ネコ

ネコさんの1月の読書メーター
記録初日
2013年12月31日
経過日数
1150日
読んだ本
85冊(1日平均0.07冊)
読んだページ
24737ページ(1日平均21ページ)
感想/レビュー
47件(投稿率55.3%)
本棚
0棚
性別
血液型
AB型
職業
事務系
自己紹介
図書館を利用してます。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(47件)

ハッピーエンドな作品集ではあった。三浦しをんさんの作品を読んで…江戸時代の人から見た現代人って、やっぱり気力のなさを感じるのかな。踏み絵の壮絶さを今日のクリスマスと比べると、恐ろしさが顕著。いつも思うのは、戦時中の人達が望んだ日本になったのか?幸福度が低いのは悲しい。
★40 - コメント(0) - 1月10日

良かった。山登りと、40歳前後女性主人公の人生。あとがきを読んで、更にこの本が好きになった。言葉少なめなのに、だからか、日常で味わった感情の揺れがこちらに深く染み込んでくる。私も山登りしたくなった。特別な5日間で他の360日を支える。たまに出てくる、〇〇な私である、って表現が好き。
★15 - コメント(0) - 2016年11月4日

こわい。人(烏)が何人も死んでるんだよ…。意図がなかったなんて…。少しごちゃごちゃした印象。東西南北とか、漢字の読み方とか、集中力を削がれる要因か多かった。
★5 - コメント(0) - 2016年10月11日

登場人物達はとても辛い状況におかれている。なのに、爽やかな描写。読んでいると、1人じゃない、と暖かさが感じられる本。
★18 - コメント(0) - 2016年10月3日

温かい気持ちになる。〝シビックで朝まで〟が一番好き。ミドリの娘の手紙からは、母の死と娘への愛情、魚屋ミュージシャンの死から、命の大切さが書かれている。何の相談にも真摯に受け止める店主の人柄の良さが出ている。気持ちと意思は別。堕ろすしかないと頭では分かっていて、その決心を固めたくて手紙を書いたのかもしれない。産みなさいなんて書いたら、全くの逆効果だ。
★20 - コメント(0) - 2016年9月13日

心温まるストーリー。
- コメント(0) - 2016年8月30日

学生時代に読んでいたかった。登場人物は現在30歳前後で自分と同世代。15年後の補習は、良いなと思った。・大らかで表現がストレート、それが本物の悦ちゃんーーと、静ちゃんが思っている私は本当に私なんだろうか。・心地よくもあった。自分の努力が足りなくてうまくいかないことを、幸せになってはいけないという罪悪感がそうさせたのだと、免罪符のように扱っていた。・男だ女だと言いながら、人より優位に立とうと思う気持ちは父親と一緒ではないか。
★11 - コメント(0) - 2016年8月28日

ストーリーはもちろん、言葉のやりとりが面白い。いつの間にか自分も4人の中に加わってる。登場人物がみんな愛らしい。
★16 - コメント(0) - 2016年8月27日

ネコさんの感想・レビュー

読んでる本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:朝井リョウ,あさのあつこ,伊坂幸太郎,恩田陸,白河三兎,三浦しをん 三浦しをん 北村薫 阿部智里 吉本ばなな 東野圭吾 橋本紡 湊かなえ 伊坂幸太郎 宮部みゆき
ネコさんの著者グラフ

お気に入られ(1人)


ログイン新規登録(無料)