おん

おんさんの12月の読書メーター
記録初日
2016年01月08日
経過日数
381日
読んだ本
46冊(1日平均0.12冊)
読んだページ
12357ページ(1日平均30ページ)
感想/レビュー
27件(投稿率58.7%)
本棚
5棚
性別
血液型
O型
現住所
茨城県
外部サイト
自己紹介

憧れだった書店員になりました

読書グラフ

最近の感想・レビュー(27件)

気味が悪かった 「異常」な主人公ではなく、主人公を取り巻く「普通」の人たちが。異質なものを排除しようとする周りの人びと その人たちは自分を普通で親切なんだと自分たちが正しいのだと無意識に思い込んでいてそれがもう気味悪かった。主人公を見ても他の登場人物を見てもまるで自分をみているみたいで見透かされているみたいでこわかった。
★46 - コメント(0) - 1月11日

ストーリーはいまひとつ・・・な感じがありますが絵は美しいです。おしゃれです。星空の絵 素敵でずっと見ていたくなります。町の様子もノスタルジックで心惹かれました。
★6 - コメント(0) - 2016年12月30日

読む順番間違えました。いろんな人のいろんな言葉に惑わされて自分はどうしたいのかが分からなくなってしまった神原ちゃん ある意味自分探しのものがたりです。阿良々木君の言葉からは 神原ちゃんを大切に想っていて いつだって味方だという気持ちが伝わってきました。
★1 - コメント(0) - 2016年12月29日

弟がハマってた時はちょっと鼻で笑ってたけど いざ自分で読み始めると捻くれた会話のやりとりや張り巡らされた伏線が面白くて夢中で読んでしまった。人物の名前が独特で素敵ですよね。暦君お馬鹿さんだけどまっすぐ過ぎてちょっとじんとしたり。わたしとしたことが。
★3 - コメント(0) - 2016年12月14日

「ちゃんと」ってなんだろうね。私もよく言う「ちゃんとしないと」。一志もそんな自分のこと良く分かってる。けどそもそも本当にちゃんとしなくちゃいけないのか?気づくとそこが好きな場所になっていたり 好きな人になっていたり そして大切にしたいと思うようになって 知らないうちに熱くなってたり・・・。ちゃんとしてない私にも そういう些細で大切なものがある気がしてきた。ちなみに一志の最後の台詞はかなり捻くれた「いつかお前に触れたい」だと勝手に理解しました。
★9 - コメント(0) - 2016年12月8日

神様と神社のことが少しわかった 神様にまつわるエピソードが面白おかしく紹介されてるページが好き
★1 - コメント(0) - 2016年12月6日

自分に合った仕事や働き方を見つけることを一種の甘えだとか理想論だと言う人もいる。そう言い聞かせながら自分を追い詰めていやいや社畜してる人もいる。みんないろんな事情でがんじがらめになってる。だれもが仕事における楽しさややりがいを追求して当たり前、好きだと思う気持ちを尊重して当たり前 幸せに生きて当たり前 そういう社会にしたい。
★36 - コメント(0) - 2016年11月19日

病院の待ち時間に読みました。苦労の多い人生を歩んできた著者の、今の日本の若い人たちに対する批判は痛烈。長いこと生きているといろいろ思う事もあるんだろうなと思いながら読んでいましたが、後半からは著者の死生観が多く書かれており、これには妙な説得力を感じました。やはり長く生きてるからこそ見えてくるものがあるのでしょうか。個人的にお気に入りは「何故人を殺してはいけないのか」という問いに対する著者の考え。なかなか言葉で納得のいく説明をするのは難しい。だからこそ分かりやすく率直な佐藤さんの物言いに誠実さを感じます。
★5 - コメント(0) - 2016年11月1日

おんさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:村田沙耶香 西尾維新 松田奈緒子 北川恵海 佐藤愛子 村上春樹 原田ひ香 佐々木隆 ねむようこ 水野敬也
おんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)