Juni

Juniさんの1月の読書メーター
記録初日
2015年06月13日
経過日数
625日
読んだ本
347冊(1日平均0.41冊)
読んだページ
92370ページ(1日平均109ページ)
感想/レビュー
251件(投稿率72.3%)
本棚
2棚
性別
年齢
48歳
職業
事務系
URL / ブログ
自己紹介
中学高校時代は井上ひさしをよく読んでました。
合唱をやっていたこともあり、詩も読んでました。谷川俊太郎、吉原幸子、西脇順三郎、草野心平など。
20台後半から30代は自己啓発本にハマってしまい、読書としては実りがあまり多くなかったという反省をしています。
今は古典的な名著を中心に、じっくり読む読書を心がけています。
ジャンルは文学・哲学を中心に、自然科学の方面も徐々に広げていけたらと思っています。
2015年に読書メーターに登録してからというもの、古典的名作というものをほとんど読んでいないということを痛感している始末。
2016年に入ってからようやく海外文学にも手を伸ばし始めました。
10年以上精神疾患(愛着障害?)にかかっているので、読書が手につかない時期もありますが、マイペースに進めています。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(251件)

再読。読書術というより、ふたりが各ジャンルのおすすめの本を語り合うというもの。どちらも相当な読書家ゆえ、紹介される本も冊数はもちろん内容も濃い。
★5 - コメント(0) - 2月26日

なかなかバタイユの解説本がなかったので、読んでみた。小説・眼球譚の強烈な印象から性的倒錯、淫蕩生活のいわば反道徳人間というイメージがあったが、それは間違いではないようだ。が、ニーチェ、ヘーゲルの哲学からの影響と超克、ハイデガーとの関係、戦争後の政治的な主張…守備範囲は思いのほか広かった。なかなか一筋縄ではいかない人物だが、眼球譚以外の著書、無神学大全、エロスの涙あたりも読みたくなった。
★8 - コメント(0) - 2月26日

積読からようやく解放。3回ほど通読。西洋編は既読。著者の力強くわかりやすい文体語調は変わらず。しかし東洋哲学は理詰めでないので文字から解説するのはなかなか骨が折れたのではないかと察する。分量も多いので、大枠を掴んでみただけだが、かなり読みごたえもあるし、東洋哲人をかなり理解できる本だと思う。文庫版も出たようなので、そちらで読んでもいいかも。力作です。
★9 - コメント(0) - 2月26日

絵本。おじいじちゃんと孫のあまりの優しさに泣けちゃう。
★10 - コメント(0) - 2月26日

カントの哲学のエッセンスを凝縮してある。カントというと難解すぎるという勝手なイメージを作り上げていたが、いやそうでもないぞ、むしろコペルニクス転回などは今も常に自分自身の思考判断には必要な考え方だと思うようになった。
★13 - コメント(0) - 2月26日

コーチングの名著。ものすごく簡単でものすごく深い。かなり詳細に書いてあるので、何度も繰り返し読み、実践していきたい。
★9 - コメント(0) - 2月26日

何度でも読む。憲法は我々国民の権利や自由を守るために国家を縛る道具なのだ。国民は憲法を守る義務はない。読むとわかる。トロツキーやマックス・ウェーバーが言っていた「国家は暴力を根拠にしている」という言葉から憲法を読み直すと、国家の危険性は火を見るよりも明らか。憲法は国家を監視するのだ。
★20 - コメント(0) - 2月25日

宇都出さんの速読関連で読んでみた。高速大量回転は勉強に応用するのも有効。簿記の勉強に応用するかな。
★16 - コメント(0) - 2月25日

Juniさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

今日は昨晩の強風のためか、体のあちこちが痛い。おそらく気圧の谷間、変化が体に影響していると思う。ラジオ体操で多少は緩和したが、まだしんどい。通勤電車は座って行きたいので少し遅刻して出社する。
★13 - コメント(0) - 2月21日 8時51分

今日はかなり飛ばして読んだので、脳みそが疲れた。夜は再読本を読んでクールダウンしていこう。
★7 - コメント(0) - 2月18日 15時37分

Juniさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:佐高信,佐藤優 酒井健 飲茶 いとうひろし 石川文康 ルー・タイス 伊藤真 宇都出雅巳 オイゲン・ヘリゲル プラトン
Juniさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)