かえるこ

かえるこさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年10月24日
経過日数
884日
読んだ本
59冊(1日平均0.07冊)
読んだページ
14251ページ(1日平均16ページ)
感想/レビュー
59件(投稿率100%)
本棚
7棚
職業
IT関係
自己紹介
働く二児の母。最近はビジネス本が中心。
心と時間に余裕があれば小説も読みたいけど、なかなか難しいのがもどかしい。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(59件)

上司からの推薦本。Amazonでは酷評だったので身構えたが、すんなり頭に入ってきた。「アメとムチ」の効果があるのはルーチンワークまで。現在我々に求められている創造性を必要としている右脳的な仕事には、アメとムチは逆効果であり、有害となることも多い。3.0に必要な考え方は「自律性・マスタリー・目的」。さて、これを自分の世界(職場)でどのように適用していったらいいのか…最後の「20の質問」ベースで考えたい。家庭だと「子供の家事のお手伝いにお小遣いはダメ」は気をつけたいことろ!
★2 - コメント(0) - 3月13日

上司からの推薦本。「子育て本でありながらビジネスで役立つ」と渡されたが、絶賛子育て中の私には子育てへの適用て頭がいっぱいに(笑)。自由と選択肢を与え自分で決断させる、視野を広げる機会を作る、読書習慣をつける、子供の応援団になり挑戦をサポートする、社交の場に参加させる、学習習慣を贈る、勉強することのメリットを教える、自制心と金銭感覚と教養を身につけさせる、他の子と比べない、無償の愛を注ぐ、等々。アンケートにさんざん出てきた一流大学に入らなくてもいいから、豊かな人生を送れるように育ててあげたい。
- コメント(0) - 2月26日

あまりの時間の足りなさに思わず買った本書。第1章のメールは二度読まない、初動の速さが重要、100点を目指さない、といった考え方は参考になったが、ショートカットとか今さら感、MECEとかモンキーとか既知の内容だったので、後半尻すぼみ。求めていたものとはレベルが違ったようです。。とは言え、ターゲットがどの辺の層なのかよく分からない。
★3 - コメント(0) - 2月8日

管理職予備軍です。男はポテンシャルで、女はパフォーマンスで昇進するというのが、それっぽいなと共感。あと、女性は自己評価が男性よりも低いというのもこの手の話だとよく聞きますね。自分まさにそれ。「管理職の(男性的な)イメージに合わせることはない、自分らしくあればいい」というのご一番の学びでした。
★4 - コメント(0) - 1月25日

なぜ労働時間を削減しなくてはならないのか、この手の本を何冊か読んでもまだ100%理解しきれない私。いや、なんとなくは分かるんだけど、そう思ってない人を説得するほどの理解に至ってない。そして、社内での取組の参考にしようと後半の事例を読んだけど、やはりボトムアップでの取組では難しいかなと断念。猜疑心ある一定の割合(多数)の人を巻き込むのが難しい。
★5 - コメント(2) - 1月17日

少し若い頃の源さんのエッセイ。今の生活とは全然違うんだろうな、と思いつつ、あの日々があって今日がある。なんだか楽しいエッセイです。お母さまがカッコいい。
★4 - コメント(0) - 1月6日

40代で、残りの人生の働き方を考え直してみよう、というお話。ただただ忙しいことにある種の喜びを感じていたけど、最近になって疑問を感じて来た私に刺さる内容だった。やりたいことも思いつかないわけだけど、5つのシナリオぐらいまず考えてみるかな。
★3 - コメント(0) - 2016年12月4日

「センシングからクライドを介してアクチュエートする」のがIoTということが、分かりやすい事例を通して短い時間で理解できる良書。自分のビジネスに当てはめたらどんな可能性があるか、いろいろ考えられそう。
★2 - コメント(0) - 2016年11月13日

かえるこさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:ダニエル・ピンク ミセス・パンプキン,ムーギー・キム 木部智之 ギンカ・トーゲル 星野源 小室淑恵 ちきりん 小泉耕二 小池真理子 芝本秀徳
かえるこさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)