suoyimi

suoyimiさんの2月の読書メーター
記録初日
2005年01月01日
経過日数
4469日
読んだ本
502冊(1日平均0.11冊)
読んだページ
112843ページ(1日平均23ページ)
感想/レビュー
192件(投稿率38.2%)
本棚
0棚
性別
職業
IT関係
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
読書メーターには文字制限内で感想を書いています。

制限を超える感想はブログの方で紹介しています:
http://blog.livedoor.jp/suoyimi/

読書グラフ

最近の感想・レビュー(192件)

ビジネスで海外に出張したときに、ビジネス相手はどこのホテルに泊まるのかを見ているとのことです。そのため、考えもなしに安いホテルに泊まったりするよりも、ある程度しっかりとしたホテルに泊まるべきだと本書では紹介しています。安いホテルだとセキュリティー面で心配があったり、万が一の対応が不十分だったりする可能性があるというのも一因です。 本書では日本人が苦手なチップについてもしっかりと紹介されています。
★1 - コメント(0) - 2月22日

国連職員として60か国以上の人たちと一緒に働いている著者が、自分の経験をもとに、世界の人たちとグローバルに働くコツを紹介しています。 英語の勉強の仕方については、まずは聞く力をつけるのが最初といいます。中高でやったような詰め込みの文法は基本的な理解で十分です。聞く力の次は、読む力です。その次は話す力。最後に書く力になります。これらは一度にマスターするのではなく、スパイラルに力を伸ばしていくことが大事です。日本人は完璧主義な傾向がありますが、完璧を求めず少しずつインプット・アウトプットしていくのが近道です。
★1 - コメント(0) - 2月20日

スーパーコンピュータを作り出すほどの天才プログラマを主人公にした珍しい小説です。最初、理系ミステリー作家の森博嗣の作品に近い印象を受けましたが、一味違います。より理系的な固い内容が多い一方で、日本神話や和歌を散りばめることで華やかさも出しており、小説として読みやすい内容になっています。 主な時代背景は現在の2017年近辺です。2025年に人工知能が人を超える、いわゆる「シンギュラリティ」に向けた主人公のスーパーコンピューターの開発にまつわる出来事をテーマにしたフィクションです。
★3 - コメント(0) - 2月18日

子供が自分で考えた夢に気づくと、自ら必要な勉強をしてくれます。 まずは自分の夢を持ち、それを色紙などに書いて他の人が見れるようにします。そうすることで意識が変わり、その夢を実現するためには、どんな勉強をしないといけないのか、どんな高校、大学に行かないと行けないのか、などが見えてきます。グローバルに働くのなら、異文化や英語を勉強する必要があると考えるかもしれません。 受験勉強中心の学習から、こういったやる気を重視する教育が注目されています。今後も動向に注視したいです。
★1 - コメント(0) - 2月16日

いきなり考えもなく独立すると大変な思いをします。会社という看板があっての付き合いが、個人になると通じなくなることも多々あるといいます。 ある分野で活躍している人が事例として紹介されているのですが、ほとんどの章がそういった事例紹介になっています。事例紹介としては参考になるのですが、「フリーで働く前に~」というタイトルとは関係が薄い気もします。 本書で作者が言いたかったことは「個の力」だと思います。個の力、つまり個人個人の力を意識することが大事です。
★1 - コメント(0) - 2月14日

ゲームばっかりやっていないで勉強終わったの?」とか「明日の用意はもう済んだの?」と問い詰めてしまいがちです。 子供からするときちんと話も聞いてもらえずに問い詰められてばかりでは、そのうち話す気もなくなってしまいますし、勉強すらやる気もなくなってしまいます。 自発性が出るようになるには、積極的に傾聴することが大事です。 傾聴は子供との関係だけでなく仕事上でも役に立つと言われています。普段から傾聴を意識したいですね。
★1 - コメント(0) - 2月12日

グローバル化が進み、変化が激しい時代に「最後まで生き残る」にはどうしたら良いかについて筆者の考えが紹介されています。 筆者曰く、ビジネス英語のコツは以下の3つです: 1) 主語と目的語を明確にする 2) 受動態は極力避ける 3) 過去形と完了形を使い分ける 「ビジネス英語」について本書で言いたいことは最初の20ページの中に出てくるこの3つだけです。それ以外の章は英語というよりはグローバルにビジネスする上での心構えが中心になっています。
- コメント(0) - 2月8日

ホームページやブログなどのアクセス解析に便利なGoogle Analytics。色々なアクセス解析のデータが取れるのですが、設定項目や表示項目が多いので、使いこなすのは大変です。 本書はタイトルにもありますがGoogle Analyticsの使い方をストーリー形式で優しく教えてくれます。法律事務所を立ち上げたばかりの若手税理士が、ホームページを改善しながら顧客を増やしていく様子がストーリー形式で説明されています。
★1 - コメント(0) - 2月6日

suoyimiさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:株式会社アップルワールド 田島麻衣子 さかき漣 高岸実 中山マコト 松本文男 鮫島活雄,沢渡あまね,水谷弘隆 丸山耕二 久賀谷亮 関行宏
suoyimiさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)