ウルトラマンエースの母

ウルトラマンエースの母さんの1月の読書メーター
記録初日
2016年04月05日
経過日数
321日
読んだ本
37冊(1日平均0.1冊)
読んだページ
11297ページ(1日平均30ページ)
感想/レビュー
24件(投稿率64.9%)
本棚
0棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(24件)

一気読みでした!東野圭吾さんのゲレンデシリーズは後ろから読み始めてしまい、「恋のゴンドラ」から今回の「雪煙チェイス」で…ゴンドラよりはチェイスの方が読み応えありました!犯人はまったくわかりませんでしたが、いかに冤罪にならないように捕まる前に証人を探し出せるか⁈ハラハラしながら一緒にロープの外をパウダーランしている気分になりました。スノボしたことないけど…。「白銀ジャック」と「疾風ロンド」も早く読みたくなっちゃいました。
★28 - コメント(0) - 2月12日

シリーズ第3弾!今までで一番スイスイ読めて面白かったかも⁈出てくる料理は実際見たことないけど、本を読んでるだけで美味しい料理を食べたような満足感が!そして、食べ物のうんちくにとどまらず、人種、ジェンダー問題にもサラリと触れていて、読みやすいのに中身が濃い。まさに豚一頭分のロティ、またはコース料理をいただいたみたいです。ご馳走さまでした‼︎
★18 - コメント(0) - 2月11日

マハさん今度は陶器、民藝ですか⁈またやられた〜!小石原焼…持ってる!行ったことある!民藝館…行ったことある!手賀沼も行ったことある!でも人に連れて行ってもらったので、そこまで予備知識もなくさらっと流してしまった!勿体無い!再訪するぞ〜!亀ちゃん無名でも不幸ではなかったとわかり、高市も立派な陶工となってリーチ先生のイギリスのポタリーに行けて、そこに父の愛したシンシアがいてくれて良かった「欲望が創造を生む」謙虚な助手から「名もなき花」となる亀乃介誕生の言葉がぐっときた。朝井まかて「先生のお庭番」の熊吉と通じる
★14 - コメント(0) - 1月30日

あまりの軽さに物足りなさを感じましたが、ラブコメと割り切ってサクっと読了。スキーヤー側からしか考えない頑固オヤジをスノーボーダーという別の側から見る事を教えてくれたり、その頑固オヤジのためにも得意のスノーボードではなく、あえてスキーをやろうと言った娘婿の言葉にじんわり。頑固オヤジと同じで、スキーしかやったことのない、もうスノボ&寒い雪山は無理!な世代だけど、スノボ楽しそうとか、仲間とワイワイ行ったスキー楽しかったな〜と青春時代を思い出しました。非日常のゲレンデは恋話がお似合い!
★36 - コメント(0) - 1月22日

葛飾北斎の娘応為の話。阿蘭陀西鶴も井原西鶴の盲目の娘の話だったが、こちらは偉大な父と同じ絵師。別れた亭主も、好きあった相手も絵師。絵が好きで、食事を作る時間ももったいない。自分の着る物には頓着しないが、描くための着物の柄や思い通りの色を出すためなら、手間暇惜しまない。親子揃って本当に描くことが好きだったんだなぁ。貧乏でも好きな事を突き詰められていい人生だったなぁ。原田マハさんの本を読んでは西洋画を見たくなり、朝井まかてさんを読んでは北斎や応為を見たくなり…。興味の世界を広げてもらって感謝!
★19 - コメント(0) - 1月18日

「楽園のカンバス」で美術館に行く楽しみが倍増し、「ジヴェルニーの食卓」「暗幕のゲルニカ」「デトロイト美術館の奇跡」と、ドンドンマハさんの美術と物語の世界にはまってる人間にとって、また一つ物語を深めてくれるガイドブックです。挿入されている絵がカラーだったらもっと魅力的だったのに。地中美術館で見た自然光の中で自分独り占めの睡蓮の感動が甦って来ました。フランスのオランジュリー美術館…行ってみたいなぁ〜!それが無理でも日本の美術館でモネやルソーに会いに行く楽しみが出来ました。
★7 - コメント(0) - 1月9日

色々な作家さんの猫ものの短編集。原田マハさんの「飛梅」が印象深かった。作中の「吾輩堂」は本当にあるお店で、猫好きだったらたまらんなぁ〜!京都から福岡にもらわれて行くのに、大宰府の「飛梅」に例えたのも趣がありますなぁ〜!
★26 - コメント(0) - 1月8日

やっぱり任侠モノは広島弁に限る‼︎ガミさん生きてて欲しかった!まさか日岡が…でも最後血を受け継いでくれて救われた。
★17 - コメント(0) - 2016年12月22日

ウルトラマンエースの母さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:東野圭吾 近藤史恵 原田マハ 東野圭吾 朝井まかて 赤川次郎,新井素子,石田衣良,荻原浩,恩田陸,原田マハ,村山由佳,山内マリコ 柚月裕子 内館牧子 有川浩 梨木香歩
ウルトラマンエースの母さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)