hexen

hexenさんの2月の読書メーター
記録初日
2010年05月03日
経過日数
2518日
読んだ本
98冊(1日平均0.04冊)
読んだページ
21023ページ(1日平均8ページ)
感想/レビュー
94件(投稿率95.9%)
本棚
3棚
性別
血液型
O型
職業
IT関係
現住所
埼玉県

読書グラフ

最近の感想・レビュー(94件)

シンプルに、そして集中。とてもわかりやすく、やるべきことが書かれていて読みやすい。
★5 - コメント(0) - 2013年5月5日

「信頼の構築、それから伝える。意見と論拠、そして結果。よい意見を出す人は必ずよい問いを持っています。」自分の意見を理解してもらうために、先に相手を思いやる気持ちが、説得に最も重要であることが書かれてあって、大変明快でわかりやすい。
★4 - コメント(1) - 2013年2月3日

視点、分析、語り草。理屈民族の論理の組み立てと、内戦を生き抜いてきた処世術がみごとにミックスしてまるで女子中高生を体験したような感覚に。オウトポイントという新語を私も使ってゆきたい。
★4 - コメント(0) - 2013年1月26日

あの「くまモン」のプロデューサーが考えた、アイデアの生み出し方エッセイ本 題名とは裏腹に、筆者は面白いアイデアを日々考え続けている。 「感覚」と表現したいのだろうが、おおよそ「カジュアルな論理」の訓練と、組み合わせであるように感じた。
★2 - コメント(0) - 2013年1月20日

シンプルとは単細胞とは違い、思考の終着点ということを教えてくれる本。素敵で既成概念にとらわれないヒントが書かれている。 人生は能力と幸運の組み合わせでできている アイデアをその本質まで濃縮すること 第二案をつくってはいけない すべてをひとつに 「Insanely great」 「Simply amazing, amazingly simple」 複雑なやり方の方がどこかりこうに見えるのだと信じているが、信じ込まされている
★4 - コメント(0) - 2012年8月13日

もうすぐおわるのかな。真実まであとすこし。
- コメント(0) - 2012年7月23日

話が苦手な原因は話し方ではなく、「聞き方」である NLP(Neuro-LinguisticProgramming) 神経言語プログラミング ペーシング バックトラック 三秒の我慢 キャリブレーション ペーシングのポイント 体、声、言葉 の使い方 若者の悪い癖 行動を起こす前に、何が起こるか、どうなるかの結果を知りたがる。チャレンジ精神や好奇心の欠如。屁理屈。やりもしないで難癖つける。 地図は領土ではない 地図は「解釈」のことを刺し、領土は「事実」の事をさします。
★2 - コメント(0) - 2012年7月23日

残すのは次の三点 どんな本を読んだか 注目部分 何を思ったか 読書はアウトプットの種 中身を理解して咀嚼する事で確実に自分のものにする技術 もう一度確認したい事はこの中にある、なければない。と整理できる 目的意識を持って読む 自分が本当に読みたいかを問いかけて読みたい本を選別する 徹頭徹尾、主導権をにぎって本を読む事 成果を可視化するシンプルに「自分にとって大切なこと」にフォーカスして記録継続するために「フィニッシュ感」を大事に 「適宜」厳選、短縮「随時」空いてたら時間を作る真面目にやらないのがコツ
★4 - コメント(1) - 2012年6月25日

hexenさんの感想・レビュー

お気に入られ(3人)


ログイン新規登録(無料)