seven

sevenさんの1月の読書メーター
記録初日
2015年01月10日
経過日数
772日
読んだ本
125冊(1日平均0.12冊)
読んだページ
42544ページ(1日平均37ページ)
感想/レビュー
73件(投稿率58.4%)
本棚
0棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(73件)

数年前のドラマを見ていたので内容は何となく知っていました。だいぶ原作通りだったのですね。すっかりドラマ配役で読んでしまいました。空井さんとリカは恋愛関係にはなりませんでしたね。今後はわかりませんが。有川さんの本にしては、甘甘な恋愛話は無く、ちょっと残念。自衛隊物はこれで全部読み終わってしまいました。よかったなあ。また書いて欲しいです。
★11 - コメント(0) - 2月15日

一気に一日で読みました。依頼人の萩谷敏子さんはだんだんたくましくなって、でも相変わらず優しく大きな母性の人で、登場の頃のイライラする感じではなく頼れる感じになっていくのがとても好ましかったです。前畑さんもいい夫と敏子さんのおかげで真相にたどり着けたのでしょう。等君の絵の謎がわかったのは良かった。でも「あおぞら会」のような一見素晴らしい趣旨の団体の暗部って、普通のものより恐ろしい。善意って裏があるのかなって思ってしまいそうです。でも手に負えない肉親はどうすればいいのかは私にもわかりません。切ないですね。
★8 - コメント(0) - 2月14日

前畑滋子さんがまだ「模倣犯」事件の事を引きずっていて、等君の「山荘」の絵が出てきた時はどんな展開の話なの!?と思いました。茜という少女と本編と少し違う「断章」の話が出てくるのがなにかとても不吉で怖かったです。やはり上巻だけじゃさっぱりです。すぐ下巻読みます。
★10 - コメント(0) - 2月13日

映画化を知り、原作を読みました。なんかじわじわ怖かったです。関係者への取材で語られる被害者の人となりや過去のエピソードは、特別に異常だったりしない、それこそありそうな事ばかりだし、その話し方もリアルで、私が聞かれる立場になってもこんな風に面白そうな、というか相手が食いつくだろう話題を自分は決して悪意は無かったのよ、という風に話すだろうと思います。知り合いが惨殺された事ですら持ちネタのように話す人、多いと思います。田中兄妹、どうなるんだろう。映画見たいけど、怖いかな・・・
★16 - コメント(0) - 2月7日

読みました。「そして生活はつづく」「働く男」に比べて読みでがありました。やっぱり病気の事を綴った部分があったからだと思う。重病だったんだね。戻ってきたのはすごい事だったんだね、と今更思って涙出ました。今私もちょっと健康に不安があるけど、立ち向かって帰ってきてやる!と思っています。勇気とエロをありがとう。
★14 - コメント(0) - 2月4日

「塩の街」「海の底」「空の中」を読んでいたので、とても嬉しい話ばかりで一気に読んでしまいました。私は冬原さんが好きかな~。続かないだろうけどf(^_^;。夏木さん以外はみんな出来た男達で迷いますな~(何を!?)また、自衛隊シリーズ読みたいです。
★8 - コメント(0) - 1月29日

映画に興味がありましたが、恐そうだったので本を読む方を選びました。高倉の隣の西野は性格破綻者なのでしょうが、犯罪に対する情熱を感じるほど面倒くさい時間のかかりそうな事をしていて、これが仕事なんだな~と思うとまっとうな方向へ行けば優秀な人なんだろうと思いました。一見普通の人では「危ない人」だとわからないので怖いです。野上が実は最低な男だというのががっかりでした。それにしても高倉の活躍はほぼ無かったです。犯罪心理学って役に立つのでしょうか?
★6 - コメント(0) - 1月27日

「ひざの上の映画館」の映画を観てから、もう一度読んでみようと思います。「歌う男」としての星野さんも追求する一年にする予定です。源サマ、最高!!
★14 - コメント(0) - 1月16日

sevenさんの感想・レビュー

読み終わった本(125冊)

愚行録 (創元推理文庫)
3710登録
働く男 (文春文庫)
2789登録

sevenさんの読み終わった本

積読本(3冊)

宿命 (講談社文庫)
13834登録
分身 (集英社文庫)
12300登録

著者グラフ

最近読んだ著者:有川浩 宮部みゆき 貫井徳郎 星野源 前川裕 伊坂幸太郎 真山仁 小池真理子 東野圭吾 よしだあつこ
sevenさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)