みさ

みささんの1月の読書メーター
記録初日
2016年05月19日
経過日数
280日
読んだ本
69冊(1日平均0.1冊)
読んだページ
21383ページ(1日平均29ページ)
感想/レビュー
28件(投稿率40.6%)
本棚
1棚
性別
自己紹介
20代女子。感想を書くのは苦手。

本屋さんで次は何読もうか考えてる時間が幸せ。たまたま目に止まった作品を読み終わって充実感を得られた時が嬉しい。

読書の始まりは伊坂幸太郎さん。ミステリーが好きだったけど、最近はお仕事小説、読んでほっこりするものも好き。基本的には、あらすじ読んで気になったもの。表紙も大事。

★好きな作家さん
伊坂幸太郎さん/朝井リョウさん/柚木麻子さん/宮木あや子さん

読書グラフ

最近の感想・レビュー(28件)

女だったら誰もが共感できる主人公ばっかりで、すごく読みやすかった!聖子の夫のヒロくんが「全然いやじゃない」って言うとこ良かったなー。映画では上地くんが演じてて予告しか見てないけどヒロくん役、合ってそう。キャラ的には石原ゆかりが好きかなー。星野香織に対する「馬鹿かと思った。」が最高だった。笑 仕事してると内心こう思うことほんとあるよね。笑 逞しくてかっこいいガール、最高( ˆoˆ )
★4 - コメント(0) - 2月20日

最初から最後まで穏やかな空気がずっと流れてる。猫好きな人、飼ってる人、飼ってた人にはちょっと読むのが悲しいかな。アキコの気持ちに引っ張られてしまいそう。後半は、天涯孤独になったアキコが、確かではない義理の姉を頼るくらい、愛情に飢えてて、親身になって話を聞いてくれる人がいるって、幸せなことだと思った。日常が大切に描かれてる本。
★5 - コメント(0) - 2月15日

何か大きな出来事が起こるわけではない。でもこういう淡々とした話、とても好き。津村さんの作品、初めて読んだけど他の作品も読みたくなった。解説で西加奈子さんが書いていた、津村作品の「こうやって書かれるまで思い出さんかった!」をもっと読みたいと思った。解説読んで、ハラ、オニキリ、サカキ、ミツグの優しさを改めて感じた。
★11 - コメント(0) - 2月1日

やっぱりあの絶叫がちょっと衝撃的で…いまいち玻璃が掴めなかった。清澄が何でそんなに玻璃に固執するのかもあんまり掴めず。途中からはどんどん引き込まれていったけど、最後の方が理解できず、ネタバレ見て全体的に理解!って感じだった。P7〜20の語り手は完全に間違えてた。校章予約する尾崎の妹がかわいかった!
★12 - コメント(0) - 1月25日

クリスマスの時期に読めなくて、季節外れだけど遅れて読んだ。やっぱり朝井さんと伊坂さんが書く話好きだなー。伊坂さん作品の、松田さんが良かったな。プラスドライバーも鉄板も必要なさそうなものが届いたのにあんな終わり方になるなんて。まさに、一年でいちばん奇跡が起きる日。あさのさんの作品は、世にも奇妙な物語みたいだった!
★47 - コメント(0) - 1月12日

なかなか読むのに時間がかかった。雑居ビルの中の人たちが絡み合って話が進むのかと思ったら思った以上に全然絡まず、話が進んでいった。全体的に少しだけど苦しさが満遍なくある感じ。
- コメント(0) - 1月3日

文庫の表紙がかわいかったのと、お仕事小説ということで、手にとった。解説がとても良くて、この本1冊をすごく良くあらわしていた。高校は理系だったけど、非負整数分かんなかった(笑)それぞれのキャラクターが良く、読みやすかった。×を文中に使う意味はあったのかなあ、、
★1 - コメント(0) - 2016年12月13日

前作が良かったので2作目も買ってみた。前作ほどはあまり響かなかったかな、、修司とじいちゃんの話とかいい話ではあるんだけど、全体的にぼんやりしてるようなイメージ。読むのに時間がかかった。あと誤字脱字?が多いのが気になった。一番じんときたのは、あとがきの北川さんのお父さんとの話だった。社長の"日本人は周りに合わせる"話は妙に納得。―『寒くても暑くても我慢して周りに合わせちゃうの。』
★11 - コメント(0) - 2016年12月1日

みささんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで小説すばる新人賞受賞「星に願いを、そして手を。」の献本に応募しました!締切は2月16日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 2月9日 23時39分

読んでる本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:奥田英朗 群ようこ 津村記久子 竹宮ゆゆこ 朝井リョウ,あさのあつこ,伊坂幸太郎,恩田陸,白河三兎,三浦しをん 彩瀬まる 向井湘吾 北川恵海 朝比奈あすか 大崎梢,平山瑞穂,青井夏海,小路幸也,碧野圭,近藤史恵
みささんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)