kozu

kozuさんの2月の読書メーター
記録初日
2010年10月17日
経過日数
2350日
読んだ本
103冊(1日平均0.04冊)
読んだページ
33901ページ(1日平均14ページ)
感想/レビュー
64件(投稿率62.1%)
本棚
1棚
性別
血液型
O型
職業
事務系
現住所
神奈川県
自己紹介
昔から本が好き。ジャンルにこだわらず何でも読みます。
ミステリ-、ファンタジー、文芸、ライト文芸、伝記、歴史小説、和もの洋もの、漫画、ノンフィクション。中でも好きなのは伊坂幸太郎さん、万城目学さんの作品。

世の中には本がたくさんあって、
自分だけでは探しきれないような、見つけられないような、素敵な本が数多くあると思うので、
そんな本と出会えればと思ったのが読書メーター登録のきっかけ。
もちろん備忘録でもあるのでレビューもコツコツつけていきたいと思います。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(64件)

始めて読む作家さん。読メで「電車で読んではいけない」とあったので家で読んで大正解。田舎のとあるよろず屋を営む夫婦と出会い、彼らと過ごす一期一会なひと夏。田舎の情景はキラキラと眩しくてどこか懐かしくて、その描写がまた優しい。そして悪い人がひとりも出てこない登場人物たち。何だか日ごろの疲れとか心に溜まった悪いものがすうっと溶かされた気分。泣かせに来ているな、なんて感じるところも、斜に構えず抗わず身をゆだねるのがおすすめです。ありがとうって素敵な言葉。
★11 - コメント(0) - 3月23日

新聞のおすすめを見て表紙のペンギンに一目惚れ。読んで良かったと思える、本当に良い本だった! 海で助けたペンギンと暮らした日々の実話で、淡々とした語りで事実をシンプルに伝えてるのに、作者のファン・サルバドールへの愛情がにじみ出ていて涙腺が…。サルバドールのおかげで学校になじめて成長できた少年の話が好き。
★13 - コメント(0) - 3月20日

お気に入りさんのレビューで気になって読了。タクシーってなんでか哀愁をかんじてしまうんだよなあ。ほんの短い間でもあんな密室のなかに初めて会った同士がいる。まさに一期一会。13人のドライバーさんたちへのインタビューからなるノンフィクション。たくさんの人の人生を日々垣間見る彼らにも、また人生がある。そうだ、それぞれに人生や歴史があって、しかもその人生は一回きりなんだよなと思えた。読後感よかったです。
★11 - コメント(0) - 3月18日

すごく嫌なモヤモヤを書くのが上手だと思う作家なので、体力がある時にしか読めない(笑)のだけれど、これはイヤミス感は薄目。殺人事件と「N」をめぐる純愛ミステリー……なんだけど、嫌な気持ちになるくせにイヤミスを求めてしまうから、少し物足りなかった気も?贅沢ですが。ドラマを観ていなかったから観たくなった。
★13 - コメント(0) - 3月17日

再読。伊坂さんのなかでも好きな上位にくる。車たち視点での小説って、さすがだなぁ。車、かわいいぞ!これを読んでから車たちを見るたび頭のなかでアテレコしてしまう始末。エピローグがなんといっても良い。このほっこりを求めてたぶんまたいつか再読する(笑)
★24 - コメント(0) - 3月14日

となり町戦争のときも思ったけれど、この少し身近な、なんだか日常と繋がっていそうなところから歪んだ独特の世界観をうみだすのが、すごい。四つそれぞれの夫婦を描いた短編集。独特の世界観が短編になることでほどよく浸れる感じがした。いちばん好きだったのは断層。徐々に話の全体像が見えてきて終盤はぐっときた。
★3 - コメント(0) - 3月12日

きっと多くのひとが、月を見てなにかを想った経験があると思う。優しくてあたたかさがにじむ油絵の月を見ながら、そんな月の神秘を感じる。ごほうびみたいな月。そうかもしれない。
★17 - コメント(0) - 3月10日

猫村さん以外では初ほしよりこさん。おばあちゃんの家に来たような懐かしくてあたたかい絵と、どこかシュールで哲学的な内容。「僕とポーク」がまた良い。どこか不思議で肩の力がふわっと抜けて日常から離れられる。
★11 - コメント(0) - 3月7日

kozuさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

読書メーターのおかげで、普段の本屋散策では自力で見つけられない本たちに出会えてる。嬉しい☆
★21 - コメント(0) - 3月7日 11時52分

著者グラフ

最近読んだ著者:湊かなえ アリ・ブランドン 重松清 森沢明夫 トム・ミッチェル 山田清機 伊坂幸太郎 三崎亜記 笠岡治次 川村元気
kozuさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)