ゆみ

ゆみさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年08月02日
経過日数
966日
読んだ本
377冊(1日平均0.39冊)
読んだページ
95044ページ(1日平均98ページ)
感想/レビュー
179件(投稿率47.5%)
本棚
0棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(179件)

ふだんから子どもをみている親の直観は意外に大事のようだ。普通辿る症状のシナリオがあり、それを外れたら危険。「くう・ねる・あそぶ・なく」ができないときは危険。黄色い液体の嘔吐は危険。風邪の際は「暖衣・飽食・衛生・睡眠」。咳止めは薬よりはちみつ。頭痛は安静にして寝てる。頭部を冷やす。
- コメント(0) - 3月19日

読みやすかった。新しい発見はそれほどなかったけど、改めてこれでいいんだって思えた。excelのショートカットは知らないものもあって勉強になった。
★1 - コメント(0) - 3月19日

職業柄なのだろうが、あまりに過敏で繊細な人ばかり出てくるので読んでて少ししんどくなった。震災以外にもいろいろ心を痛めることが、今の世の中では多すぎるのでは。当事者にならずにすんだのに、こんなに弱られてもなぁ、と、一応被災者から見ると辟易してしまった。思考の二極化については確かにその通りで、議論ができない人が多いのでは。
- コメント(0) - 3月18日

赤毛のアンを読んでみたいと思った。
- コメント(0) - 3月3日

田舎出身・在住で塾の世界は全く知らなかったので仕組みが少しわかって面白かった。「人生における選択の良し悪しはその後の努力が決める。どんな不利な選択肢を選んだとしてもあとからその選択肢を最善のものに変えることができる。それが人生。その選択を他人からばかにされようとも自分にとってはそれが最善と努力し続けられることがいちばん大切だ」おそらく著者が最も言いたかったであろうメッセージにとても共感した。私自身もそうしてきた自負がある。勉強は得意だったけど、答えのない問いを抱え考え続けることが人生の醍醐味だと思ってる。
★2 - コメント(0) - 2月26日

植物とフィボナッチ数列の関係など、驚くほど不思議なことがたくさん。植物も動物も、生物の仕組みってホントによくできてるんだ。感心したことが多かったけど、中でも一番印象に残ったのは「虹色トウモロコシ」が実在していたこと。昔あだち充のマンガをよんだけど、造語だと思ってた。
★1 - コメント(0) - 2月25日

夢や目標を実現するにはどうするか、が具体的に書かれている良書。一番の問題は、実現を目指すような具体的な目標がないことで、そのほうが深刻なのだけど。わりと辛口で厳しい口調で書かれているのも媚びてなくて好み。30代後半なのでちょっと遅いが繰り返し読んで危機感を持ちたい。ただ、趣味で勉強することにかなり否定的だったけど、私自身は人生一生勉強したいと思っているので収入につながらない勉強を切り捨てるのはどうかと。多読だって勉強の一種だし。
- コメント(0) - 2月23日

意外と感染病についてためになった。冒頭の殺し屋ともっとからむのかと思ったら・・・
- コメント(0) - 2月21日

ゆみさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:松永正訓 文響社編集部編 漆畑修 香山リカ 出口治明 宮本輝,吉本ばなな 池上彰 稲垣栄洋 古市幸雄 おおたとしまさ
ゆみさんの著者グラフ

お気に入り(3人)


お気に入られ(3人)


ログイン新規登録(無料)