伊藤 ライナ

伊藤 ライナさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年11月10日
経過日数
869日
読んだ本
99冊(1日平均0.1冊)
読んだページ
34213ページ(1日平均34ページ)
感想/レビュー
84件(投稿率84.8%)
本棚
0棚
性別
年齢
42歳
血液型
B型
職業
サービス業
現住所
秋田県

読書グラフ

最近の感想・レビュー(84件)

装丁がホラーに寄せていますが、サイエンスとミームの物語です。近代化のなかで取りこぼしたものにこそ終わりなきメソッドがある。後半はそのメソッドが解き明かされるにしたがって鳥肌がたった。大局を見ると「生命とは?」と祥吾少年と同じ思いに至った。自分も森に入ってみようと思う。勿論負の感情は持たずにだ。
★10 - コメント(0) - 3月15日

圧倒的な情報量をベースに描かれているのは女の情念。その夢幻ともいうべき女の心に男達はさ迷い苦悩を窮める。愚かしく悲しいエスピオナージ・オペレーションだった。
★1 - コメント(0) - 3月4日

時代設定がまさに「今」であることが最大のポイント。いつ起きてもおかしくない。そしてそれは最後まで読むと明らかに「テロ」だと気付く。あと、改題前の方が良かったことにも。
★56 - コメント(0) - 2月4日

自分は子を持つのが怖い。恐ろしくさえある。きっとろくな人間に育たないのではないかという得体の知れない恐怖がある。おそらく些細な恥や、いまさらどうにもならない後悔があり、同じ恥と後悔を遺伝してしまうのではないかという笑ってしまうような漠然とした不安に起因した妄執なのだろう。こんなものは獏がいるなら喰らってほしい。あまりの不味さにクレームがつくかもしれないが構わない。
★25 - コメント(0) - 2月2日

肉体性と精神性の距離が遠くなっている現代社会で、その距離を埋めるものこそ新たな自分であり新たな生き方なのだろう。「食べて」「美味しい」と感じる肉体性と精神性が密接な「食事」という行為のように確かなものを獲得していく必要がある。じゃないとこんな世界で生きていけない。
★16 - コメント(0) - 1月12日

フィジカルの自覚を持ったメンタリティ。そういうマインドを獲得していく物語。この解釈で映画を観ていいものかどうかは分からないので忘れたころに観ることとする。
★121 - コメント(0) - 1月7日

ローカルな魅力に溢れていて素晴らしい。大阪のイメージが更新されました。坂道シリーズ以外の話でハッとしたのは、フリースタイルバトルってこんな昔からあったんだ!ってこと。おもしろーい。
★4 - コメント(0) - 2016年12月30日

チーム感のある細かな描写がいい。あと、こねつけのくだりは最高に美しい。更生とはこうあるべきという示唆と受けとめたい。次作予告がもっとも衝撃的でカオスの予感。
★42 - コメント(0) - 2016年12月25日

伊藤 ライナさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで感動のサスペンス巨編「天上の葦 上下巻セット」の献本に応募しました!締切は3月2日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 2月23日 20時30分

著者グラフ

最近読んだ著者:宇佐美まこと 麻生幾 岩木一麻 道尾秀介 太田紫織 新海誠 有栖川有栖 内藤了 松岡圭祐 松岡圭祐
伊藤 ライナさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)