなく、サラリと一般的なところで終わり、深入りしていない。帯紙にあるような「あの人の裏の顔」とか「あなたもサイコパス」みたいな部分は、サラリ。っていうか、誰でもサイコパス的な一面はあるのだし、ね。そういえば、後ろのほうにあったサイコパスの多い/少ない職業っていうリストはちょっと面白かったかも。
★2 - コメント(0) - 2月28日

このシリーズは楡さんの本なのに、なんだか読みにくいなぁ。しかし、途中でやめられずに結局最後まで一気読み。こんなストーリーが書かれたのに日本では何も起こらないって本当に平和な国なんですね。続く3冊目はごめんなさい、グロすぎて出だしで挫折しました・・・
- コメント(0) - 2月27日

最近濱さんのペースが早いんですかね、今度は青山望シリーズです。しかし、事件のかなめになる重要なネタの出どころがいつも同じなような気がして、もしかしたら行き詰まり??いえいえ、それでも面白いんです。スカッとします。でも、青山クンが結婚したら、ちょっと寂しいなぁ。
- コメント(0) - 2月20日

楡さんのデビュー作なら読まなきゃ!と思い、手にとったのだけど、あんまり好きなストーリーじゃなかったかなぁ。完全な悪役が逃げ切るっていうのは、許したくないんですけど。まぁでも、ちゃんとこのシリーズを追っていくと、悪人だけが主人公じゃないらしいので、あまり細かいコト考えずに2作目を読もうかな。それにしても、普通の人が普通に留学先とか仕事先の外国でコカインなんかに手を出すものなんですかねぇ??
★1 - コメント(0) - 2月16日

いつもながらの平賀とロベルト、面白かったです。ただ、今回はさすがに絶体絶命なのかと思ったのに、やけにアッサリと戻って来られたあたりは、別な仕掛けにしてほしかったかも。豪華客船での事件ということで、仮面舞踏会とかイリュージョンとか、普段のバチカンにはあまりないアトラクションも、ネタとしてはベタすぎるけど、藤木先生はちゃんと豪華客船に乗って取材したんだろうか?などと勝手に想像して面白がってしまいました(;^ω^)!ところで、今回は最後に懐かしい名前も出てきて、ますます次が楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2月12日

高嶋さんの本にしては、中途半端な気もします。どうしてああいう結論になってしまったのだろうか、せっかく途中までは面白かったのに、残念な終わり方だと思いました。基本的に高嶋さんは原子力関連の仕事をしていた人だから、彼がこういう問題をどう考えているのか、興味がありましたが、ワタシ的にはあまり納得がいかなかったです。いつものパニック小説のほうが好きだなぁ。
★1 - コメント(0) - 2月10日

今回もなかなか面白かった。沖野先生と七瀬サンの関係も微妙に近づきつづあり、次あたり新しく展開があったりするかな。事件の方は、なんだかいつも似たような気もするけど、まぁ、安心して読んでいられるということで、通勤読書として最適ですね。
★1 - コメント(0) - 2月7日

ままごんさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:堀江貴文,予防医療普及協会 中野信子 濱嘉之 楡周平 藤木稟 高嶋哲夫 喜多喜久 藤田孝典 森昭 加藤明
ままごんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)