かおりん

かおりんさんの2月の読書メーター
記録初日
2015年11月19日
経過日数
491日
読んだ本
519冊(1日平均1.05冊)
読んだページ
128264ページ(1日平均257ページ)
感想/レビュー
522件(投稿率100.6%)
本棚
3棚
性別
血液型
O型
職業
専門職
現住所
兵庫県
外部サイト
自己紹介
読書記録に利用してます。ほぼ図書館本です。気に入ったら買うことも。時代小説と外国小説は苦手。予約本が重なって読む時間を見つけるのが大変(^_^;)

読書グラフ

最近の感想・レビュー(522件)

今の家族関係が普通と思っていても、近未来には違ったものになっているか?人を製造する社会は上手く機能していくんだろうか?夫婦間のセックスは近親相姦で、家族とは何か?子ども欲しいなら人工受精。外に恋人はいても家庭に恋愛を持ち込まない。あっちの世界でみんなで育てる「子供ちゃん」、かわいがる「お母さん」たち。猫カフェみたいな巨大「赤ちゃんカフェ」がこっちの世界にとって変わる。気持ち悪くてざわざわする。母は極端な人で違和感があるけど、むしろまともだったんじゃないか。雨音は母の話に洗脳されてなければ馴染めていただろう
★19 - コメント(0) - 3月22日

時系列がバラバラで読みにくい。握手をしたら一生友達ルールというところはほのぼのしてた。小学、中学、高校の同級生がトモダチ、友達の関係に悩みイビツになっていく。コーヒーと言う名のドラッグ、精製する教師、身を滅ぼしていく若者たち。テーマも題材も話の流れも好きではなくて流し読み。海斗はなぜ死ななければならなかったのか。巻き込まれて不運と片付けるのはあんまりだな。
★14 - コメント(0) - 3月21日

老いを感じていても、認知症と言われたくない義父。嫁の心配や残酷な言動も分かるけど現実はこうなのかもしれない。義父の日記や漢字テスト、時々挟まれる老いに関する記事の記述が胸に迫ってくる。数年前に亡くなった祖父も認知症で迷ったり病院に行きたがらなかったり、両親が困っていたのを思い出した。祖父もこの義父みたいな迷いや情けなさを感じてどうにもならなかったんじゃないかな。いずれは来る老いに備えておく必要はある。介護の仕事も携わる家族も本人も幸せに暮らせる社会であってほしい。
★24 - コメント(0) - 3月20日

相変わらず丁寧でやさしい時間を過ごされている内田さん。それにしてももう50代を迎えられているのにびっくり。服装やバッグを「もう似合わないかも」と自分でおしゃれの期限を決めない事にして、「今の自分」が選んだもので臆せずおしゃれを楽しむそう。これは内田さんだから出来るのかも。同じテーマで何冊も本を出していてすごい。
★13 - コメント(0) - 3月20日

村上和久は中国残留孤児の兄の正体を疑う。孫の腎臓移植の検査を頼むが断られたことから謎めく。全盲の和久の行動の危うさと、娘との確執、プロローグのコンテナでの密航、全てがラストで結びつく。母の心配は和久のことで、周りの人も守ってくれていた。兄はラストですごくいい人に見えて変な感じだった。実の兄も必死で生きていた。移植適合して、無事成功してよかった。自身で世界を闇で染めていたのが、希望の光に溢れたものになって良かった。
★25 - コメント(0) - 3月20日

短編アンソロジー。甘酸っぱさを感じる恋愛模様やミステリー。有川浩作品目当てだったけど、植物図鑑の1部だった。東野圭吾の「小さな故意の物語」は初期作品らしいが、上手い。学校屋上から転落死した達也の死を、親友の良が真相を調べる。達也の恋人洋子、達也に恋する女子、洋子を想う良。真相は偶然が重なった悲劇だった。初恋は残酷なものでもある。
★13 - コメント(0) - 3月19日

詩集。声に出せば言葉のリズムが伝わってくる、とあとがきの小寺さん。知っている詩もあり、小学生の時に音読したことを思い出した。「日本語であそぼ」のTVで耳にした「雨ニモマケズ」も好き。「君死にたもうことなかれ」は全文を初めて読んだ。「赤い林檎」は赤い林檎の夢をみた子どもに「いい夢を見たね、わすれないがいいよ、大人になれば二度とそんないい夢は見られない」と。「あめゆじゅとてちてけんじゃ」「じぼ・あん・じゃん」「のをあある とをあある やわあ」など言葉の響きがおもしろい。
★15 - コメント(0) - 3月19日

天才ピアニスト岬洋介の高校時代の殺人事件。山林を切り開いた土地に設置された高校というだけで何かありそうと思わされる。音楽科に転校してきた岬は眉目秀麗、頭脳明晰なのに自意識希薄。彼に魅せられた鷹村。豪雨で土砂崩れがおこり、孤立した中で、岬は救助を求めて麓へ。クラスメイトの遺体が見つかり、犯人の疑いがかかる。独自に調査して真犯人が分かるが、最後にどんでん返し。ピアノでの挫折、あきらめ、羨望から、残酷になる子たちが怖い。悲愴はいい曲なんだけどね。
★29 - コメント(0) - 3月19日

かおりんさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、事件×お仕事小説「憧れの作家は人間じゃありませんでした」の献本に応募しました!締切は3月23日!応募はこちら→ リンク
★2 - コメント(0) - 3月20日 17時46分

【献本プレゼント】読書メーターで感動のサスペンス巨編「天上の葦 上下巻セット」の献本に応募しました!締切は3月2日!応募はこちら→ リンク
★5 - コメント(0) - 2月26日 9時13分

かおりんさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:村田沙耶香 行成薫 久坂部羊 内田彩仍 下村敦史 島崎藤村・与謝野晶子ほか 中山七里 ヴァレリーラロンド 佐藤多佳子 オーヘンリー,ギド・モーパッサン,アントンチェーホフ,イワンツルゲーネフ,ライナー・マリアリルケ
かおりんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)