ゆか

ゆかさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年10月17日
経過日数
889日
読んだ本
241冊(1日平均0.27冊)
読んだページ
88590ページ(1日平均99ページ)
感想/レビュー
241件(投稿率100%)
本棚
0棚
性別
血液型
B型
職業
販売系
現住所
大阪府
自己紹介
コーヒー飲みながらの読書が好き♪
主に好きなのはサスペンスや推理小説だけど、恋愛小説や歴史物語なんかも好きです。
同じ感想を持った人がいれば嬉しいなぁ~と…(^ー^)
どうしても偏った作家さんを選んでしまうので、皆さんの意見を参考にさせて頂きます!
共感した感想には勝手にナイスもポチポチ(^ー^)
よろしくお願いいたします。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(241件)

よしもとばななさんのエッセイ。旅行と子供と飼ってるワンちゃんの話が主。自分の飼ってた猫ちゃんやワンちゃんを思い出した。いつも飼い主を思っている姿に胸キュンです。この本を読むと、旅行に行きたくなる。それにしても、よく海外旅行に行ってる人だなぁ〜と。普通の会社勤めしてると、そうそう行けるもんじゃない。てことで、国内旅行に収まってしまう(笑)近くの海外よりも、国内旅行の方が高くついたりするんですが。執筆者として成功してるのに、喫茶店でバイトしてるところに、何だか共感しまくりで、店長の話にはウルっとしてしまった。
★29 - コメント(0) - 3月19日

長編だと思ってたら、大好きな黒澤さんがちょいちょい登場する短編集だった。伊坂さんの作品には、大好きな登場人物が何人かいて、黒澤さんもそのひとり。こんな風にたまにお目にかかれるのが嬉しい♩首折りの殺し屋さん、探偵、いじめられっ子などなど、色んなキャラ達がギッシリと詰まった本作。読んだ後は、何だかお腹いっぱいに(笑)どこか繋がっているような、そうでもないような不思議なお話。でも、また黒澤さんにはぜひ会いたい♩
★57 - コメント(0) - 3月17日

ミステリー物で、こんなに主人公に肩入れして読んだ本は久しぶりかもしれないって位、主人公がいい人過ぎる。始終、頑張って!負けないで!と思いながら読み終わりました。物語は誘拐事件と恋愛模様の交差。2つの話が同時進行するんだけど、どっちの話も気になってしょうがなかった!主人公を好きになれるかどうかで、小説って面白さがここまで変われるんだ〜と、納得できた本でもあった。読み応え満点♩このシリーズの続編希望です!
★42 - コメント(0) - 3月13日

もっと早くに読めばよかったと後悔。主人公の純真無垢な性格のせいか、その周りにいる人物がみんな純粋で強くて、暖かくて、何かに向かって頑張っている姿に心打たれました。電車で読んでたんですが、途中でこれは電車では読めない本だと思い自宅で読破。人懐っこくいつもニコニコ、ほっぺたぷっくりで、可愛らしい中学生が将来を見据えて、病気を圧して単身で上阪する事は、親にとっては心配でたまらなかったはず、名人にはなれなかったかど、どんだけの人に勇気を与えたんだろう。私ももっとしっかり仕事頑張らなきゃ…。本当に読んで良かった!
★42 - コメント(0) - 3月8日

とある女性が思い描く復讐をなぞった物語。東野作品の中ではあまり感情移入出来なかった。面白くないわけではなく、読者のハードルが高くなってるだけだとは思う。読みやすいし…。ただ、序盤で登場人物が一斉に出てくるもんだから、正直誰が誰だか分からない状態で物語は進むので、置いて行かれないように必死。もう少し人物描写を細かにしてくれたら推理小説として面白く読めたはず。何度も言うけど、面白くないわけではない(笑)
★53 - コメント(1) - 3月4日

後半には、あっと驚く伏線回収が続きまくって、どう回収されるのかと思ったらなるほど〜。辻村さんらしく爽やかな終わり方。ちょっとサスペンスで、そしてホラー感もあり、ファンタジーでもあって、何でも詰め込み感はあるけど、これがデビュー作なんて凄い!ズンと心に重くのしかかる内容だけど、最後は爽やかに終わって辻村作品らしいけど、人ひとり死んでる事はしっかりと伝わる内容。なかなか読み応えはあった作品。
★74 - コメント(0) - 3月1日

女1人で寿司って、もしかして食べ物屋さんの中でも一番敷居が高いのでは❓と思ってた著者がケンカを売るかのような、有名高級寿司店に行きまくる本書。私には出来ない事なので、読んでいて楽しかった。で、読み終わった後、お寿司が食べたくなる(笑)有名店の名前をそのまま出してるのもいい。高級寿司屋さんってその雰囲気だけで気後れする私、ウニやイクラの高級食材はほぼ苦手な残念な私には回転寿司で充分です(笑)
★38 - コメント(0) - 2月24日

初読み作家さんでしたが、文章は読みやすく、主人公は高校生男子と自分とはかけ離れた人物ながら、不覚にもウルっとしてしまった。思ってる事を口に出して伝えるのは大変だけど大切な事なんだと思わせてくれる本。高校生はもちろん、大人にもお勧め。誤解や勘違いで人はすれ違いスタート。何でも言えばいいってものでもないけど、何も言わずに怒ってる事は、相手には弁解する場も奪ってるんだなぁ〜と改めて思ったり。最初は好きになれなかった主人公でしたが、最後は大好きに!(笑)
★59 - コメント(0) - 2月22日

ゆかさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、窪美澄さんの最新作「やめるときも、すこやかなるときも」の献本に応募しました!応募締め切りは3月20日!応募はこちら→ リンク
★10 - コメント(0) - 3月13日 23時41分

【献本プレゼント】読書メーターで、時代ミステリー「縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」の献本に応募しました!応募締め切りは3月16日!応募はこちら→ リンク
★8 - コメント(0) - 3月10日 13時10分

読んでる本(1冊)


積読本(2冊)

夢幻花 (PHP文芸文庫)
5230登録

読みたい本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:よしもとばなな 伊坂幸太郎 誉田哲也 大崎善生 東野圭吾 辻村深月 湯山玲子 森絵都 中山七里 山田悠介
ゆかさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)