やまゆさんの2月の読書メーターまとめ

読んだ本
10
読んだページ
2821ページ

感想・レビュー
10
ナイス
120ナイス

読書グラフ

トップ感想・レビュー!

再読。時代の移り変わりは激しいもので、この頃最先端だったCDがもはや廃れつつある。水丸さんも逝ってしまわれたので、またこの本が愛おしくなった。
★10 - コメント(0) - 02/28

トップつぶやき!

幸先良いスタートが切れた。この調子で!!2017年1月の読書メーター 読んだ本の数:10冊 読んだページ数:2585ページ ナイス数:140ナイス ★1月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★6 - コメント(0) - 02/04

感想・レビュー 一覧(10件)

再読。時代の移り変わりは激しいもので、この頃最先端だったCDがもはや廃れつつある。水丸さんも逝ってしまわれたので、またこの本が愛おしくなった。
★10 - コメント(0) - 02/28

騙し、騙され、それでも人情が人を助ける。いつの世も同じだけど、この時代はすぐに斬られるのが怖い。
★9 - コメント(0) - 02/26

「芸人と俳人」を読んだ後だったので、悪い例のどこが悪いかがよくわかった。12音でいいたいことを考えて季語を加えるという作り方が腑に落ちたので、ぜひ一句作ってみたい。
★8 - コメント(0) - 02/21

シュトレーゼマンがたまに見せる鋭い指摘が、彼を本物っぽく見せます。
★5 - コメント(0) - 02/20

Sオケの演奏、ドラマでは圧巻だった部分。なるほど音がない漫画ではこういう表現なんだ、と興味深く読みました。スコア通りやっててはやっぱダメなのね。
★7 - コメント(0) - 02/18

大河と違うところと同じところ、比較しながら読むと面白い。この先角兵衛がどうなるかコワイ。上杉景勝の人柄や徳川家康のしぶとさなど、人間味あふれる武将が身近に感じられる。
★10 - コメント(0) - 02/17

定年を迎えた親と未婚の娘、今や世間によくある家族構成。時々ふと考えることが、リアル過ぎて逆に現実味が感じられない。そんな日常を映し出している。
★10 - コメント(0) - 02/12

真田家と忍びは縁が深かったことがよくわかる。織田が倒れていよいよ戦国の世が動いていく。大河とはまた違った面白さ。
★8 - コメント(0) - 02/08

再読。主要キャラがどんどん出てくるのは楽しい。例えば電子書籍で読むと、音楽が流れてきたらなお楽しい。
★9 - コメント(0) - 02/05

再読。音楽オンチだと細かいところはすぐ忘れてしまう。いろいろ知ってたら、もっと読み方変わるんだろうな。
★8 - コメント(0) - 02/04

ログイン新規登録(無料)