ミド

ミドさんの2月の読書メーター
記録初日
2015年06月12日
経過日数
653日
読んだ本
602冊(1日平均0.92冊)
読んだページ
178130ページ(1日平均272ページ)
感想/レビュー
474件(投稿率78.7%)
本棚
0棚
性別
自己紹介
読んだ本の内容は1年くらいで忘れてしまうので、ミステリーでも何度でも楽しめます。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(474件)

千代ちゃんと花歩の互いを気にしながら微妙な距離を保っている関係がすごくいい。「浮瀬の月」浪花の食べ歩きはいいなあ。謎だった船の絵も解決し、佐名の縁談も決まって、花歩の周りが大きく動き出す。続きが楽しみ。
★2 - コメント(0) - 3月24日

いまいちときめかない。悪魔のヴァルサスはエリアルを溺愛しているわりには愛が感じられない。エリアルもヴァルサスを邪険にしすぎ。悪魔の力に頼らないといってもピンチのときくらいはヴァルサスを呼んでもいいのに。フレイ王子も当て馬としても弱いなあ。かわいいペットと思いきや……のティグルの設定は好き。
- コメント(0) - 3月23日

1話の「老舗の味」のような普通の探し物がいいんだけどな。ドンパチにドラッグと犯罪がらみでブラック旅人も出てくる。暗い話ばかりではないこのバランスは好き。嗅覚が戻ったと喜ぶ旅人が切ない。
★4 - コメント(0) - 3月22日

家庭環境に問題があるという雪弥さん。少なくとも祖父と叔父には愛されているとわかって安心しました。香乃と雪弥さんは今は親のことで悩んでいても、いつか三春おばあさんのように語れる日がくるといいなあ。人の心の動きを香りとした感じるという香乃は、超能力というより代々先祖から受け継がれた血の結晶という印象で本人が思っているほど異質には感じられない。香道の道に進むというのも有りだと思うのだけど、本人がチートな力だと感じているから難しいのかなあ。
★3 - コメント(0) - 3月21日

好きだったドラマの本を見つけて購入。ドラマの中の1話(あるいは映画化狙いだったのか?)のようなオリジナルストーリー。小栗旬と青木崇高のコンビで脳内再生しながら読みました。特別検視官の出番が多かった。当時の波瑠では違和感あったけれど今なら適役。設定上シリーズ化ができなかったのは残念だけど、単発SPドラマとして復活しないかな?と今でも淡い期待を捨てきれないドラマです。
- コメント(0) - 3月20日

鎌倉で聞香というと「丘の上のミッキー」を思い出す。十和子さんじゃないけど、雪弥さんと香乃はさっさとくっついてもらわないと周りが迷惑する。香乃は特殊能力のせいで両親に愛されなかったと感じているようだけど、妹の反応を見るといろいろと誤解がありそう。親は子供が思うほど大人じゃないこともあるからなあ。ゆっくりともつれた糸をほどいていってほしい。
★3 - コメント(0) - 3月19日

若様たちのお見合い。うまくいった人とそうでなかった人も。目立つキャラほど難しいよねえ。沙羅もそろそろお年頃というこの時に大きな決断。さすが成金御当主の娘だ。まだまだ話は続いてほしいけれど戦争の気配が感じられるので不安。
★3 - コメント(0) - 3月19日

テレホンカードを使うのにも躊躇した探偵はスマホに何を思うのか。身代金の受け渡しは緊張感があってよかったけれど、誘拐の真相が……。少女の遺体の描写がひどかったからよけいにつらい。
★4 - コメント(0) - 3月18日

ミドさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:岡篠名桜 あすか 山口幸三郎 阿部暁子 古川春秋 畠中恵 原りょう 篠田真由美 愛川晶 真保裕一
ミドさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)