ニコ ロビン

ニコ ロビンさんの1月の読書メーター
記録初日
2015年08月14日
経過日数
556日
読んだ本
113冊(1日平均0.2冊)
読んだページ
39106ページ(1日平均70ページ)
感想/レビュー
113件(投稿率100%)
本棚
6棚
性別
年齢
1歳
血液型
A型
自己紹介
★★★★★感動、号泣、衝撃、眩しい、何度も読みたい、おすすめしたい傑作
★★★★☆かなり面白い、十分に楽しめる、名作
★★★☆☆普通に面白い、楽しめる
★★☆☆☆ちょっと難しい、わかりにくい、共感しにくい
★☆☆☆☆合わない、途中で諦める

読書グラフ

最近の感想・レビュー(113件)

★★☆☆☆とても苦しく感じた。主人公アイの苦しみが伝わってきて、自分の存在する意味など考えたことがなかったと実感。読後Googleでシリアのことを検索するとアイラン君の写真も存在し、それ以上に痛ましい悲劇を目にする。この地獄を生きるために生まれてきたのか。バツ2のユウが悪い人じゃなくて良かった。心が痛い作品。
★52 - コメント(0) - 2月14日

★★★★☆なんの疑いもなく蓬莱倶楽部との悪戦苦闘にヤキモキしながら読み進めてたら、何?誰?何の話?騙された?うそー?って展開です。叙述トリック!!!楽しく読めました。
★39 - コメント(0) - 2月10日

★★★★★最近良い本に出会う確率が高い。いい状態で読書できてるってこと。読み始めていきなり心をつかまれた。これ以上の盛り上がりはあるのかと心配になった。今川のおじさんの言葉が印象的。三時間後の君、涙がとまっている。二十四時間後の君、涙は乾いている。二日後の君、顔を上げている。三日後の君、歩き出している。失恋からのスピーチとの出会い、ライバル出現、成長ストーリーでもあり、恋愛も存分に楽しめました。ラストシーン、ワダカマとの披露宴にこちらも照れくさく感じました。結婚式前に読みたい傑作第1位!
★57 - コメント(0) - 1月27日

★★★☆☆タイトルと表紙がいい感じ。温かい家族の話。父親1人1人個性的でそんな父親たちに育てられた由紀夫はいい子だ。
★32 - コメント(0) - 1月22日

★★★★★涙なしには読み進められなかった。ラストも満足でした。エピローグも良かった。脳死について勉強になった。自分の臓器提供意思表示についても考えないといけない。
★53 - コメント(0) - 1月14日

★★★★★多くの人に読んでもらいたいホッとする本でした。命より大切なものなんてないんだよって、当たり前のことがわからなくなる。追い詰められる。ヤマモトの正体も意外でしたが良かったです。
★73 - コメント(0) - 1月10日

★★☆☆☆全体的に理屈っぽい印象。不完全燃焼。
★38 - コメント(0) - 1月10日

★★★★☆伊坂幸太郎のデビュー作。外界から遮断されている荻島、喋るカカシ優午、拳銃で人を殺す桜、外界と島を行き来できる轟、嘘しか言わない元画家、サイコパス城山。島に欠けているものとは。他にはない不思議な世界感に引き込まれた。
★52 - コメント(0) - 1月3日

ニコ ロビンさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで小説すばる新人賞受賞「星に願いを、そして手を。」の献本に応募しました!締切は2月16日!応募はこちら→ リンク
★6 - コメント(0) - 2月9日 19時51分

2017年1月の読書メーター 読んだ本の数:6冊 読んだページ数:2129ページ ナイス数:434ナイス ★1月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★12 - コメント(0) - 2月3日 16時29分

著者グラフ

最近読んだ著者:西加奈子 歌野晶午 原田マハ 伊坂幸太郎 東野圭吾 北川恵海 又吉直樹 重松清 横山秀夫 新海誠
ニコ ロビンさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)