そーだい

そーだいさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年08月13日
経過日数
955日
読んだ本
66冊(1日平均0.07冊)
読んだページ
17627ページ(1日平均18ページ)
感想/レビュー
54件(投稿率81.8%)
本棚
0棚
性別
年齢
47歳
血液型
O型
職業
専門職
現住所
大阪府
自己紹介
読書の楽しみに40歳を過ぎて初めて気付いた大阪在住のおっさんです。ジャンルを問わずに読書を心掛けたもののビジネス系の本に片寄っていますが、余り気にせずに継続することが大切だと自分で言い聞かせています。自分の言葉で考え、意見を伝えることを避けてきた反省から感想は読了毎に記録しようと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(54件)

原田さん3冊目。美術に興味のない僕でもあっと言う間に読了してまうほど、素晴らしい一冊です。ルソーという画家を中心に、純粋に芸術を愛する人々が繰り広げる世界に引き込まれてしまいました。世界的に著名な画家の作品を素人でもわかるように簡単な言葉で表現されてますが、これまで芸術に携わってきた原田さんだからこそなんだと思いました。そして何より原田さんの作品はどれも終わりが素敵です。モヤモヤがなく、いつも少しホロッとします。とにかく少し美術に興味を持つことができ、また原田さんの本を更に読みたいと思えました。
★33 - コメント(0) - 3月21日

Eテレの中国語講座に出演の段さんの本。日本語が上手で執筆されたことは勿論、中国人と日本人の良いところを明確に整理されていて、夢は中国と日本の架け橋になると、若いのに頭が下がります。ご両親の教育が素晴らしかったのと、ご本人もご両親想いで素直な一面が伝わります。勉強は厳しかったそうですが、日本も子供は確りと勉強する環境が大切なんだとも思いました。「私が決めた3ヶ条」①嘘をつかない、②相手を否定しない、③自分を信じるとシンプルで素敵です。この3月でEテレ出演終了がとても残念です。
- コメント(0) - 3月10日

小室淑恵さん2冊目で、労働時間に関する本。「長時間労働こそが負けている原因である」のフレーズは納得。これからの日本の企業は少子高齢化が急速に進む中でいかに男女分け隔てなく活用し、短時間労働で、様々なライフスタイルの人を採用することこそが、生き残りのキーワードだと思う。企業はトップが変わらなければなにも変わらないと言うけど、企業の中の小さな組織からこそ始めようと言うことにその通りだと思います。その中でも納得しない人はいるけど、長時間労働是正は時代の流れにもなりつつある、いまが勝負の時と信じてます。
★3 - コメント(0) - 2月25日

故平尾誠二さんのリーダーシップに関する本。ラグビーはしないですが、スクールウォーズは毎週欠かさず見て、その結果ラグビーの面白さにひきこまれました。日本ラグビー界の第一人者が語る求心力はイコール人間力とし、その為には組織の外に出ることを説いています。最近は性別や年齢を問わず会社以外の人と話す機会が多くなりましたが本当に勉強になることが多く、氏の説明に同感できました。肩書きに頼らない生活と専門性を高めれば求心力が身に付くと、定年が近づく自分のこれからの生き方を示してもらえた1冊でした。ありがとうございます。
- コメント(0) - 2月8日

次男に怖かったから読んでみてと言われて読みました。腹話術人形と双子の姉妹の話ですが、人形って万国共通で怖いのですね。次男が急に一人で寝たりトイレに行くのが出来なくなるのがよくわかりました、大人でもゾッとしました。
★1 - コメント(0) - 2月4日

ケチな老人がクリスマスの時期に改心するお話。幽霊の訪問があり、自分の将来を見てこれ迄の行いを改める。私自身が年齢を重ね、子供の頃の純粋な気持ちを忘れ、相手を思いやることもなく、自分さえよければってなっているのに気付かされる。一年の終わりに今年を振り返る意味でも、これから毎年読むのもいいかもしれません。
★3 - コメント(0) - 1月6日

進学校灘の国語の先生の有名な授業のお話し。僕は小学生の頃国語が苦手で、かつ授業を面白いと感じたことがなく、親となった今わが長男も『国語はつまらん』ということで、親子揃っての国語嫌いを何とかならないものかと思ってるところで出会った本です。先生は特効薬はないけどともかく書けと、話すことは書くことにつながると。そうなんですよ、話す、つまり親子共々しゃべりが下手なんです。練習方法は読後感を書く、日記をつける、詩や歌をつくる、これが大事とのこと。それをくりかえせば上達すると先生のお言葉に従い書きまくります。
★2 - コメント(0) - 2016年12月20日

読書は娯楽なんだと発見でき、更には西さんのファンになりました。結婚するまで通天閣の近くで育ったこともありそこを舞台に繰り広げられるお話が身近に思え、食堂はあの辺かな?とか、スナックはこんな感じとか、と思いを馳せる読書は楽しいと実感できました。関西弁は文字にするとドギツイねんなあ、も新しい発見の1つです。とにかく、西さんの観察力は素晴らしい!これからは西さんの本を読み続けます。
★8 - コメント(0) - 2016年12月7日

そーだいさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:原田マハ 段文凝 小室淑恵 平尾誠二 RLスタイン ディケンズ 橋本武 西加奈子 ムーギー・キム 吉田修一
そーだいさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)