コウ

コウさんの2月の読書メーター
記録初日
2015年01月07日
経過日数
809日
読んだ本
39冊(1日平均0.05冊)
読んだページ
12760ページ(1日平均14ページ)
感想/レビュー
7件(投稿率17.9%)
本棚
0棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(7件)

とりあえず言いたいことは一つ。 千秋よく言った!!!
- コメント(0) - 1月10日

とりあえず、流石の甲田先生としか言いようがない。 相変わらずの痛覚に刺激を与えてくるような表現。 そして、何気に甲田先生の作品で職業”巫女”が初の本格参戦ではないでしょうか。”巫女”と”魔女”のやり取りが個人的には好きでした。 まさか、あれが伏線とは思いませんでした。 一巻ということでキャラの掘り下げが瞳佳さんと守屋くんだけで、他のロザリア・サークルのメンバーも気になるところです。瞳佳さんも守屋くんもまだ何かありそうですし。 次巻があれば期待したいです。
★9 - コメント(0) - 1月10日

虚構の推理でもって虚構を制す。とまぁ、この作品を語るならこれしかないだろうと思う。この作品の見所は琴子の虚構推理だろう。虚構と現実を織り交ぜた推理は秀逸だった。作中で登場した4つの解。それ以外の解を考えられるのかもしれないところもまた、いい構成だろうと思う。余談だが、件の預言の正体(?)が未来決定能力には舌を巻いた
★11 - コメント(0) - 2016年2月9日

面白かった。名探偵は超人ではないという事を痛感させられる作品である。これから読む人に言いたいことは一つ。この作品はミステリーであってミステリーではない、ということ。純粋なミステリーと思って、手を出さないことを薦める。何故ならこれは「名探偵」という理想を壊す物語でもあるからだ。そして、瀬川みゆきという一人の名探偵に薔薇を…
★5 - コメント(0) - 2016年2月9日

鎌池先生の作品大集合!な一冊でした。しかし、男性陣でまともなのが上条さんだけとはこれいかに?作中でも出ていたのですが、女性陣の方は物理的火力が高いとか怖いな。そして、後半に喚ばれた未踏召喚の二人…いや、ある意味三人か。異世界に来てもぶれない女王は流石だった。ちゃっかり出てきたオティヌスはオーディンに上書きして現れるし、オーディンの別名ってだけあって女神と知り合いだし、禁書の頃より『神』がメインになってたな。最後に、オティちゃんは一体、婚活事情の天界にどうしようとしたのさっ!?
★4 - コメント(0) - 2015年2月11日

この巻のMVPは前田・利家の「嘘だーーーーー!」だと思う。他にも活躍してるキャラはいるんだけどね。そりゃ、カレーで自慢の幽霊艦隊撃破されちゃったから、叫びたいのは分かる。で、このシーンをアニメで観たい!
- コメント(0) - --/--

大分前に書店で見つけ購入。甲田さんの作品はMissing、断章のグリム、夜魔、ノロワレと読んできています。今作は断章のグリムのスピンオフで、断章のグリムのヒロイン・時槻雪乃の姉・時槻風乃が主人公。前作は現象に童話を当て嵌めていましたが、今作は人間関係に童話を当て嵌めています。が、相変わらずの面白さです。やっぱり、甲田さんは当て嵌めがうまいと思います。
- コメント(0) - --/--

著者グラフ

最近読んだ著者:葵せきな 甲田学人 稲葉みのり 太田紫織 鎌池和馬 城平京 鎌池和馬 成田良悟 川上稔 甲田学人
コウさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)