ブタバラニQス

ブタバラニQスさんの2月の読書メーター
記録初日
2016年03月02日
経過日数
389日
読んだ本
205冊(1日平均0.04冊)
読んだページ
66592ページ(1日平均13ページ)
感想/レビュー
77件(投稿率37.6%)
本棚
0棚
性別
年齢
25歳
血液型
B型
職業
営業・企画系
現住所
兵庫県
外部サイト
自己紹介
「出来が悪い」とか「下手くそ」なんて言ってしまうと角が立ちますけどね、「面白くない」とか「好きじゃない」は一個人の感想だからもっとドンドン言ってもいいと思うんですよね。そういえば、斎藤 綾子著の「スタミナ!」ってエッセイ、クソつまらなかったなあ。生まれて初めて文庫本を駅のホームのゴミ箱に捨てましたよ、出来が悪いクソみたいなエッセイだった。


――


旧アカウントから移管。
http://bookmeter.com/u/199790/



読書グラフ

最近の感想・レビュー(77件)

『世界はつねに夜なのよ』 ――ストーリーを考えるに、いわゆる「神隠し」の森見訳というテイスト。しかしその実、創作に打ち込むなかで身心の不調に陥った作者自身の心境や願望も多分に含んでいるのではないだろうか。古語を用いた美文体の森見節は完全に消え去り、言葉遊びの類がなくなったことで、ふわふわとした持ち味は消えている。人物造形もこれまでのファンタジーの域から、現実の域に移り変わったイメージ。しかし、むしろマジックリアリズムの世界観は深みを持った。夜を基軸に世界を再定義した。端的に言えば、次回作もまた期待したい。
★30 - コメント(0) - 3月16日

コピーの如何はセンスに依らない。
★1 - コメント(0) - 1月2日

衝動に身を任せて作られた処女作品を鑑賞したような読後感がある。人物造形、会話文などを見ていると、粗削りで乱造な印象を所々に見受ける。歳を重ねるごとに、こういう些細なことが気になるようになってきた。しかし同時に、作品に秘められた確かな熱量も感じる。余命幾ばくかの少女を中心に、多感な時期の青年が成長する過程を描いた物語。「世界は、差別をしない」に集約された想像を裏切る結末。そんなギミックを用いながらも、生命の尊さという重たい命題でなく、あくまで淡い青春物語として描き切ったところが、個人的にはいいなと感じた。
★44 - コメント(0) - 2016年12月31日

日常会話にも役立つ内容が書かれている。対面の会話だろうと、紙面上の文章だろうと、そこには「言語」というツールが用いられており、その「言語」を用いる上で有意義な内容が多く書かれていた。内容がギュギュッと詰まっていました。
- コメント(0) - 2016年11月8日

http://blog.livedoor.jp/atslevon/archives/11147396.html
★2 - コメント(0) - 2016年9月27日

貞操観念の緩い女性に対して「淫売」だと揶揄する表現があるが、しかし「淫売」は偉大だと考えさせられた。彼女らは生活の糧と引き換えに身体は許すが、心までは許さない。むしろ、心の弱さゆえに軽薄な行いをする女性こそ忌まれるべきなのでは、と感じた。前半、感情のままに軽佻浮薄な行いをするナオミに対して嫌悪感を持ちつつも、娼婦然として女を武器にすることを覚えたナオミに対しては「成長した」と感じた。男の弱さを知る女はきっと強い女なのだと思う。「夜の蝶」というありがちな表現も、今後自分の中では重みももった言葉になりそうだ。
★9 - コメント(0) - 2016年9月20日

不治の病「グレゴリウス症候群」や時生が若い頃の父親に会いに来たというSF的な設定は、むしろギミックというかエンタメを成立させるための仕掛けに近くて、作品の本質としては人間の成長というヒューマンドラマにあると感じた。とにかく、読後の清涼感がすごい。毒気が抜かれるというか、作中の人たちと同じように今より少しだけ真っ当に生きようと思わせてくれる。
★12 - コメント(0) - 2016年9月16日

恩田陸は、新しい愛の形を提案をすることに長けていると思う。時空を超えてすれ違い続ける愛、今までに読んだことのないテーマだ。しかし、同作者の「夜のピクニック」の読後感には、正直言って勝らないというのが率直な感想だ。作中のギミックを考えるに日本が舞台では成り立たない話なのかもしれない。しかしながら、中世から近代の欧州が舞台では共感性に乏しい、どこか遠い絵空事のように俯瞰的にしか読めない。自分は娯楽としての読書に、ただただ綺麗な風景を求めているわけではないので、そういった意味で面白いと感じなかった。
★4 - コメント(0) - 2016年9月14日

ブタバラニQスさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:森見登美彦 渡辺潤平 住野よる NicoleFenton,KateKieferLee 寺山修司 谷崎潤一郎 東野圭吾 恩田陸 筒井康隆 中田永一
ブタバラニQスさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)