し ま し ま

し ま し まさんの2月の読書メーター
記録初日
2015年07月11日
経過日数
624日
読んだ本
36冊(1日平均0.06冊)
読んだページ
10527ページ(1日平均16ページ)
感想/レビュー
30件(投稿率83.3%)
本棚
1棚
性別
自己紹介
ブクログからお引越し中。
今までの人生で読んだ本を、
可能な限り思い出して記録しようという
無謀な試み。

公園に本を持っていくような
子供時代を過ごしたわりに
だんだん読書量が減っているのが悩み。
あとKindleが使いこなせないことも。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(30件)

なんか今回は入り込むまでに時間がかかった。どうしてだろう。
★17 - コメント(0) - 3月19日

文庫が出るまで待ちきれなくてkindleで購入して一気読み! 「夜行」の世界と「曙光」の世界、もともとふたつあったのか、火祭の夜に分岐したのか。
★23 - コメント(0) - 3月16日

書簡形式で進んでいく物語というと「あしながおじさん」を思い出す。相変わらず森見ワールド全開で、何だかんだ言ってもみんな主人公である守田くんが好きなのね、と電車の中でニヤニヤしながら読んでしまった。
★14 - コメント(0) - 3月16日

読んでるあいだずっと、狸たちが所狭しとあたまのなかを駆け巡る。 底抜けに阿呆で、かわいくて、時々ほろりとする一冊。
★15 - コメント(0) - 3月13日

筒井作品で今のところいちばん好きな作品。 自らのルールを徹底して遵守して生きていく主人公と、 その日常の徹底的に詳細な描写が面白い。
★2 - コメント(0) - 3月13日

特に心に残ったのは ・情報は生鮮食品と同じ ・生でも加工してもよい、新たな料理を作ることもできる ・情報化社会を生き抜くためには供給側に回ること ・ずっと情報ばかり食べていると”情報メタボ”になってしまう ・受信側が意図的に取捨選択をし、あらたな創造をして供給側に回る
★4 - コメント(0) - 2月19日

「堺さんの映画の原作だよなー」くらいの気持ちで購入。 この本に出会うまで、南極での食事なんて 保存の利く宇宙食みたいなものなのかと思ってたけど、 ちゃんと(?)調理してるとは! そして食材だけ見ると、なんという贅沢さ。 でもよくよく考えると、南極では食事は大事な大事な楽しみなんだよな。
★3 - コメント(0) - 2月13日

他の山崎豊子さんの作品とは違った作風で面白かった。周囲を気にすることなく自分の信念、生き方を貫き通すムッシュクラタが読んでいる分にはすがすがしいが、クラタ氏が生きた時代だったからこそ許容された部分もあるし、実際に自分と近しい人だったら大変だったろうな。
★3 - コメント(0) - 2月11日

し ま し まさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:村上春樹 森見登美彦 筒井康隆 羽生善治 西村淳 山崎豊子 小川糸 西原理恵子,高須克弥 鷺沢萠 湊かなえ
し ま し まさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)