みんみん

みんみんさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年01月01日
経過日数
1178日
読んだ本
316冊(1日平均0.26冊)
読んだページ
93042ページ(1日平均77ページ)
感想/レビュー
104件(投稿率32.9%)
本棚
18棚
性別
自己紹介
学習記録用。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(104件)

デフ・ヴォイスに続き、読了後に知識がついて、視野が拡がった本。ニュースで見たことはあったものの今まで直視してこなかった世界が書かれていた。 主人公のように、新たな命を授かることの責任の重さを子供を持つ前から考えられる人は稀。たいていの人は、深く考えずに結婚したら子供を産むものだと思い込んでいると思う。かくいう私も、育児がこんなに大変だとは思わず、子供の人生を背負う責任の重さを今更に痛感している最中で、自分への戒めになる本だった。
★20 - コメント(0) - 1月13日

昔、一度読んだ時にはピンとこなかったのに、大人になってから読んで大好きになった本。 忘れられない人がいて、10年もの長い年月、相手を想い続ける。。。こういう長期にわたっての恋愛小説は個人的に好みです。 表紙の青い絵も、Rossoの赤い絵と並べて見るととても綺麗で好きです。
★4 - コメント(0) - 1月8日

「親友の心得」がすごくよかった。女同士、親友同士の心情のリアルさが見事に描かれていた。相手の幸せを願いつつもどこかで嫉妬してしまうのがリアル。「ツナグ」というテーマがテーマだけにお涙頂戴な話が多いのかと思っていたけど、綺麗ごとですまさない「親友の心得」は衝撃だった。
★37 - コメント(0) - 1月7日

辞書の編纂の話ということで、あらすじだけを見て堅い本なのかと思っていた。読んでみたら、「えっこんなクスっと笑える文章なの!?」と驚きながら、一気読みしてしまった。あらすじだけじゃなくて、ちゃんと手に持って文章読まないとわからないものですね。長年敬遠してしまったことを反省。
★5 - コメント(0) - 2016年12月31日

後から怖さがじわじわくるタイプの小説というレビューが多かったけど、確かにその通り。読了後にふとした物音が気になってしまうようになり、怖かった。
★2 - コメント(0) - 2016年12月25日

宇宙に関する入門書をひたすら読んできて、重力について一番わかりやすかったのがこの本。重力とは何なのか説明できるレベルでようやく理解できた。相対性理論、量子論など宇宙論のトピックスが一通りイラストで解説されているので手元に置きたいと思ったけど、価格が高かったのと大型本で扱いにくかったため断念。
★1 - コメント(0) - 2016年12月22日

身近な技術の基礎に数学があることが説明されていて、楽しんで読めた。
★2 - コメント(0) - 2016年12月22日

宇宙に関する入門書を手当たり次第に読んできて、一番簡潔にまとまっていた本だったので、図書館で読了後に購入。相対性理論、量子論、重力の話、超ひも理論など宇宙に関連する知識が短時間で一気に整理できた。忘れたらまたこの本を参照して思い出したい。
- コメント(0) - 2016年12月18日

みんみんさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:佐藤優 池上彰,岩崎博史,田口英樹,大隅良典 J・モーティマー・アドラー,V・チャールズ・ドーレン 江國香織 竹内久美子,佐藤優 角田光代 恩田陸 アガサ・クリスティー 大栗博司 伊坂幸太郎
みんみんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)