rizu

rizuさんの12月の読書メーター
記録初日
2014年09月04日
経過日数
871日
読んだ本
136冊(1日平均0.16冊)
読んだページ
45361ページ(1日平均52ページ)
感想/レビュー
124件(投稿率91.2%)
本棚
6棚
性別
血液型
A型
職業
主婦
自己紹介
皆さんの感想が素晴らしくて読みたい本が日々増えていってます。
それなのに、自分の読むスピードが追いつかないというジレンマをかかえています。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(124件)

自分の今いる場所を題材にするというのは書きづらいのではないか、と思うが逆にリアリティが出るのかも。神谷の特異性は芸人ならではなんだろうか?徳永の純粋さはわかりやすかった。
★26 - コメント(0) - 1月19日

時系列がバラバラなのは意味があるのか、世界史に疎いので最初は読みづらかった。途中映画の話に変わってからは慣れてきてどんどん読めた。早速名作と言われるアマデウスを借りてきた。
★8 - コメント(0) - 1月15日

朝井さん、初読み。面白かった。世にも奇妙なテイストで語られる短編集。ラストの話にいたっては前のページを何度か見返してしまった。遊び心のある作品。
★20 - コメント(0) - 1月13日

久しぶりに本を読んで泣いた。賢いけど可愛げのない女の子と彼女をとりまく3人と一匹の友達。ピュアで傷つきやすい子供時代に大人達からもらう優しさ。幸せとは?私もあらためてその問いに想いをはせた。
★48 - コメント(0) - 1月9日

黄色いアサガオに隠された秘密。負の遺産の重みと覚悟をまだ若い時から背負わされる血脈。夢幻花に惑わされた人々が事件の解決ともに再出発していくよう祈りたい。
★30 - コメント(0) - 1月8日

すごく面白かった。執行間近の死刑囚の冤罪をはらすという仕事を請け負った刑務官の南郷と仮釈放中の純一。「階段の記憶」から導き出されたものは?死刑制度のあり方や執行者の苦悩。予想を覆す展開に先が知りたくて一気読みしてしまった。
★33 - コメント(0) - 1月8日

磯野波平を探して、は切ない中に笑いが込められてクスッとさせられた。どれも温かみのある家族の物語。プラスチック・ファミリーのラストの言葉は年をとるほど嬉しい気がする。
★15 - コメント(0) - 1月4日

真相はそうなるだろうな、というものだったけど、検察業務の過酷さが浮き彫りにされた気がした。そして冤罪を生み出す負の連鎖を想像するととても怖い。
★22 - コメント(0) - 1月1日

rizuさんの感想・レビュー

積読本(1冊)


読みたい本(1冊)

罪の声
2643登録

著者グラフ

最近読んだ著者:又吉直樹 中野京子 朝井リョウ 住野よる 東野圭吾 高野和明 荻原浩 下村敦史 芦沢央 村田沙耶香
rizuさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)