fig

figさんの1月の読書メーター
記録初日
2015年02月18日
経過日数
733日
読んだ本
523冊(1日平均0.05冊)
読んだページ
157956ページ(1日平均12ページ)
感想/レビュー
177件(投稿率33.8%)
本棚
0棚
性別
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(177件)

fig
再読 2017/1/10 - 2017/1/11
★6 - コメント(0) - 1月11日

fig
2016/12/5-2017/1/7
- コメント(0) - 1月7日

fig
2016/11/17-2016/12/1
★1 - コメント(0) - 2016年12月1日

fig
「遊び」をテーマにしたシュルレアリスム美術展(2013)の図録も兼ねている一冊。同じ著者の『シュルレアリスムとは何か』の姉妹篇・美術篇のような感じで、との依頼で作成されたそう。シュルレアリスムの本質を「遊び」や「友人たちの集い」においてまとめている。
- コメント(0) - 2016年4月5日

fig
『夜のみだらな鳥』のように眩暈と吐き気を催すような強烈な読書体験はできないけれど、滅びゆく小村で、そんな村にしがみつく者達が支配したり/されたり、男になったり/女になったり阿鼻叫喚。ドノソのエッセンスがぎゅっと詰まったなかなか地獄な中編。ラテアメ愛好者だけでなく、ゲイ、トランスヴェスタイト、マチズモなどに興味がある方も楽しめるかも。この作品を原作とした映画のソフトは、日本盤は無いけれど英語字幕付き北米盤DVDがあるみたいです。
★3 - コメント(0) - 2015年5月18日

fig
西加奈子『しずく』読了 女が2人ふと寄り添った瞬間を切り取った6つの短編。ちょっとした悲しみや、ちょっとしたほろ苦さや、ちょっとした悟りや、ちょっとした覚悟や、ちょっとした喜び、ちょっとした勇気なんかを爽やかに爽やかに。
★11 - コメント(0) - 2015年2月21日

fig
西加奈子『白いしるし』読了。かすかな緊張感と悲しみの予感が漂う繊細な佇まいが、元気でかわいい『きいろいゾウ』と同じ作家さんとは思えない失恋小説。悲しみを残しつつも祈りと希望と力強さを感じる爽やかな読後感。
★12 - コメント(0) - 2015年2月19日

fig
2017/1/20再読
- コメント(0) - --/--

figさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:森博嗣 遠藤周作 佐野眞一 カルロスフエンテス 渡辺千尋 渡辺達正 寺尾隆吉 サラ・ウォーターズ 加藤諦三 酒井健
figさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)