sanae

sanaeさんの12月の読書メーター
記録初日
2016年03月17日
経過日数
311日
読んだ本
77冊(1日平均0.19冊)
読んだページ
33646ページ(1日平均87ページ)
感想/レビュー
77件(投稿率100%)
本棚
2棚
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(77件)

この小説も、予備知識がない状態で読みたかった。。。これも、まっさらな状態で読んだら全身鳥肌で「えーーーっ!?」って叫んでたよ。あぁ。。。残念だ。本当に、残念だ。。。でも、内容を知っていても読みたくなる小説って、東野作品だけだわ。
★5 - コメント(0) - 1月20日

かるーい。ハラハラ・ドキドキも一応はあるんだけど手に汗握る程ではないし、話しもややこしくないから頭を使わなくて良い。ホント、このシリーズは箸休め的な感じだよ。心を打ちのめされた本を読んで、次の本に行く前の軽い気分転換的な読書におすすめだわ。
★28 - コメント(0) - 1月12日

悪意だ…。これこそ、本当の悪意だ。しかも、これは本当にダメなやつ。やっちゃいけない事。でも、まんまと騙された。 加賀シリーズ3作目。前2作品と比べて読みやすく内容も面白かったわ。
★11 - コメント(0) - 1月9日

これさ、映画で見る前に本で読みたかった。。。もし、先に本で読んでたら全身鳥肌で「えーーー!?」って叫んでたわ。残念。。。本当に残念だわ。
★31 - コメント(0) - 1月3日

…。うん。で?って感じ。えーっと。結局、何だったの?って感じ。これはね、箸休め的な本だね。重いストーリーの本を読んで、気分を一回変えよう!って時に読む本。でも、学んだわ。2作連続で軽いのはダメだ。
★12 - コメント(0) - 2016年12月29日

文字がデカイ!!!最近、重めの本を読んでいたから、軽いのが読みたくなって、この本を手に取ったけど。。。軽すぎ。サックサク読めちゃう。しかし、「生物兵器で脅迫」をテーマにした話なら、もっと深く掘り下げて重い話にもできるわけじゃん。それを、あえてこんなに軽い感じに仕上げてる。きっと両方のパターンを書けるであろう東野圭吾は天才だわ。
★25 - コメント(0) - 2016年12月23日

東野作品は物語のラストの文章で「えーっ!?」って叫ぶパターンが多いんだけどさ。コレは読み終わって本を閉じたときに目に入ってきた表紙に「レモン!!しかも鏡に映ってる!!」って叫んだよね。物語的には、これは双葉と鞠子のどっちのエピソードだっけ?ってな具合に時々二人が入り乱れたけど。私たちの知らないところで、実際にありそうな話で恐怖を感じだわ。
★5 - コメント(0) - 2016年12月20日

この、ただ淡々と物語が進むパターンは苦手かも。長時間読むのに耐えられず、読了まで10日以上もかかった。。。いろんな職業があると思うけど、「自分自身が商品」の職業の人たちって大変なんだろうな。だって、商品価値を上げるも下げるも自分次第。自分自身を強く持って自己をコントロールできなければ価値がなくなるんだもん。
★14 - コメント(0) - 2016年12月14日

sanaeさんの感想・レビュー

読み終わった本(77冊)

悪意 (講談社文庫)
17406登録
分身 (集英社文庫)
12243登録

sanaeさんの読み終わった本

著者グラフ

最近読んだ著者:東野圭吾 東野圭吾 辻村深月 西澤保彦 盛田隆二 水野敬也 矢口敦子 小川洋子 ダニエル・キイス 渡辺淳一
sanaeさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)