sanae

sanaeさんの1月の読書メーター
記録初日
2016年03月17日
経過日数
343日
読んだ本
84冊(1日平均0.19冊)
読んだページ
36651ページ(1日平均87ページ)
感想/レビュー
84件(投稿率100%)
本棚
2棚
性別
血液型
A型
外部サイト
自己紹介
読書とお菓子作りが趣味!

シフォンケーキやクリームブリュレを
焼いてる時間に読書するのが
一番幸せな時間♪
そんな
都内に旦那と子供3人と住む
30代前半の女です(*^_^*)


って言うとさ
何か良い感じに聞こえるじゃん。
いろいろ裕福に聞こえるじゃん。

でもね。本当は
旦那と子供3人は
スマホのゲームにハマっててさ
マルチプレイ?協力プレイ?とかやってて
ゲームが苦手って理由だけで
誰も私の相手してくれないの。

だから、キッチンにこもって
料理しながら本を読んでる。

コレが現実。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(84件)

息子は嫁次第で変わる。これは典型的な悪いパターン。だからといって息子の嫁選びに親は口出しはできない。そんな嫁を選ぶように育ててしまった親のせいも少しはあるのかもしれないけど、そればっかりじゃない。ある意味「運」というか、「運命」なんだろうね。きっとさ、この嫁は排除することしか知らないんだろうな。自分が気に入らなければ子供の手を引いて、そっぽを向いて、子供の歩むべき道を先回りして「汚いものは見せないように。危険なものは触れないように。傷つけるものは遠ざける」方法をとって、何かあれば尻ぬぐいして。嫁が悪い。
★8 - コメント(0) - 2月16日

人間の脳はパソコンのハードディスクと同じだと思うんだよね。記憶媒体だもん。それを違う容れ物に移したとしてもデーターはリセットされないでしょ。ましてや、脳は初期化できないしね。しかし、脳移植って人を助ける為の手術だと思ったけど...。東野作品は物事の裏にある本音の部分にゾクゾクするわ。
★13 - コメント(0) - 2月14日

椎名の心の声(ツッコミ?)にニヤニヤ笑って、河崎とドルジの関係に『えーっ!!』と叫んで、ちょっとした「何でそれなんだろう?」って思う設定が最後に辻褄が合って鳥肌が立って…。この一冊でホント楽しめたわ。
★21 - コメント(0) - 2月8日

3ヶ月で20冊。連続で東野作品を読んでるんだけど、これは東野圭吾っぽくなかったような。。。最後に「えーっ!?」と叫ぶわけでも、心にズーンと響くわけでも、サクッとかるーい感じでもなかった。あぁ。そうなんだ。。。みたいな。でもさ。私は自分のことを性格が悪くてズル賢くて腹黒いって思ってたけど、まだまだ可愛い方かも、腹も白に近いグレーかもって思っちゃったよ。マイナンバーとかもさ、本当のところはどうなんだろうね。プラチナデータ存在してもおかしくないのが現実だよね。
★11 - コメント(0) - 2月3日

「どちらかが彼女を殺した」が全く分からなかったから、この作品は薬の動き・人物の動きをルーズリーフに書き込みながら読んでたら、最初の方に不自然な行動の一文に気が付き犯人が分かった!!コレ、分かると気持ちいいね〜。
★6 - コメント(0) - 1月29日

「どちらかが彼女を殺した 犯人」でネット検索したよね。だって、袋綴じ解説の推理の手引きを読んでも何となく(名前が入るであろう○の数からの判断)しか分かんないんだもん。初めてだよ。小説を読んで「結局どっちだよ!」って突っ込んだの。私には難しすぎる。
★13 - コメント(0) - 1月26日

この問題は難しい。はっきり白と黒に分ける事なんて無理だと思う。だから、曖昧に出来るグレーゾーンは本当に必要だと思うのね。でも、グレーほど厄介で人に理解してもらえない色はないのが事実。うちの子、軽度の発達障害なんだよね。IQが少し低い、いわゆる「グレーゾーンの子」なの。今は少しだけ理解してもらえる時代になっているけど、結局は男とか女とか。バカとか天才とか、普通とか異常とか…いろいろな事柄に「白」と「黒」の枠を描いて、少しでもはみ出ていると受け容れてもらえない。その枠自体が信用性がないものなのに。って思った。
★11 - コメント(0) - 1月24日

この小説も、予備知識がない状態で読みたかった。。。これも、まっさらな状態で読んだら全身鳥肌で「えーーーっ!?」って叫んでたよ。あぁ。。。残念だ。本当に、残念だ。。。でも、内容を知っていても読みたくなる小説って、東野作品だけだわ。
★7 - コメント(0) - 1月20日

sanaeさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:東野圭吾 伊坂幸太郎 東野圭吾 辻村深月 西澤保彦 盛田隆二 水野敬也 矢口敦子 小川洋子 ダニエル・キイス
sanaeさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)