夜さんの2月の読書メーター
記録初日
2010年05月11日
経過日数
2512日
読んだ本
611冊(1日平均0.24冊)
読んだページ
142442ページ(1日平均56ページ)
感想/レビュー
526件(投稿率86.1%)
本棚
3棚
性別
血液型
O型
URL / ブログ
自己紹介
書店と図書館周りで生きています。


読書グラフ

最近の感想・レビュー(526件)

ロシアで生活した際のあれやこれやを描いたコミックエッセイ。レシピもあってうれしい。ビーフストロガノフを作ってみようと思う。ごはんに添えるのはロシアでやらないそうな。
★3 - コメント(0) - 3月15日

HONZから。堀江さん、どうやってこんなにマンガ読む時間を捻出しているのかしら。
★6 - コメント(0) - 3月12日

主人公シド巡査は担当区域山王寺を愛している。それはほぼ狂気に近く、住民からストーカー扱いされている。そんな彼だからこそ住人の変化や小さな違和感に気付けるのだ。店子の弱みを握り、奴隷にしてしまう話が個人的には怖かった。確かそんな事件実際にあったなぁ。
★6 - コメント(0) - 3月7日

ド嬢から。斎田さんはとてもかわいそうだった。家族は自分たちが守るからと言われ、渋々村を出て連絡に行ったのに、戻ってきたら妻子はクマに惨殺されていたなんて。
★10 - コメント(0) - 2月21日

父親の暴力、それを疎んじていたはずの息子がふるう暴力、暴力に巻き込まれて人生を変えられた人、通奏低音としての「暴力」に圧倒される。犯人サイドと刑事サイドに分かれて話が進むが、犯人サイドで語られる生い立ちや兄弟の絆、固い絆は一面呪縛でもあることを示すエピソード、強盗前後の緊張感に比べると、捜査陣の話は印象が薄いかな。
★14 - コメント(0) - 1月12日

最初の100ページはちょっと読むのがしんどかった。よくわからない地名とよくわからない武器の名前が並んでいて(´・ω・`)そこを過ぎたあたりから一気に読んだ。下巻へ
★12 - コメント(0) - 1月12日

いくつかのミステリランキングで上位に入っていたので読んでみた。とても面白く読了した。恥ずかしながらランキングみるまでこの作品ノーチェックだった。グリコ森永事件をベースに、事件を調べなおす記者と、図らずも事件に関わっていたテーラーの男性ふたりの視点で事件の核心にせまる。結構トントン拍子に情報が手に入っている感じなのに、このボリューム。 どれだけの情報がはいってるんですかって感じだった。文章も、章立ても読みやすくて一気に読めた。
★47 - コメント(0) - 2016年12月29日

久しぶりの古典部。漫研だったり、総務だったり、おのおのの事件が描かれている。以前解決した事件と関わりもあって、思い出しつつ読了しました。表題作である、えるのお話はなかなかヘビーな味わい。えるはどうしたのか、ホータローはなにかできるのか。書かれなかったその後が気になります。
★32 - コメント(0) - 2016年12月19日

夜さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターでジュエル・ミステリー「宝石商リチャード氏の謎鑑定シリーズ 1〜3巻セット」の献本に応募しました!締切は2月20日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 2月17日 20時25分

著者グラフ

最近読んだ著者:シベリカ子 堀江貴文 真藤順丈 吉村昭 アンデシュ・ルースルンド,ステファン・トゥンベリ 塩田武士 米澤穂信 若竹七海 長崎尚志 ウィリアムケントクルーガー,WilliamKentKrueger
夜さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)