のっちん

のっちんさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年07月01日
経過日数
1000日
読んだ本
479冊(1日平均0.48冊)
読んだページ
156205ページ(1日平均156ページ)
感想/レビュー
477件(投稿率99.6%)
本棚
1棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(477件)

初読みの作家さん。ご本人も帯でこれまでとは違う作風と行ってますが、これまでを知らない者としては十分面白かった!クライムとかノアールと言ってもさほど重くないので読みやすい。他の作品も読んでみたくなりました。
★2 - コメント(0) - 3月25日

面白かった!ただの終活モノじゃないだろうなぁとは思ったけど、こんなに妬みや嫉みが行き来してるとは。いろんな人の思いが繋がっているから展開が想像できなくて、どんどんハマっていきました。ラストまで期待以上でした。
★5 - コメント(0) - 3月23日

御手洗潔シリーズを読んでみたいなぁと、最新刊に続いて手にしたこの本。初心者にはバックボーンが分からなくて「?」の話もあったけど、短編で読みやすく推理も面白かった。次は長編を読んでみよう!
★3 - コメント(0) - 3月21日

最高に面白かった!音楽を風景で表現、それがまた分かりやすいなんて。登場人物のキャラクターも傑作。読みながら鳥肌が立ち、先へ先へとページをめくる手を止められないなんて初めてかも。素晴らしい一冊です!
★44 - コメント(0) - 3月19日

殺し屋の割に軽いテイストの話で面白かった。依頼者の人となりに寄り添いすぎじゃない?と思いつつ、その推理がこの物語のキモでもあるようです。さらに続きや、もしくは前日譚のようなものを期待してしまいます。
★8 - コメント(0) - 3月11日

最初は病んでいてちょっと怖いなぁって感じていたけど、後半になって流れが変わった。それぞれがいちばん悲しいと思っている人間ドラマ、切なさで締めくくられていて確かに悲しい。
★6 - コメント(0) - 3月9日

地元の濃い人間関係って近くにいるときは面倒くさくて、離れてみると懐かしく思うのは分かるかも。ただ他人の地域の事となると確かに難しく、異様に思う事もあるだろうなぁ。婚約者の人間性は別にして、どちらの思いも分かるような面白いストーリーでした。
★11 - コメント(0) - 3月6日

かつて大好きだった西村京太郎先生。最近はどうも期待したものと違うように感じてしまいます。先生は鉄道だけでなく、こういった戦時下の話や国を憂いた話が好きなのかな。
★2 - コメント(0) - 3月6日

のっちんさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、窪美澄さんの最新作「やめるときも、すこやかなるときも」の献本に応募しました!締切は3月20日!応募はこちら→ リンク
★1 - コメント(0) - 3月16日 13時47分

著者グラフ

最近読んだ著者:中山可穂 真梨幸子 島田荘司 恩田陸 石持浅海 まさきとしか 秋吉理香子 西村京太郎 安生正 尾崎世界観
のっちんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)