adoth

adothさんの2月の読書メーター
記録初日
2015年10月02日
経過日数
541日
読んだ本
55冊(1日平均0.09冊)
読んだページ
18827ページ(1日平均29ページ)
感想/レビュー
12件(投稿率21.8%)
本棚
3棚
性別
職業
大学生・院生
現住所
東京都
外部サイト
自己紹介
そこらへんにいる大学生です。
感想を書くのが苦手だから頑張って感想書いてます(笑)
255文字が遠い、、
長ければいいというものでもないか、、

ナイス!ありがとうございます!

読書グラフ

最近の感想・レビュー(12件)

面白かったし新鮮だった。飛鳥の立ち位置は「脇役」だと思っていた。しかし中盤になるにつれて注目してしまうのは飛鳥である。物語は神谷、響子、巽の視点で書かれているのに、舞台の上での飛鳥のように注目してしまう。「影」のはずなのになぁ。うーんうまい。また細かい描写がスピード感を生み出しており、テンポよく読めた。半分読んだあたりで、オーディションで響子と飛鳥の直接対決の展開だろ?見えた!と思ったが、まぁそこは流石、いい意味で裏切られた。形は想像と違ったがオーディションで響子と飛鳥の目があったときは鳥肌が立った。
★17 - コメント(0) - 3月7日

爽やかだった。そしてサラッと読める物語。高校生最後の行事でおこる葛藤、覚悟。そのどれもが青春だと思った。少し大人びてないか、とも思ったが進学校の生徒だし、まぁよしとしよう。融が捻挫して貴子と合流したところは小説ならではの展開だが楽しめた。そうこなくては、それを待ってたんだよとウキウキしてしまった(笑)貴子も融もいい友達を持っていて心温まる物語だった。一番好きなのは高見光一郎かな。いいキャラしてるよ彼。自分にも青春あったのかな、融みたいに気づかないだけかも、他人みたら青春ってこともあるって読み終わって思った
★45 - コメント(0) - 3月2日

これまで読んできた辻村作品の登場人物が存分にちりばめられている小説。 「しあわせこみち」では清水が生れて初めて味わう敗北感によっておこる気持ちの変化が素敵だった。 「アスファルト」は昭彦が自分を見つめ直す話。結構共感できるところがあった。 「チハラトーコの物語」チハラトーコの話。彼女も彼女なりの努力があり葛藤があったのか。決意の始点と終点が同じで、何も変わっていないが何かが変わったんだろう。明るいほうへ。 「樹氷の街」では「名前探し」の中学生時代が覗けて嬉しくなった。天木の気持ちの変化も見れてよかった。
★5 - コメント(0) - 2月24日

ジャスト20歳なので色々な方の話が聞けると思い購入。様々な年代、職種の方へのインタビューなので20歳の時が終戦時だったりバブル期といった、今と異なった時代を生きた方々の話が聞ける。たとえ時代に逆らうことになっても自分の好きなことにまっすぐに生きていく姿勢や行動力をみなさん持っていると思った。20歳という人生の下積み時代をどう過ごすか考えさせられた。えり好みせず様々な人や事に挑戦いていこう。
★2 - コメント(0) - 2月21日

「学ぶ」と「考える」を分けること。知識を得ることは一時的には優位になるが相手が知識を有してしまえば優位性がなくなる。またインターネットが発達して知識を得ることが簡単になった今、「学ぶ」ことで優位性を生み出すことは難しくなっている。なので「考える」ことを鍛えることで優位性を見出そうと筆者は述べている。もっともな意見だと思う。しかし「学ぶ」ことを放棄してはいけないとも述べている。「学ぶ」と「考える」の塩梅が重要だと思った。語彙力を高めつつ、結論仮説を多く考えることを意識してみようと思った。
★1 - コメント(0) - 2月17日

「冷たい校舎の時は止まる」のスピンオフ作品ということで読んだが、どこから感想を述べればいいのか(笑)読後の余韻がとてもいい。「ロードムービー」ではトシもワタルもかっこよかった。「道の先」で切なくなったと思ったら「トーキョー語り」でおいおい展開オシャレ過ぎかよって驚かされたし、「雪の降る道」ではみーちゃん可愛いしスガ兄イケメンだしエピローグもこれまためちゃくちゃオシャレだし…やられた!!
★12 - コメント(0) - 2月17日

とても分かりやすかった。活性化関数や損失関数など何をどこでどう使うかあやふやなことが、この本を読んで明確になった。
★2 - コメント(0) - 2月9日

失敗を恐れずにチャレンジしていこうと思った。「後悔の大きな原因は失敗したことでなくチャレンジしなかったこと」。いい言葉だ。夢は逃げない、逃げるのはいつも自分ですからね。下手でも恥ずかしくてもいい、プレイヤーになってみようと思った。
- コメント(0) - 2月4日

adothさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:恩田陸 岡谷貴之 辻村深月 津田久資 斎藤康毅 デイルドーテン 浅田すぐる 稲葉翔平 海老原嗣生 田宮寛之
adothさんの著者グラフ

お気に入られ(2人)


ログイン新規登録(無料)