Juni

Juniさんの2月の読書メーター
記録初日
2015年06月13日
経過日数
652日
読んだ本
469冊(1日平均0.58冊)
読んだページ
127931ページ(1日平均159ページ)
感想/レビュー
360件(投稿率76.8%)
本棚
2棚
性別
年齢
48歳
職業
事務系
現住所
愛知県
URL / ブログ
自己紹介
中学高校時代は井上ひさしをよく読んでました。
合唱をやっていたこともあり、詩も読んでました。谷川俊太郎、吉原幸子、西脇順三郎、草野心平など。
20台後半から30代は自己啓発本にハマっていました。
今は古典的な名著を中心に読んでいます。
ジャンルは文学・哲学・歴史を中心に、自然科学の方面も徐々に広げていけたらと思っています。
2015年に読書メーターに登録してからというもの、古典的名作というものをほとんど読んでいないということを気づきました。
2016年に入ってからようやく海外文学にも手を伸ばし始めました。
2017年からひと月100冊以上の多読に挑戦しています。
2017年2月100冊達成したので、今度はひと月300冊に挑戦中。多読による人格の形成を試みています。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(360件)

かこさとしさんの絵本。これは完全に科学の本。ノミの飛ぶ高さから始まり、最後は宇宙の果てまで広がる。想像力、見果てぬ夢、様々なことを感じずにはいられない。子供と一緒に読んでもいいし、大人だけで読んでもいい。こういう絵本を読むと、子供に読ませたいと素直に思う。大傑作。
★7 - コメント(0) - 3月25日

ザックリ読もうと思ったら意外とじっくり目に読んでしまった。さすが山川出版社だけあって、記述に過不足がない。教科書的なのでもっと深く書いて欲しいところもあるが、それはそれぞれの歴史本を当たれば良い。この本ではあくまでも概略を学び直すきっかけになればいい。出口さんの世界史本より私はこの山川世界史を推します。
★20 - コメント(0) - 3月24日

再読。お金で換算できない見えない財産も100年人生には重要。
★18 - コメント(0) - 3月24日

再読。「日本語のために 」を読みつつこの本も読んでいる。言語が国家によって弾き出される、或いは方言としてとしか生きることができなくなる。
★19 - コメント(0) - 3月24日

いつの時代も後悔先立たず。
★20 - コメント(0) - 3月24日

いまだにアメリカをハリウッド映画のイメージでしか捉えていない人は稀かもしれないが、アメリカン・ドリームに象徴される自由の国というイメージは極々一面的だということは明らかだ。差別あり、暴力あり、病める国でもある。アメリカという国を改めて知る上でこの本はお勧めできる。
★25 - コメント(0) - 3月24日

再読。大著だけあって考えることがたくさんある。
★21 - コメント(0) - 3月24日

笑えた。こんな本読んだことがない。整然と書かれているのに、良い意味で凄く脳に負荷が掛かっているのを実感できる。全然意味がわからないのに美しいと感じる。コムズカシイなんて思わず気軽に本と戯れるような気持ちで読むと楽しい。何度も読みたい。
★25 - コメント(0) - 3月23日

Juniさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

今月の読書冊数が100冊超えた。朝読書が1日の活動のはじまりという習慣が5ヶ月過ぎた。体調も良いので脳を使うこともエクササイズの一つと思える。これからもこの調子で過ごそう。
★21 - コメント(0) - 3月24日 12時57分

おはようございます。昨晩は高校生の娘とAI人工知能の話をしていたら、止まらなくなり、娘の好きなperfume論に及んで寝るのが遅くなってしまった。今朝は寝坊してしまい、早朝読書はできず。でも今日は春分の日で一日中ヒマなので昼寝と読書三昧の予定です。
★12 - コメント(0) - 3月20日 8時19分

Juniさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:加古里子 リンダグラットン,アンドリュースコット 田中克彦 セネカ 猿谷要 西田幾多郎 ウィトゲンシュタイン 陳舜臣 池田晶子 カント
Juniさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)