thinkeroid

thinkeroidさんの12月の読書メーター
記録初日
2007年08月28日
経過日数
3436日
読んだ本
1637冊(1日平均0.31冊)
読んだページ
401739ページ(1日平均72ページ)
感想/レビュー
330件(投稿率20.2%)
本棚
454棚
性別
血液型
O型
職業
専門職
自己紹介
電子化されていない本は、存在すらしていないのと同じだ。
即読にまさる速読なし。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(330件)

はじめてブギーポップシリーズを読んだ。
- コメント(0) - 1月18日

ほとんど一気だった。全編にあらわれる聖書のモチーフのうえに、僅かずつ明らかになっていく情報と信仰のもたらすサスペンスの描き出すドラマがあざやかで圧倒された。
★15 - コメント(0) - 1月10日

「The world is…」がいいな。
- コメント(0) - 1月10日

ひとは(または自分の子供は)訓練すれば誰でも絶対音感が身につくのか、という思いを胸にこの本を手に取る人が多いかもしれない(私もそれに近い)。科学ノンフィクションの定番と目されているかと思うが、人間が音楽という藝術に相対することの歓びと苦しみを、たまたま「絶対音感」という現象を補助線として全的に描き出そうとする、強い感動を惹起する傑作だった。そういう意味で決して「科学」の本ではなく「人間」の本だと思う。ノンフィクションにありがちな通説のおさらいではなく、著者自身の苦闘として描かれているのも素晴らしい。
★3 - コメント(0) - 1月9日

読んだ記憶なかったから、また楽しめた。
- コメント(0) - 1月7日

読んで楽しいかというより、作者がストーリー構築を試作したプロトタイプのようなもので、登場人物や、絶望という概念そのものが抽象的なラベルに留められている。
- コメント(0) - 1月6日

(無機?)化学についての一般向けのいい本が(物理学のそれがいくつも挙がりそうなのにくらべると)割と少ないなと以前から感じ、それは化学の「法則性」と「多様性」を結びつけることなのかと思っていたが、サックスはそれを一人称視点でみごとに乗り換えたのだと思ったし、俺も実験したかった。せめてこの本のフル図録版があればこの上なく素晴らしいだろう!
★3 - コメント(1) - 1月4日

全部読みたいー
- コメント(0) - 1月3日

thinkeroidさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

2016年おすすめランキングはノンフィクション/一般向け科学書が中心で、小説離れを色濃く映した。 リンク
- コメント(0) - 2016年12月30日 20時04分

著者グラフ

最近読んだ著者:雨宮黄英,無一文 ピーター・B・メダワー 三上延 海野つなみ 上遠野浩平 弐瓶勉 池波正太郎 村田沙耶香 蒔野靖弘 貞本義行
thinkeroidさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)