まこっちゃん

まこっちゃんさんの1月の読書メーター
記録初日
2014年04月13日
経過日数
1053日
読んだ本
201冊(1日平均0.19冊)
読んだページ
77088ページ(1日平均72ページ)
感想/レビュー
158件(投稿率78.6%)
本棚
3棚
性別
年齢
40歳
血液型
A型
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(158件)

乏しい知識によって作られた自身の先入観、固定観念が覆された感じ。しかし、人類の歴史って侵略の歴史ですね。
★20 - コメント(0) - 2月24日

読んで良かった一冊です。戦中から現代までの教育、その中で奮闘する大島家の人々が描かれた長編モノ。冒頭の印象深いフレーズから楽しく読み進めた。中盤のちょっと引いてしまったがむしゃら展開は、終盤の大円団に繋がるのだと思っていたが、予想を超えた素敵なまとまり。「みかづき」の由来に触れられたシーンも良かったですね。爽やかな読後感です。
★49 - コメント(0) - 1月29日

ポーランドのことも戦争のことも、自分は何も知らないんだなと。人として誇りを持って死にたいなんて、自身の日常では考えるシーンが無い。悲劇に襲われる民衆の心理、この本を読んでもまだ物語だと捉えたい自分は平和ボケが酷い。どこかでしっぺ返しが来るのかもな。
★49 - コメント(0) - 1月21日

セリフ、言い回しに印象的な物が多いと感じたが、ストーリー自体はもう少しまとめられなかったのかと。ミステリーだからヒントと考えたとしても、どうも肩透かしをくらった気分。いや、凡人の自分に天才の感性に共感できないだけかな。
★26 - コメント(0) - 1月12日

久しぶりの冲方作品。物語の進行、登場人物の描写が凝っていたけど、長編ミステリーというにはちょっとあっさりというか物足りなさを感じた。
★26 - コメント(0) - 2016年12月30日

エンタメ作品として割り切って読んだけど、どうもチャラい。
★44 - コメント(0) - 2016年12月24日

序盤はどうも煮え切らない感じで読みつかれたが、ひとつずつ真相解明へとピースがそろっていくような展開で、気付いたら興味深く読んでました。犯罪の動機、そして巻き込まれた子供たちを思うと辛い。この物語のように、せめて時効を迎えた犯人には、永遠の十字架を背負っていてほしいが、実際はどうなんだろうか。
★72 - コメント(0) - 2016年12月17日

玄徳の死後、蜀を一身で背負った孔明。7巻、8巻はそんな彼の心情が描かれており、これまでの紙芝居的な本作品への印象が大きく変わりました。また、孔明死後のまとめ方にも納得がいき、この本を手に取ったことを幸運に思います。
★12 - コメント(0) - 2016年12月7日

まこっちゃんさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 森絵都 須賀しのぶ 森博嗣 冲方丁 知念実希人 塩田武士 吉川英治 町屋良平 宮木あや子
まこっちゃんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)