もんち

もんちさんの1月の読書メーター
記録初日
2014年07月24日
経過日数
942日
読んだ本
21冊(1日平均0.02冊)
読んだページ
6405ページ(1日平均6ページ)
感想/レビュー
19件(投稿率90.5%)
本棚
0棚
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(19件)

まんまと騙されたし、後半の部分とタイトルの意味は良かった。でも、ストーリーはそんなに惹かれるものではなく、残酷な事件が発生しているにも関わらず、加害者(被害者とも言えるが)の自己保身や無理矢理明るい感じにしようとするところが馴染めなかった。
★9 - コメント(1) - 2月18日

読んでいて辛くなった。登場人物にイラつきつつも、自分も気付かずうちに一緒のようなことをしてしまうのでは、と他人事と思えなかった。消費者金融でも、会社のお金であっても自分のATMのように引き出す感覚になるのがとても恐ろしい。
★5 - コメント(0) - 2月10日

初、歌原晶午さん。解説に、うまくいくと見せかけてハッピーエンドとあるけど、初めから不穏な雰囲気漂わせて物語が進んでいる感じがした。ハッピーエンドでないといっても、因果応報というか、大抵の作品が何かしらの落ち度があるので、そんなに後味が悪くない。予想外で面白かったのが、「サクラチル」。ずっしりきたのが、「尊厳、死」。
★5 - コメント(0) - 2月8日

外国の書籍は苦手意識があったが、これは読みやすくてめっちゃめっちゃ面白かった。犯人が誰か全くわからなかった。追い詰められていく様がリアリティがあって、結末が気になって仕方がなかった。
★13 - コメント(0) - 2月5日

前半は数日に別けてダラダラ読んでいたけど、後半は結末が気になって一気に読んでしまった。中盤辺りで犯人がわかったけど……切ないし悲しい。慟哭って言葉がピッタリだと思った。惜しむことなく宗教への財施ができたのも、キャリアならではのことか……。
★8 - コメント(0) - 2月1日

タイトルが珍しかったので、購入。小池真理子さんの短編集は他にも読んだことがあるが、これもとても面白かった。犯罪として成立するかしないか微妙なラインを題材にした作品が多いような気がした。めちゃめちゃ怖いわけでもないけど、読んだあとモヤモヤする作品。
- コメント(0) - 1月31日

編集者の選評がされてあったが、意外な作品が高評価になっていたりと、あまり感覚が合わなかった。面白いと思ったのは、「幸運ローン」「数」「死期」「仲間外れ」「手話」。
★1 - コメント(0) - 1月26日

時間があまりないときに、図書館で借りたので、タイトルの家族趣味だけ読めないまま返却。どれも読みごたえがあり、ずっしりくる。一番怖かったのは、「忘れ物」かな。短編だから仕方ないけど、もう少し課長が少しずつおかしくなる様子を見てみたかった。「デジボーイ」は、なんともいえない気持ちになる。
- コメント(0) - 1月24日

もんちさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:歌野晶午 角田光代 アガサ・クリスティー 貫井徳郎 小池真理子 乃南アサ 貴志祐介 住野よる 村田沙耶香 星新一
もんちさんの著者グラフ

お気に入られ(2人)


ログイン新規登録(無料)