菜さんの2月の読書メーター
記録初日
2016年01月01日
経過日数
448日
読んだ本
85冊(1日平均0.19冊)
読んだページ
25031ページ(1日平均55ページ)
感想/レビュー
72件(投稿率84.7%)
本棚
33棚
性別
年齢
14歳
職業
小/中/高校生
自己紹介
中学生です。
ほとんど毎週末、図書館で本を借りています。
海外文学が苦手なので、国内の作品ばかりを読んでいます。
最近は、特にラブコメが好きです。
よろしくお願いします!

2016/01/01 読書メーター開始
2017/01/01 読書メーター1周年!





読書グラフ

最近の感想・レビュー(72件)

芸人の中に蠢く力強い思いや、笑いを考え抜く必死さに引き付けられました。こんなにも、自分を一貫する事が難しいのかと感じました。また、時々出てくる笑いに、クスッときます。
★43 - コメント(0) - 3月19日

人間関係は難しいと感じます。自分は、人からの評価を結構気にするタイプだと思いますが、そういう事は、意に介さずという感じの奉太郎は、凄いと思います。また、やっぱり人当たりは強いんだなぁ…と感じました。今回は、新たに大日向さんが登場しましたが、いつも以上に面白かったです。距離感は、難しいけど大切だと思いました。
★26 - コメント(0) - 3月12日

どちらもスラスラと読めて、温かい話です。人を想うのは難しく、その想いに気付くのも難しいと感じました。真也の自分に対してフェアなところが、凄いと思いました。
★16 - コメント(0) - 2月26日

東京が武力侵攻され、大パニック。国家安全保障会議の場面から、法治国家ゆえに不自由な事もあるのかと気付きました。スピード感のあるアクションや、総理のスピーチは、鳥肌モノです。とても長い時間に思えましたが、この作品は一晩の出来事を描いています。実際に攻め込まれたら、日本はどこまで対応出来るのか、現実味のある怖さを感じます。
★17 - コメント(0) - 2月18日

首都直下型地震で日本が崩壊。すぐには信じがたい話ですが、作品のリアリティや全体を通しての切迫感などで、強い説得力を感じました。特に、ロバートをはじめとする米人の、日本を客観的に見て言った言葉は的を得ている感じがして納得しました。また、遷都が決まってからの展開は、パワーやスピード感があってワクワクしました。
★10 - コメント(0) - 2月4日

坂木さんと似鳥さん以外の方は初読みです。二人暮らしというと、恋人同士の生活しか思いつきませんでしたが、バリエーションに富んだ驚く様な暮らしもありました。特に、「十八階のよく飛ぶ神様」は、今まで読み進めていた作品が現実的で、急に神とか巨大百足とかが出てきて驚きましたが面白かったです。間取り図、結構見ちゃいますw
★22 - コメント(0) - 1月25日

短編集なので、たくさんのオチが楽しめました。一番は、「心あたりのある者は」です。千反田さんとホータローの掛け合いで、話が展開していってワクワクを感じました。また、バレンタインや雛祭りでは、古典部員四人の生活がピンク色に向かっていったような気がして楽しみです。
★27 - コメント(0) - 1月18日

題名の猫から、ほのぼの系の作品だと思っていましたが、人生や生と死などの重いテーマを描いていました。たくさんの教訓が書かれており、自分では改めて考えてもまだ気付かない価値観でした。「何かを得たら何かを失う」これも初めて気付きましたが、とても悲しいことだと思いました。一番印象に残りました。
★63 - コメント(1) - 1月3日

菜さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、事件×お仕事小説「憧れの作家は人間じゃありませんでした」の献本に応募しました!締切は3月23日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月16日 18時52分

【献本プレゼント】読書メーターで、窪美澄さんの最新作「やめるときも、すこやかなるときも」の献本に応募しました!締切は3月20日!応募はこちら→ リンク
★1 - コメント(0) - 3月13日 20時30分

菜さんのつぶやき

読んでる本(1冊)


積読本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:又吉直樹 米澤穂信 有川浩 安生正 高嶋哲夫 朝井リョウ,越谷オサム,吉川トリコ,坂木司,似鳥鶏,徳永圭,飛鳥井千砂,三上延 川村元気 垣谷美雨 伊坂幸太郎 井上悠宇
菜さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)