kitten

kittenさんの2月の読書メーター
記録初日
2015年09月14日
経過日数
557日
読んだ本
451冊(1日平均0.81冊)
読んだページ
140333ページ(1日平均250ページ)
感想/レビュー
450件(投稿率99.8%)
本棚
2棚
性別
年齢
40歳
血液型
B型
職業
専門職
現住所
大阪府
URL / ブログ
自己紹介
 基本は図書館読みですが、
気に入った本は文庫で買いなおすこともあります。

感想に評価も入れていますが、小説の評価基準は、

星5・・・文庫買って、何度も読み直す
星4・・・図書館貸し出し期間中に二度読みする
星3・・・同じ作家の本があれば読んでみたい
星2・・・同じ作家の本を読むかどうか分からない。
星1・・・二度とこの作家には関わらない。

 2で普通、3なら高評価です。
評価4以上をつけるのは10冊に1冊もないです。

 自分の読書管理のため利用していますが、
娘(小学生)との共読本や、仕事用の学術書もあるので、
あまりまとまりのない構成になっております。

 本気で気に入った本は、ブログの方に感想上げてます。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(450件)

図書館本。 人にはない特殊能力をもつ、小学生の戦いの記録。 今までに読んだ辻村さんの作品のなかで、一番引き込まれて、 一番、一気に読まされた。 ぼくと、先生の罪と罰に対する対話がメイン。 小学生には難しすぎる話だと思うが、真剣に考えさせられた。 ぼくの結論は、小学生らしい幼稚さがあるけれども、 だからこそ心を動かされる。  先生の友人のお姉さんやお兄さんの名前が出てこないとか、 先生が最後に助けた力がわからないとか、 謎は残るけれど、それくらい考えなさいってことかな。 評価、星4
★13 - コメント(0) - 3月22日

図書館本。 掟上今日子さんのシリーズ、短編集、とでも言ったところか。 いや、今までも短編集と言えなくはないんだけど、 1巻、2巻と語り手は本ごとで統一されていたが、 本作は、事件と事件の間で重複する関係者はいないし、 語り手もバラバラ。 唯一の共通点といえば、警察関係者の依頼で今日子さんが でてくるところ、かな。(三つめはかなり怪しいが) 一話目が一番面白かった。忘却探偵にアリバイ証明を求めるなんて、 間抜けにもほどがある。w 評価、星2 今日子さん本人の謎は、解かれるのかな?
★14 - コメント(0) - 3月21日

図書館本。 13巻もかなり読むのに苦戦したが、本書はさらに苦戦した。 もう、読むのをやめてしまおうかと思うほど。 「背教者」ユリアヌスが、ただ一人の英雄として書かれているようだ。 これ、キリスト教側からみたら問題ないのかね?w この本の表紙はミラノ司教のアンブロシウス。 皇帝ではなく、司教である。 この本、第一部は皇帝コンスタンティウス、第二部にユリアヌス。 そして第三部は皇帝テオドシウスではなく、司教アンブロシウス。 すでに、皇帝すら脇役になっているということ。 最終巻、果たして読めるかな?
★8 - コメント(0) - 3月20日

図書館本。確定拠出年金の参考にかりてみたが、、 年利15%って税金の控除だけの話なのね。タイトル詐欺だ。w 具体的な運用方法はほとんどなし。入門書としてはともかく、実際の運用の参考にはならない
★5 - コメント(0) - 3月18日

図書館本。 3巻は、今までと異なり完全に一本の長編。日常の謎から離れたミステリ。決め台詞もなし。 事件そのものがかなりややこしい構成で、密室トリックまででてきたけれど、うーん。 そこそこ、いまひとつ。でも、続き読んじゃうのかな、評価、星2。ミステリもキャラも悪くはないけど中途半端。読み続けるのは私がコーヒー好きだからかな。w
★17 - コメント(0) - 3月18日

図書館本。 本好きの下剋上、第二部、神殿での話。 神殿、貴族の常識と、孤児院の常識、下町の常識、文化の違いで あちこちがえらいことになる。 現状では最大の敵となる神殿長は、陰に隠れたまま出てこない。 次くらいから本格的に邪魔してくるのかな? クライマックスは、ルッツの家庭問題。 言葉の少ない家族っているよねぇ……。 マインとルッツの関係はどうなんだろう。がっつり親友で、 二人とも全く恋愛意識なんかないけど(まぁ、まだ7,8歳だし) それよりもベンノの方が危ない。w 評価、星3.続きも読んでいく。
★19 - コメント(0) - 3月17日

図書館本。グラスホッパーの続編と聞いて予約した。 今回は、新幹線の中だけで、ほぼすべての事件が進行する。 っていうか、殺し屋たちのバトルロイヤルなんだが。 前作で生き残った人たちも、それぞれ活躍する。 前作よりも、気持ちの良い殺し屋が多かった気がする。 果物コンビもよかったし。 読後感はかなりよかった。最大の悪人(峰岸にあらず)が 最後どうなったかはわからないが、おそらくはろくな死に方も できなかっただろうと想像できる。 評価、星4.細かい伏線の回収とか、特に七尾のキャラが素晴らしい。
★27 - コメント(0) - 3月15日

図書館本。 一話目はヒリヒリするような恐ろしい話。 本当に骨になっても知らないぞ……。花房の謎は深まるばかり。 それにしても、悲惨な話ばかり寄ってくる主人公だ。 二話目は、一転してバカ話。w まぁバランス考えるとそうせざるを得ないんだけど、 私としては、こっちの路線の方が好きだなぁ。 評価、星2.最後まで付き合う覚悟はできているけど、 それまでにもひどい目にあうんだろうな。
★21 - コメント(0) - 3月13日

kittenさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、時代ミステリー「縁見屋の娘」の献本に応募しました!締切は3月16日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月10日 1時09分

山本弘さんのBIS第4部ネット連載が完結。 モラルを超越した衝撃のラストでした。 買うのは文庫化されてからかなぁ。。 リンク
★4 - コメント(0) - 3月2日 16時49分

kittenさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:辻村深月 西尾維新,VOFAN 塩野七生 竹川美奈子 岡崎琢磨 香月美夜 伊坂幸太郎 太田紫織 坂木司 似鳥鶏
kittenさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)