たんぽぽ

たんぽぽさんの1月の読書メーター
記録初日
2016年05月17日
経過日数
279日
読んだ本
23冊(1日平均0.08冊)
読んだページ
8422ページ(1日平均30ページ)
感想/レビュー
23件(投稿率100%)
本棚
1棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(23件)

昨年末から今年の初読はこれ!と決めていた。星野源2冊目。下ネタ満載。くだらない事なのにそう感じさせない面白さも備えつつ『マイナスがあればプラスがある』『自分をなくすこと』とか星野源流の哲学を感じる。ひとりはつづく。は切なかったり…なんだろ。カッコ悪いのにカッコイイ!すごいなぁ、源ちゃん。ますます好きになった♪
★153 - コメント(0) - 1月9日

息子が野球しているからという理由でタイトル買い。息子が生まれる随時前に刊行された本だけど、昔も今も野球への情熱は人それぞれでも変わらない。でも武志のそれは歪んでいた。歪ませたのは彼の生い立ちにある。けど、高3にして命をかけて家族を守ろうとする姿勢に心打たれた(涙)確かにピッチャーは孤独。でも一人で野球はできない。仲間を信じていたら、武志の人生は違ったと思うと切ない。
★38 - コメント(0) - 2016年12月24日

タイトル買い。カジュアルなイメージで読み始めたら…重かった。記憶の改編がテーマで途中『変身』が浮かんだ。それと平行して友情と恋愛の選択肢に迫られる。難しいし切ないし、読了後はあまりいいものではなかった。私も弱い人間…かと考えさせられる。
★31 - コメント(0) - 2016年12月5日

映画に行けないから小説で!と手に取り即読了。テレビで予告や少しの映像を見ているせいか、読みながら画が浮かび引き込まれる。これに音楽が加わると、またいいんだろうな~余韻も半端なくて…大ヒットする理由も頷けた。やっぱり映画も見たい!
★244 - コメント(5) - 2016年11月27日

今年の初め娘がプレゼントしてくれた本。星野源。役者、歌手、芸人?、執筆家。特別イケメンでもないのに、なんでこんなに惹かれるんだろうと思っていたけど、この本を読めば納得!星野源の解説本です。それと、いい意味で…この人変態です(笑)そこがまた魅力! 娘Mありがとう(^^)v
★112 - コメント(2) - 2016年11月22日

時代が違うんでしょうね。全く共感できませんでした。大体、仲良く就活なんてできっこない。その裏に大なり小なり人への妬みや醜い心が生まれるのは必然。なのに終盤そこを誇張する?しかも、就活より就職してからの方が大変なんです。結局何が言いたいのか分からず…就活してある方には読んで欲しくないかな(苦笑)
★31 - コメント(0) - 2016年11月6日

犯人探しより、何か含みのある登場人物それぞれの描き方に興味がいく。最後に全てが繋がるけど、格差がありすぎて切ないし、最後の一言で報われるのかな…?『分身』と姉妹本のような感じがしたので、こちらを読まれてない方は、是非両方読んで欲しい。
★20 - コメント(0) - 2016年10月10日

1/3位読んだところで、半月程読めなかった。といっても、早く先が読みたいという衝動にかられることなく、再開すると気づいたら読了。心に響く名言が飛び交い、登場人物それぞれ光っていて良かった。親友っていいな~と改めて感じさせてくれる本。1つモヤっと残るのは異母兄弟じゃなかったら、どーなってたんだろう?と思うのは、女性目線だからかな。
★26 - コメント(2) - 2016年8月14日

たんぽぽさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:星野源 東野圭吾 新海誠 朝井リョウ 恩田陸 加藤シゲアキ 七月隆文 綾辻行人 殊能将之 伊坂幸太郎
たんぽぽさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)