ウミネコ

ウミネコさんの12月の読書メーター
記録初日
2015年03月15日
経過日数
679日
読んだ本
337冊(1日平均0.5冊)
読んだページ
127008ページ(1日平均187ページ)
感想/レビュー
337件(投稿率100%)
本棚
3棚
性別
自己紹介
一番のお気に入りは宮部みゆき。

人気がある作家の作品はやっぱり面白い。

読書メーターで新しい発見を期待して、色々な人の感想を巡るのも好き。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(337件)

図書館本。かなりのボリュームある本で、読み終わるのに時間がかかった。人類がある種の病原菌で壊滅に追い込まれるというストーリーだけでも十分な量がある。それだけで1冊でもいいような。上巻では、生き残った人々が終結する。それも敵対する形で勢力が形成される。今まで、バラバラだった登場人物が集まって、どういう展開になるのか?盛り上がってきて、上巻が終了した。下巻が楽しみ。
★5 - コメント(0) - 1月20日

何かホラーっぽい雰囲気がする作品だった。最後のどんでん返しがある著者のお約束の展開で、読者の期待を裏切らない。欠点といえば、方言が頭に入ってこないで、疲れてしまうという所。傑作とは思わないが、多くの人が満足するだろう。そういう作品だった。
★20 - コメント(0) - 1月12日

最後に感動が待っている本。最後がとてもよかった。でも、そこまでたどり着くまでが、陰湿な悪意が蔓延していて、読んでいて、気分が悪くなるほど。この本を読んで、現在の学生の負の部分が少しでも減ってくれればと思う。
★39 - コメント(0) - 1月12日

面白かった。自分のことをかしこいと勘違いするのは、学生の特権みたいなもの。大人になったら、上には上がいるとわかる。インターネットがある現在では、子どもの時でも感じて、劣等感に苛まれるとかあるのかもしれない。結局は、どんな職業についても天井が存在していて、限界はあるだろう。アメリカとかはなさそうだけども、日本ではね。幸せとは?という問題が定義されていた。幸せとは、今が幸せと言えること。と1つの回答としてあった。多くの人はどう答えるのだろうか?気になるところだ。
★35 - コメント(0) - 1月8日

何か間抜けに感じる場面もある。警察のサイバー課でもわからないプログラムが施されたUSBを主人公たちの班が真相にたどり着くとか。まぁ、専門家でないほうが意外に正解にたどり着くとかあるだろうし、自然な成り行きなのかもしれない。警察小説で、キャラクターは濃いが、キャラクター命というわけでなくて、物語もしっかりしていて、読み応えがある。とても面白い作品だった。
★9 - コメント(0) - 1月4日

この本は共感が得られているのだろうか?普通と思われたいために、マニュアルを必要とする人間。世の中、マニュアルを渇望する心がある?それとも、マニュアル人間を卑下する心を持っていて、この主人公を奇異に感じて、ただ観察したいという好奇心をそそられるから?どうなのだろうか?個人的には、共感を得られない主人公で、読後も首を傾げるばかりだった。
★63 - コメント(0) - 1月4日

2016年の総括本。中国だけで、これだけの量を取るとか、2017年も中国がメインなのか?トランプ米新大統領が話題をかっさらうとかありそうだが……。EUも移民問題が大きくなっていき、世界はどうなるのだろうか?国際情勢が一番気になった。
★7 - コメント(0) - 1月2日

シリーズものでも前作は読んでいない。こう推理するみたいなわかりやすいシーンもあり、親切設計になっている。でも、よく練られた作品となっていて、最後の最後まで楽しむことができた。少し懐かしい感じがする警察小説でもあった。
★11 - コメント(0) - 1月2日

ウミネコさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

2016年12月の読書メーター 読んだ本の数:17冊 読んだページ数:7058ページ ナイス数:514ナイス ★12月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★5 - コメント(0) - 1月1日 16時57分

著者グラフ

最近読んだ著者:スティーヴン・キング 道尾秀介 住野よる 梶永正史 村田沙耶香 麻見和史 薬丸岳 アンジェラ・ダックワース 松岡圭祐
ウミネコさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)