スナーズ

スナーズさんの2月の読書メーター
記録初日
2016年05月11日
経過日数
319日
読んだ本
129冊(1日平均0.4冊)
読んだページ
40529ページ(1日平均127ページ)
感想/レビュー
124件(投稿率96.1%)
本棚
0棚
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(124件)

サクリファイスシリーズ。自分も趣味で自転車に乗ることもあり、面白く読めた。サクリファイスの方がミステリー感が強く、今作はアシスト選手の葛藤やアシストに対する思いやドーピングに関する問題が描かれる。レースの描写はあまり多くないけど、描かれる感情の機微が良い。
★7 - コメント(0) - 3月20日

前に読んだことがあるので今回は再読。物語の核となる事件が重苦しい事件なので、最初の方は読むのが少しつらいが、中盤あたりからはストーリーの展開に集中できる。人間視点の描写と千葉視点の描写があり、やっぱり千葉はいい。ラストも救いのある感じでよい。
★21 - コメント(0) - 3月19日

平行世界のようなところでの話。少しホラーっぽいかな。今までの作品とは作風を変えてきたようだ。終わり方は綺麗かなと思った。
★18 - コメント(0) - 3月16日

安積班シリーズ。このシリーズは各登場人物が魅力的で本作も各人がらしさを発揮しながら活躍する。今回はある事件を調べる中で、過去に解決した事件が冤罪だったかもしれないということに気づく安積。自分が悪い立場に追い込まれるかもしれないと知りつつ真実を明らかにしようとする。ストーリーの運びは安定感がある。あと、相楽がちょっといいやつになっていた
- コメント(0) - 3月12日

人ではない何か、妖精や霊のようなものと人間の淡い恋を書いた短編集。それと少しのミステリー的な要素。全体的にのどかな雰囲気がある。面白さとしてはまぁ普通かな。この作家の少年検閲官(?)とかの方が面白かった気がする。
★1 - コメント(0) - 3月12日

コーヒーショップで働く主人公の周りで起こる事件。最初は関係ないと思っていた主人公だが、徐々に自分が関係していくことが明らかになっていく。この作家の主人公側の関係者はみな暖かくていい人である。ストーリー自体は普通かな。
★3 - コメント(0) - 3月10日

侍である主人公が父親の死の原因に迫まっていくお話。3兄弟の軽妙なやりとりと道場破りをしながら少しずつ謎に迫っていく。サクッと読めるかな。そこそこ。
★3 - コメント(0) - 3月8日

チルドレンの続編。少し前にチルドレンを再読したらやっぱり面白かったので期待しながら読み始めた。チルドレンに出てくる武藤が主人公で少年犯罪をテーマにした物語。相変わらず陣内のキャラがハチャメチャで面白い。物語の中で起こるいくつかの事故が最終盤につながってくる作りはらしさがある。最後はちょっといい話みたいな感じで爽やかに終わる。チルドレンを読んでから読むのがおすすめかな。面白い
★17 - コメント(0) - 3月7日

スナーズさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

2017年2月の読書メーター 読んだ本の数:12冊 読んだページ数:3834ページ ナイス数:91ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月19日 19時02分

2017年2月の読書メーター 読んだ本の数:12冊 読んだページ数:3834ページ ナイス数:91ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★1 - コメント(0) - 3月8日 0時24分

スナーズさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:近藤史恵 伊坂幸太郎 森見登美彦 今野敏 北山猛邦 小路幸也 葉室麟 黒野伸一 本多孝好 方波見大志
スナーズさんの著者グラフ

お気に入られ(4人)


ログイン新規登録(無料)