タイガー@津軽衆

タイガー@津軽衆さんの2月の読書メーター
記録初日
2015年12月03日
経過日数
477日
読んだ本
222冊(1日平均0.47冊)
読んだページ
71624ページ(1日平均150ページ)
感想/レビュー
133件(投稿率59.9%)
本棚
0棚
性別
血液型
AB型
職業
その他
現住所
東京都
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
専門学校で講師をしています。最近は山本周五郎を読んでいますが、基本何でも読みます。Twitterのアカウントは@senmon_uehouです。吉村昭、沢木耕太郎、畠山健二が好きです。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(133件)

通算24冊目。03月06冊目読了。読んでいて恐くなる本ですが、知っておきたい。でも知った先にあるのは納得でも何でもなく、恐怖の事実でしかない。上巻から読み進めてきて、年代がどんどん最近に近づくほど絶望感が強まる。どんだけ色々なことが解明されようとも、恐らく人類は”がん”との戦争には勝利できないのではないか…ただ知っておいて損はないです。上下巻で800ページとかなり大作ですが、気になりません。
★4 - コメント(0) - 3月18日

通算23冊目。03月05冊目読了。営業のために読みましたが、それ以外でも沢山学ぶことができました。納得を生む技術とはどういうことなのか、提案営業する際に物凄く役に立つと思います。広告の本ですが、営業マンは必読だと思います。自分の発している言葉、相手に届いてますか…そんな言葉を問いかけられる本です(笑)自分は相手に届いていませんでした、というより届ける努力をしていませんでした。常に反省ほ日々です。
★3 - コメント(0) - 3月18日

通算22冊目。03月04冊目読了。今回のは自伝的小説。立原の陶器に造詣が深い理由が知れました。全編を通して心に孤独を持ちながら生きていくがそこで向き合ったのが禅。さらに戦争が周りの環境を変えてく。自分を捨てた母親の死、幼少時に自裁した父親。そして自分が父親になっていきながらも心の奥底に眠る孤独。日本人と韓国人との間に生まれたことの苦悩。そして小説家になる。自分はまだ数冊しか読んだことありませんが、立原が書く日本に対する美しさは日本人より日本人らしいと思う。また読んでみようと思いました。
★5 - コメント(0) - 3月13日

通算21冊目。03月03冊目読了。待望の8巻。いつまでも続いて欲しいシリーズ!今回のおけら長屋がおりなす物語は涙を誘うものが多かったかなって思います。四角い部屋を丸く掃きながらも、結局隅々はきれいになっている感じ(笑)古き良き日本を見ているような長屋です。早く9巻が出て欲しい~何度も言うがもっと売れても良い本だと思う。
★4 - コメント(1) - 3月9日

通算20冊目。03月02冊目読了。万城目さんは海外旅行沢山してます。その内容を読むたびに海外が恐くなってしまいます。全財産スラれても日本に返ってこれるもんなんですね(笑)あとは夏の風物詩、黒い稲妻ことGとの奮闘記が面白かったです(笑)
★7 - コメント(0) - 3月8日

通算19冊目。03月01冊目読了。営業の仕事する上で必要となる考え方を学びました。発想の仕方が今まで少しかたかったので、どんどん取り入れていこうと思います。中学生から大人まで読めるように作っているのか、大変読みやすい本でした。「相手の嗜好を変えるのではなく、相手に応じて見せ方を変える」っては営業で大事だなって思いました。
★4 - コメント(0) - 3月2日

通算18冊目。02月09冊目読了。そろそろ40代だし、最近なんかふと名前が出てこないなぁ~なんて思ってつい手にとって一気に読了。30代前半と同じようにトレーニングできないし、やっちゃいけない。今やっていることが案外理に適っていることが確認できたことがよかった。太腿が大事みたいですよ。太腿を鍛えることで色々防げるみたいですよ(笑)自分は毎日スクワット100回してます(笑)
★3 - コメント(0) - 2月28日

通算17冊目。02月08冊目読了。吉村昭のテーマ別のエッセイです。暮らしや人とのふれあい、旅についてなどの多岐にわたるエッセイです。ただ面白いです。吉村昭の人情味と、作品にかける熱意が伝わってきます。短いので空いている時間でどんどん読めてしまいます。吉村作品を沢山読んでる人はその小説の裏側などが分かって楽しいと思います。自分は半分以上未読の裏話でしたのでこれから頑張って読み進めていこうと思いました。
★5 - コメント(0) - 2月22日

タイガー@津軽衆さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:シッダールタムカジー 谷山雅計 立原正秋 畠山健二 万城目学 谷山雅計 篠原菊紀 吉村昭 デイビッドハルバースタム
タイガー@津軽衆さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)