ハセ

ハセさんの1月の読書メーター
記録初日
2010年01月31日
経過日数
2581日
読んだ本
122冊(1日平均0.05冊)
読んだページ
28992ページ(1日平均11ページ)
感想/レビュー
66件(投稿率54.1%)
本棚
1棚
性別
職業
大学生・院生
自己紹介
雑食

読書グラフ

最近の感想・レビュー(66件)

未消化に思える点が3つほどあったが、かなり引き込まれる本だった。 死の間際とは言えなぜ主人公は秘密を明かす気持ちになったのか、なぜ片瀬夫妻は元の鞘に戻る気持ちになれたのか、あと一つは忘れてしまった。 雛子の恋愛観は共感を覚えてしまった。 何より風景描写が美しい本であった。
★7 - コメント(0) - 2011年10月12日

第二部で取り上げられた2005年のジャクソンホールでの議論が非常に興味深い。以下にしてテールリスクを拡大するように国際金融が動いてきているのか一面的にも把握できるのはいい買い物だった。
★1 - コメント(0) - 2011年10月12日

彼が来ることは予期していました
★3 - コメント(0) - 2011年6月1日

労働市場の話でも聞けるかと思ったら、お受験特集で落胆しました。
- コメント(0) - 2011年3月29日

技術伝播に焦点をあてて内生的成長理論、国際貿易、実証研究をサーベイしている。このレベルで、こうした狭い分野を俯瞰できる邦書は殆どないので研究のとっかかりに便利だと思いました。実証分析においてデータをどのように構築するかと言った事にも触れていて(これだけでは全然出来る様にはなりませんが)バランスが良いと思いました。
- コメント(0) - 2011年3月29日

例えば就職活動をしている大学三年生とか、例えば働きだして一年目二年目の新入社員とか、ちょっとずつ現実に向き合い始めて、なんか諦めたり、あらがったり、成りたくないなあって感じてた大人像を突きつけられつつある世代にとっては、そのだらって張り付く感情は共感出来る所もあるんじゃないかなとか思ったりする。
★6 - コメント(0) - 2011年2月14日

物凄くライトな本だけど案外知らないコトもあった。中学校の時に巡り合ってたら、憎たらしい前置詞のイメージもつかめたろうに。学校教育を憂いてしまう一冊。いやいい本ですよ
★2 - コメント(0) - 2011年1月4日

ハセさんの感想・レビュー
ログイン新規登録(無料)