negosi

negosiさんの2月の読書メーター
記録初日
2010年01月01日
経過日数
2640日
読んだ本
178冊(1日平均0.07冊)
読んだページ
64519ページ(1日平均24ページ)
感想/レビュー
94件(投稿率52.8%)
本棚
18棚
性別
年齢
33歳
URL / ブログ
自己紹介
ミステリー・エンターテインメント系小説が好きです。


乙一
伊坂幸太郎
西尾維新
京極夏彦
中村航
佐藤友哉
金城一紀
恩田陸
乾くるみ
壁井ユカコ
綾辻行人
時雨沢恵一
道尾秀介
舞城王太郎
桜庭一樹
村山由佳
豊島ミホ
北方謙三
宮部みゆき
東野圭吾
石田衣良
有栖川有栖
米澤穂信
村上春樹
奥田英朗
歌野昌午
滝本竜彦
絲山秋子
古川日出男
綿矢りさ
佐藤多佳子
町田康
池上永一



などをよく読みます。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(94件)

「想像力こそがすべてを変える」で締めくくられた小説だけど、何よりこの作者の想像力がずば抜けている。経った一人の人間が紡ぎ出す文章でこれほどの魅力的な世界を作り上げられる小説というジャンルの魅力を再確認。特に多様な生物の描写がすごい。 SFであり、ファンタジーであり、ミステリーでありと、様々なジャンルをまたいでいるけれど、個人的には冒険小説としてのパートに熱中。 バケネズミの正体については、特に驚かなかった。「神様」と無条件に崇め奉ることに違和感を覚えていたので、そういうテーマに行き着くんだろうな、と。
★10 - コメント(0) - 2011年3月22日

オジいサンが朝目覚めるところから始まって、どうでもいいことを延々と考え続け、身体を起こすまでに20ページもかけている様に唖然。その後もアクションと思考の描写比率が1:9くらいで進む。思考の速度がのろい上に、全然関係ない方向へ拡散していくから一向に話が進まないのだけど、その様子を追っていくのがとても楽しい。そして、オジいサンの変に義理がたいところがたいへんかわいらしい。
★6 - コメント(0) - 2011年3月19日

見事な本歌取りだなあ。でも、これ先に読んでからクリスティの作品読むと、犯人分かっちゃうよね。
★3 - コメント(0) - 2011年2月22日

ミステリのネタで多重人格って、あまりに都合よすぎないか、と勝手に思ってるのであまり好きではないのです。
★4 - コメント(0) - 2011年2月10日

いやあ、まさかこんな過去があったなんて・・・! キャラクターに愛着が湧いて、御手洗シリーズが一気に好きになった。
★4 - コメント(0) - 2011年2月7日

実際には「なぜ世間ではダメだということになっているのか」と言った方が近い? 僕も若者だけど、著者が説く未来は、ちょっと生きづらそうだなあ……
★1 - コメント(0) - 2011年1月31日

マドレーヌ夫人なくてもよかった。かのこちゃんの日常がとにかくおかしい。茶柱のエピソードとすずちゃんの別れのシーンが最高にすばらしかった。
★4 - コメント(0) - 2011年1月25日

連続殺人の真相は人から聞いて知ってたけど、それでも十分すぎるくらい面白い。「なぜポアロに脅迫状(?)を送ったのか」の答えに膝を打った。ポアロの心理洞察も鋭いし、狂人にも論理があるという指摘に納得。
★7 - コメント(0) - 2011年1月19日

negosiさんの感想・レビュー

読んでる本(1冊)


お気に入り(1人)


お気に入られ(2人)


ログイン新規登録(無料)